甲西高校 ソフトテニス部 2008年度

修了式のアンケートより
甲西高校 ソフトテニス部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

I

  1. ・60日間メンタルトレーニングを通して一番勉強面が伸び、学年順位が50番上がりました。また人前で話すことも嫌ではなくなり、弟とも仲良くなりました。一番心に残っている言葉は「自分の中にある世界一の宝石を見つけることが人生の一つの目的」という言葉です。この言葉を聞いた瞬間、何かわからないけど自分の中にパワーが湧き出た感じがしました。僕はその目標を達成するために、色々なことに勇気を出してチャレンジします。

I

  1. ・一番すごいと思ったことはアファーメーションです。肯定的な言葉を口に出すだけで、自然と力が湧いてきたりするということは本当に驚きました。テニスの面では体力や筋力が上がり、練習のときにモティベーションが上がりとても充実感のある練習をするようになりました。勉強面では中学校の内容を復習するようになって、それがテストに直接つながるようになりました。人間関係では友達に対する気持ちが良い方に変わり、家庭においては親の苦労がわかるようになって手伝ってあげようという気持ちが強くなりました。

O

  1. ・今回のメンタルトレーニングを受けて一番思ったことは、昨年よりも何倍も内容が濃くなり、目標達成のためのレベルも格段に上がりました。メントレ中、意識してやっていたことは「自分に負けない。自分との約束を守る」です。そのことで印象に残っているのは、体育の外周走です。どんなにえらくてもペースを落とさず走りきることを意識してやると、今ではテニス部で1番のタイムです。タイムが上がると次も頑張れました。まさに勝利の美酒を飲んだような感じです。その中でアファーメーションやイメージングも使いました。メントレで成長したことは、あきらめなくなったこと・負けず嫌いになったこと・もうひとふん張りできるようになったこと・継続できるようになったこと・時間の使い方がうまくなったこと・先生との会話が緊張から楽しみに変わったこと・勉強で学年19位になったことなどです。

O

  1. ・受講前よりちょっと紳士的になりました。以前は人の話を聞かずに、言われたことを納得しようとしていませんでした。家では勉強よりTVを見ることが多く、全く手伝いをしませんでした。でもメントレを受講して家の手伝いをし、自分で決めた計画を確実に守り、継続していく力が以前よりも身についたように思います。人に対する言葉遣いも変わり、見知らぬ人でも気持ちよく挨拶できるようになりました。自分自身に勝つこと、そして人は意味があって生まれてきたということがとても伝わってきました。

O

  1. ・以前の僕は何をしても続かなかったけど、継続できるようになり、すぐにあきらめなくなりました。60日間メンタルトレーニングを通して何かを続けていく“こつ”のようなものがちょっとずつわかってきたような気がします。一番印象に残っているレッスンはイメージトレーニングです。今までもイメージすることは何度かやってみましたが、はっきりはわかりませんでした。でもやり方がわかると、以前よりは全体をはっきりとイメージできるようになりました。また、生活面では身の回りがきれいになり、勉強も毎日するようになりました。

O

  1. ・一番心に残っているのは潜在能力のレッスンです。潜在能力を引き出したときの僕は、どんな選手になっているのかワクワクします。なので潜在能力を引き出すためにこれからも頑張ります。また『言葉の威力』のレッスンは試合に活用できました。メンタルトレーニングを受講して目標をしっかり描くことができ、自信を持てるようになりました。

O

  1. ・60日間メンタルトレーニングを2回受けてみて、やはり2回目のほうが1回目に比べて理解し、行動に移すことができたと実感しています。特に『動機』のレッスンでは「何故上手くなりたいのか?」という質問に「勝ちたいから」と心の中で即答しました。「何故勝ちたいのか?」と自分自身に問いました。(自分にとって嬉しいことだし、チームにとっても良いことだ)と考えました。けれど2回目を全て受けた僕はもっと色々なことを考えました。僕たちのために家庭での時間を削り、アドバイスしてくださり、遠征など様々なお世話をしてくださる柊先生。朝早くから夜遅くまで送り迎えをしてくれたり弁当を作ってくれたり、お金を払ってくれて、応援してくれる家族。僕一人だけでもいろんな人が応援してくれていることがわかります。僕に関わる人たちに良い思いをしてもらえるように僕は上手くなります。

S

  1. ・一番印象に残っているのは「いつもプラス思考でいることが大切だ」ということです。僕はマイナス思考で、テニスのプレー中でも「失敗したらどうしよう」などと考えることが多かったのですが、60日間メンタルトレーニングを受講して、プラス思考で考えることが多くなってきたと思います。そうするとプレーしている時に自信も出てきて思い通りのプレーをすることができました。また今まではしなければいけないことがあやふやだったのですが、目標設定をするようになってそのことがわかってきました。また毎日弁当箱を洗って母の大変さがわかり、感謝しないといけないということに気づくことができました。

S

  1. ・メンタルトレーニングの中で試合や練習でよく使えるのはアファーメーションとイメージトレーニングだと思いました。名門T商業高校で練習試合をした時にそれを使ってサービスエースを2回もとって、1回もミスせずT商業に勝った事がありました。それは自分にとって自信になりました。最近は、みんなに上手くなったと言われ、とても嬉しくてそのことも自信になりました。走ることが遅かったけれど、目標を立てチャレンジして体育の外周走で50位以内に入りました。生活面では洗濯をして、お母さんが「とても助かった」と言ってくれて嬉しかったです。他人を大切にすることができるようになり、コミュニケーションも前より取れるようになったと思います。

T

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して、自分の物事に対する考え方や態度の悪さを知りました。今まで何に取り組むにしても、体力があれば何とかなると考えていましたが、体力以上にメンタルの部分でできることがたくさんあるということに一番驚きました。メントレで、成功者や勝利者の例話を聞くことが楽しく、小さな目標や良いイメージができてとても集中できました。前向きに考えることが多くなり、日常生活でもイメージするようになりました。毎日机に向かって勉強できるようになり、授業中も眠くなくなりました。生活面では肩もみをして「ありがとう」と言われるととても嬉しかったです。親との会話も増え、友達も増えました。無駄に時間をつかわなくなってきました。

T

  1. ・今まではそんなに自信をもつことができなかったけど、メントレを受けて、自信がついたきがします。一番良かったレッスンはイメージトレーニングのレッスンです。昔からイメージトレーニングは試合前や練習のときとかに何回かはしましたが、ほとんどが良いイメージだけじゃなくて、悪いイメージが多かったです。けれど、レッスンを受けてからは上手に良いイメージをすることができるようになりました。目標に向かって日々継続してチャレンジしました。最初のうちは全勝できないときがありましたが、後のほうでは全勝が続いて自分に勝てた喜びと達成感でとても嬉しかったです。

T

  1. ・メンタルトレーニングを2年間学んで、だいぶ理解し身につけられました。アファーメーションも1年目より2年目のほうがイメージングと併せて上手に使えるようになりました。考え方も前向き肯定的に考えられるようになり、1年目でできなかったことが、2年目にできるようになりました。また、今回はしっかりとした目標や将来の夢を持つことができ、さらにノートに新しく夢を書き続けています。自分の現在位置を知り、自ら進んで勉強するようになりました。マイナスの言葉を言うことも少なくなったと実感しています。まだ改善点もありますが、高校時代にこんなメンタルトレーニングができて本当に良かったです。

T

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して、プラスにイメージするようになりプラス思考になりました。テニスの技術が向上し、勉強では授業の内容が楽しく理解できるようになりました。親の身になって考えられるようになり、手伝いも進んでするようになり、私生活が楽しくなりました。これからも深川先生からもらった道具を使いこなして、柊先生に技術面でわからないことを自分から求めて行って、目標のインターハイベスト8になります。

N

  1. ・2回目のメントレでは実際に習ったイメージトレーニングなどを上手く使いこなし、その結果県選抜インドアで優勝することができました。いかに試合は技術だけでは勝てないかが実感できました。他にも緊張を楽しめるようになり、ありがとうと言えるようになりました。テニスの面ではステップが身についてきて、人から「アスリート急の足やな」と言われました。また人前で緊張せず話すことができるようになりました。

F

  1. ・一番好きなレッスンは『熱望』です。才能は何もしなくても初めから何でもできる天才と言われる人が持っているものだと思ってきました。でも、それは違っていて自分にも才能があるんだとわかり、自信がつきました。目標もだんだんと継続して達成できるようになり、とっても嬉しくなってきました。生活面でも自分のことは自分で出来るようになりました。

M

  1. ・2回目のメントレでは1回目で理解できていない部分を多く学ぶことができました。夢を書き出すことやアファーメーション、イメージトレーニングも試して行くうちにこうしたほうがいいかなぁとか考えられたのも良かったと思います。継続することの楽しさも少し感じられ、昨年の自分より頑張れたと言う実感がありました。3分間スピーチをすることが楽しくなったということも成長できたところだと思います。成績も上がり学年24位になりました。毎日靴を並べ親と挨拶をするようになりました。

Y

  1. ・60日間メンタルトレーニングで習った事を実際に使い、勝つことができた。勝つために犠牲をはらえるようになり、家に帰ったあとも自主練を頑張れるようになった。決めたことをできるようになり、少し自信がついた。時間を大切にするようになった。手伝うようになり、家事でできることが増えた。

Y

  1. ・60日間メンタルトレーニングを通して学んだことが3つあります。1つ目は精神面は何よりも大切だということです。以前の僕は自信がもてませんでしたが、今はどんな状況でも前向きに考えられるようになり、試合でも緊張しなくなりました。そして自ら行動できるようになりました。2つ目は言葉の大切さと影響力です。口に出さなくても、心の中で思うだけで影響があるので、これからもプラス思考でプラスの言葉を使っていきます。3つ目は自分を大切にすることです。これはメンタルトレーニングの中でも特に重要なことだと思いました。人と比べるのではなく、ありのままの自分を受け入れ大切にすることの大切さを知りました。またテニスのトレーニングや勉強など毎日の習慣ができ、切り替えがはやくなりました。英語の和訳がスラスラできるようになりました。

Y

  1. ・以前の僕は何をやるにしても、自分にはできないんだと思うことがほとんどでした。しかし今は、自分は何でも出来るんだという気持ちが強くなり、自信が強くなりました。一番印象的なレッスンは言葉の威力です。言葉というのは一番の武器になるものだと思いました。試合もメントレをやる前と、やっている時は全然違うと思いました。まずイメージしていたボールがくることが多くありました。アファーメーションも役立ち、取られそうなゲームを取り返すことが多くありましました。メントレのお陰で勉強も楽しくなり、成績もあがりました。体力もつき、親にも感謝されるようになりました。

▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 朝、顔を合わせてこちらから挨拶してはじめて挨拶が返ってくるという状態だったのが、自ら「おはよう」と元気よく一番に挨拶してくるようになった。特に最近自らよく話をするようになり、今はこんな事を考えているのか、と子どもの重いが見えたりするようになった。
  • 好き嫌いのはっきりした子で、嫌な事はやらないと決めている感があったが、最近は色々な面で前向きな姿勢を見せるようになった。
  • 最初の講演聞き、子どもだけに「身についていってくれたら…」と思うのではなく、私自身もせめて「靴を揃える」ということを継続させようと思い、今も子どもと一緒にやっています。
  • 何気ない会話の中での言葉に自分の考え、思いが出てくる。
  • 目標を立て、今やるべきことを実行する姿勢が見られるようになった。
  • 以前は聞いた事を右から左へ…だったのが、学んだことを実践する姿が見られる。
  • 頼れる存在になった。
  • 愚痴を言い、すぐあきらめる性格だったが、メントレを受講して少しずつプラス思考になってきた。
  • 時間を大切にし、前向きになった。自分で決めたことを実行できるようになった。
  • 「ありがとう」というようになり、いつもしてもらっていたことを、時々自分でするようになった。
  • 毎日欠かさず家の手伝いと勉強をやっていた。
  • 親のいう事に気に入らないときがあっても、我慢するというか親の立場を考えられるようになった。
  • 何事にも集中して取り組んでいた。本当は勉強と部活で疲れているのは本人なのに、親を気遣う言葉もかけてくれた。
  • 毎日継続する事で自信が持て、やればできると気づき、家でも勉強面、生活面ともに頑張っていた。「お手伝い何がいいかな?」と聞かれ「毎日の部活の洗濯が大変!!」というと靴下を洗うと決め、1日、2日…と続き、途中からはハーフパンツの洗濯もしてくれて、またまた続けられているのでびっくり!!「勉強できているか?」と問いかけると「大丈夫!!」と。勉強も習慣付いてきている。
【 修了式に参加して 】
  • 手で触れる事もできず、目に見えるものでもない「精神面」をいかに自ら成長させていくか!?子どもたちの話を聞きながら耳が痛い思いでいた。私自身も前向きに変えていけたらと思えるぐらい、子どもたちはイキイキしたパワーを取り込んでくれているんだと嬉しく思った。
  • 年をとると現状維持でもいいかなと思うこともあるが、可能性を拡げていく姿勢を続ける努力をすることは改めて大事(な時期)なのだと感じた。
  • 人前で話す事が苦手なはずなのに、自分の考えをまとめ、言葉1つ1つ選びながら話すのを聞いて大きな成長を感じた。子どもが今本当に考えていること、思っていることがわかり、最後に「ありがとう」と言われた時は、涙が出そうになった。
  • ソフトテニス部に入り、柊先生の指導、メンタルトレーニングの受講、得た事、得る事のできる立場(仲間)に入れられることのありがたさを痛感した。親にとってもいい勉強になった。
  • 個々人が大きくなっており、チームとして活力を感じた。
  • 父兄の方の人数が多く、非常に興味、期待されていることを知り驚いた。息子やチーム全体として目標を定め、継続してチャレンジしている姿を見て感謝している。
  • どの子も一生懸命スピーチしている姿に胸が熱くなった。
  • 作文は大の苦手だったのに、スピーチやイメージトレーニングが上手く考えられるようになってびっくりした。
  • 2年生は話し口調が落ち着いた感じだった。さすが2回目だなといった印象。1年生は頑張って話そうとする緊張と前向きな姿勢が伝わってきた。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(15人)B.良かった(4人)C.普通D.あまり良くなかったE.良くなかった(0人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(19人)B.いいえ(0人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(15人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(9人)
  3. c.継続できるようになった(17人)
  4. d.努力できるようになった(16人)
  5. e.目標設定できるようになった(16人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(13人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(9人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(12人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(12人)
  10. j.自信がついた(11人)
  11. k.積極的になった(12人)
  12. l.感謝するようになった(14人)
  13. m.明るくなった(13人)
  14. n.笑顔が増えた(14人)
  15. o.向上心が増えた(15人)
  16. p.精神的に強くなった。あきらめなくなった。負けなくなった(12人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(6人)
  18. r.視野が広がった(7人)
  19. s.優しくなった(8人)
  20. t.集中力が増した(15人)
  21. u.自分が好きになった(10人)
  22. v.その他(緊張を楽しめるようになった)
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(15人)
  2. b.筋力、体力、技術力が上がった(16人)(プレーが安定した・前衛のプレーができるようになった・ステップが身についてきた・体が柔らかくなった・外周走クラブ1位学年23位・腹筋回数up・足の筋肉がついた)
  3. c.ソフトテニスや練習が好きになった。楽しくなった(14人)
  4. d.練習時間が増えた(6人)
  5. e.練習内容が充実した(12人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(14人)
  7. g.一体感がでてきた(8人)
  8. h.勝率が上がった(4人)
  9. i.その他(集中して練習に取り組めるようになった・勝つために犠牲を払えるようになった)
3:勉強面
  1. a.勉強する習慣がついた(15人)
  2. b.勉強時間が増えた(15人)
  3. c.成績、順位が上がった(5人)(学年50位→19位・学年24位・学年順位50位up・数学up)
  4. e.本や新聞を読むようになった(9人)
  5. f.授業態度が変わった(10人)
  6. g.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]がついた(13人)h.スピーチできるようになった(11人)
  7. i.勉強がわかるようになった[英語の和訳がスラスラできるようになった・英語の長文・古典](11人)
  8. j.将来の目標が決まった(8人)
  9. k.その他(短時間で効率よくできるようになった)
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった[柊先生・弟・先輩・クラスメイト・友達](9人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(16人)
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかり感謝するようになった(17人)
  4. d.感謝されるようになった(7人)
  5. e.相手の気持ちを考えるようになった(9人)
  6. f.好きになった[家族・友達・先輩・先生・自分](6人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(10人)
  8. h.接し方が変わった(9人)
  9. i.その他(親の身になって考えられるようになった・友達に対して憎しみの感情がなくなった・友達に平気で失礼な言葉を使わなくなった・自分のお菓子など家族や弟にあげるようになった・友達が増えた・色々な人と話してみたいと思えるようになった)
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた[家事でできることが増えた・一人で起きる](8人)
  2. b.充実した一日を過ごせるようになった。生活リズムがよくなった(14人)
  3. c.手伝うようになった。手伝おうという意識に変わった。(15人)(風呂掃除・テーブル拭き)
  4. d.良い習慣がついた[コラム写し・靴並べ・挨拶](13人)
  5. e.時間管理ができるようになった(8人)
  6. f.金銭面の管理ができるようになった(10人)
  7. g.健康管理できるようになった(5人)
  8. h.その他(私生活が楽しくなった・役立つ努力をした・携帯電話を触らないようになった)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(18人)B.いいえ(1人)

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket