桃山高校 柔道部 2008年度

修了式のアンケートより
桃山高校 柔道部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

A

  1. ・以前は成功者と自分を全く別のものだと考えていた。でも今は「誰だって同じ能力を持っていて、それを引き出し活用するかは自分次第」だと考えるようになった。成功の秘訣も教わった。チームや自分の大切さもわかった。目標設定できるようになり、一番良い時間配分になれるように努力した。

A

  1. ・何事も前向きに受け入れて良い方向に考えを持っていけるようになった。心の向きを変えることがいかに重要であるかということが特に印象に残った。また障害をバネにすることの重要さを学んだ。アファーメーションなどで練習の気合いの入り方も変わった。笑顔が増え、約束を守れるようになり、自信がついた!

O

  1. ・今までは具体的な目標を立てずに勉強や部活をしていたので、何事もうまくいかずに挫折することが多かったが、メントレで目標を持つことの大切さを学べた。感謝することの大切さも知った。悪い方に考えてばかりいたのが、良い方良い方に考えれるようになった。色々なことに挑めるようになった。

O

  1. ・物事の、考え方が変わり、プラス思考になったり、感謝したりするようになった。目標設定で家事の手伝いをし、洗濯や弁当箱を洗った時「こんな大変なことをいつも母はやってたんだなぁ」と尊敬した。目標も最初は全然達成できなかったけど達成できたときは嬉しかった。これからの人生にもいろいろ役立つことを教えてもらった。

K

  1. ・メントレ前は怪我をして「インターハイは無理だと」自分に言い聞かせ、目標を見失い、メントレをしても無意味だと感じていた。しかしメントレで講師の重みのある言葉に励まされ、いろいろな作業の中で「やっぱ自分はインターハイに出たい」という気持ちが強いということを再確認した。気持ちの面で明らかに変わりプラス思考になった。自分の悩みなどちっぽけなものだと思った。

K

  1. ・以前は具体的な目標を決めれなかったけど、メンタルトレーニングをして目標設定ができるようになった。意識して目標に向けてチャレンジしていくと達成感が出てきて「よっしゃ」と思うと、楽しくできた。ベンチプレスのMAXを更新した。朝食を自分で作るようになった。

T

  1. ・今までなんとなく過ごしていたが、目標ができとても充実した毎日になった。スピーチも最初は緊張していたが続けていくうちにはきはきと話せるようになり楽しくなっていった。練習前にイメージトレーニングをやったら気合いが入り、いい練習ができた。人に感謝して「ありがとう」と言えるようになり、周りの人のことを考えて行動するようになった。

T

  1. ・以前はインターハイ出場の目標をそこまで強く願えず、組み手や技のことを深く考え工夫しようとしていなかった。今は目標も明確になり今するべきことがわかるようになってきた。自分で考えることを始めると練習が楽しくなり、思い通りになると嬉しかった。自分で考えて行動することが一番私の身につくんだなと感じた。出来てないことも発見でき、何事にもプラス思考になった。親と以前よりも話せるようになり、人の目を見ることが恥ずかしくなくなった。自分から話せるようになった。

N

  1. ・今までは自分から進んで手伝いをするとかありえなかったけど、最近はちゃんとやったりとかでお母さんとの仲も少しは良くなったと思う。今まで障害は自分の目標を達成するために邪魔なものやと考えてたけど、障害のトレーニングの話を聞いて、障害は自分を強くしてくれるものだとわかった。

H

  1. ・メントレをどんどんやっていくうちに少しずつ自信がもてるようになってきて、ちょっとずつ変わってきた。前まではお母さんにひどいことを言ってしまうことが多かったけど、今では言葉を選んで言えるようになったし素直に「ありがとう」も言えるようになって良かった。全てに感謝して不満も言わずに、何があってもあきらめんと夢に向かって精一杯頑張りたい。決めたことは毎日できるようになり、毎日自主トレや勉強もするようになった。

M

  1. ・自分のわがままな部分を直したいと思い、今までは親にしてもらっていたことを自分でできるように目標設定をしてやっていく中で、感謝の気持ちが足りなかったことに気づき、自分のことはできる限り自分でするようになった。柔道ではすぐに「無理」とか「できひん」とか言ってあきらめていたところを直したいと思い、メントレをやって良くなってきた。何事にも前向きに思うようになった。

Y

  1. ・メントレをして精神的に強くなっている気しかしない。目標設定の仕方を知り、練習1つ1つに目標,課題をもって取り組むようになった。前向き肯定的に考えるようになり、自分で決めたことは一貫性をもってやり抜くことができた。集中して何事にも取り組めるようになった。

▲ページの先頭にジャンプします

指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 子どもたちはたくさんの勝利者や成功者の考え方や経験に触れ、人間として一回り大きくなったように感じる。
  • 良い習慣もたくさん身につけた。
  • 自分自身を客観視し、自分の現在位置を確かめられるようになったことに驚いている。
  • 目標設定のプログラムも、どんどん自分の身につけたい能力が得られるものだった。最初は曖昧だった目標設定も徐々に明確になっていき、子供達も達成感を味わい、大変良い表情をしていた。
  • 日常生活,練習面すべてにおいて、プラスの変化が見られた。
  • 個人だけでなく、チームとしてのまとまりも大きく見られた。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 親に対してかなり優しく話しかけるようになった。「ありがとう」と言ってくれることも多く、いつも命令口調で話しかけていた私の方が恥ずかしくドキっとすることもしばしばだった。こんな優しい子供を持つことができた私のほうが、母親として幸せな事だと感謝できるようになった。一人が優しくなったことで、家族全員が柔らかくなれる、すごいことですね。一人の「力」の大きなことに驚いた。
  • 時々はっと思わされる姿を見れた。前にも増して進んで家事を手伝っていた。
  • 自分で決めた目標は言われなくても自分から進んでできるようになった。
  • 大きな声でしっかり挨拶できるようになった。
  • 人の気持ちがわかるようになった。
  • 「試合に勝ちたいというのでは弱く、強く『勝つ!!』と思い続けなければあかんのや」ということをよく言うようになった。
【 修了式に参加して 】
  • スピーチやイメージトレーニングなど表現して実現していく過程を目にすることができて勉強になった。
  • このようなトレーニングの機会がなければ、フワフワと流れていくだけの高校生活、その後の生活だったろうと思う。考え方が変わる方法を知ることができて良かった。
  • スピーチを聞き、しっかりした目標をもって夏休み中の練習と合宿を精一杯頑張ってきたことがわかった。
  • 今後の活動にも役立つと思う。
  • 自分なりに3ヶ月間の成果を発表してくれて頼もしかった。「桃高の六則」を大声で言ってくれたのにはびっくりした。良かったです!!
  • それぞれの成長を見られてとても良かった。
  • 人前に立ち話をすることは本当に大変だと思うが、みんな堂々としていて感動した。目標達成の積み重ねが自信につながっていくのだと思った。目標設
  • 定の大切さにも気付かされた。感謝の気持ちを言葉で表すことが当たり前になるのはとても良いことだと思った。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(8人)B.良かった(3人)C.普通(0人)D.あまり良くなかった(0人)E.良くなかった(0人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(12人) B.いいえ(0人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(11人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(9人)
  3. c.継続の力がついた(11人)
  4. d.努力できるようになった(10人)
  5. e.目標設定できるようになった(12人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(11人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(9人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(9人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(11人)
  10. j.自信がついた(7人)
  11. k.積極的になった(7人)
  12. l.感謝するようになった(12人)
  13. m.明るくなった(9人)
  14. n.笑顔が増えた(9人)
  15. o.向上心が増えた(9人)
  16. p.精神的に強くなった・あきらめなくなった(9人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(6人)
  18. r.視野が広がった(6人)
  19. s.優しくなった(9人)
  20. t.集中力が増した(7人)
  21. u.自分が好きになった(4人)
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(8人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(11人)[ウエイトのMAXup・ベンチプレスMAXup,75kgup・握力・背負い投げ・チューブの回数up・投げられる技が増えた]
  3. c.競技や練習が好きになった・楽しくなった(9人)
  4. d.練習時間が増えた(0人)
  5. e.練習内容が充実した(10人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(10人)
  7. g.一体感がでてきた(6人)
  8. h.声が出るようになった(11人)
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(5人)
  2. b.勉強時間が増えた(6人)
  3. c.成績、順位が上がった(0人)
  4. e.授業態度が変わった(5人)
  5. f.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]がついた(4人)
  6. g.スピーチできるようになった(10人)
  7. h.勉強がわかるようになった(1人)[二次関数]
  8. i.将来の目標が決まった(5人)
  9. j.本や新聞を読むようになった(2人)
  10. k.検定試験に合格した(0人)
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった(6人)[父・母・家族]
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(7人)
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかった(12人)
  4. d.感謝するようになった(12人)
  5. e.感謝されるようになった(3人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(8人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(9人)
  8. h.接し方が変わった(9人)
  9. i.その他[人の目を見るのが恥ずかしくなくなった・自分から話せるようになった]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(3人)[朝食つくり]
  2. b.生活リズムがよくなり充実してきた(8人)
  3. c.手伝うようになった(9人)[皿洗い・洗濯・風呂掃除・弁当作り・柔道着の洗濯]
  4. d.良い習慣がついてきた(7人)[挨拶・トレーニング・勉強]
  5. e.時間管理ができるようになった(9人)[無駄な時間が減った]
  6. f.金銭管理ができるようになった(5人)
  7. g.健康管理できるようになった(9人)
  8. h.生活が楽しくなった(6人)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(12人)B.いいえ(0人)

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket