成城学園高校 サッカー部

修了式のアンケートより
成城学園高校 サッカー部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

Y

  1. ・チームにとっても自分にとっても良いことがあったメントレだった。毎日仲間と顔を合わせ、グループミーティングで一人一人の良い所などを言い合ったり、チームのまとまった目標を掲げたりしていくうちに、皆が皆を理解して、家族のようなかけがえのないものになった気がする。フィジカルのトレーニングの時、以前はだらだらとした空気だったが、今はハキハキとわりと笑顔で取り組んでいる。大会では「強い成城」を見せることができた。個人的には体格が良くなり、トレーニングで追い込めるようになった。強歩大会4位になった。家族の手伝いをするようになって祖母をより大切にするようになった。

T

  1. ・メントレを受講して一番思ったことは『僕も変わることができる!!』ということだ。大きく変わったのは、サッカーでの「言葉」についてだ。今まではプレー中にすぐキレてしまい、チームメイトにもめっちゃ迷惑をかけていた。しかしメントレで「言葉の威力」についてのレッスンを受け、言葉の使い方に気をつけるようにした。そしたら周りのチームメイトから「お前変わったな」と言ってもらえるようになった。もう一つは勉強面で、毎日苦手な英語の英単語を覚えるようにしたら、だんだん授業もわかるようになり、楽しくなってきた。2学期の期末テストで89点とることができ、さらに英語力がついたお陰で留学の英語面接も受かり、留学することが決まった。このメントレじゃなきゃ、ここまで変わることはできなかったと思う。このメントレに出会えたことは、僕の人生の一生の宝ものだ。

M

  1. ・一人一人が人間として強くなり、チーム全体が成長したと思う。言動において、皆とコミュニケーションを取る際に相手を思いやることが多くなり、表情や精神面的に柔和になった。毎日CDを聞くためにチームが集まることで絆も深まり、日常生活を正してくれる時もあった。結果的にこのメントレは成功だと思う。これからの自分の可能性にかける気持ちが備わり、人を愛する気持ちや物に感謝する気持ちが育まれ、自分の存在の偉大さに気づけたことがとても貴重であり、嬉しかった。

I

  1. ・心に余裕ができた。継続できたという実例ができた。勝利したいという気持ちが強くなった。

A

  1. ・「自分を知る」ことができ、とても意味あるものになった。なかなか継続して目標達成することができなかったが、最後にはパーフェクトをだすことができ、少し成長したかなと感じた。人前で話すことが得意になり、リフティングが300回できるようになった。10kmのマラソン大会で9位,38分02秒で走れ、色々な面で良くなった。

O

  1. ・自分が成長したところは成績が上がったところだ。メントレをきっかけに「大学進学」を目標にコツコツ勉強して、いつもより4,50点も高い点数をとることができた。チームとしては自主練をする人が圧倒的に増えた。一番大切だと思ったことは目標設定をするということだ。

S

  1. ・最初は後ろむきに取り組んだメントレも、最後には続けてきて良かったと思っているし、何事においてもメンタルが関連してきて、大事なんだということが解った。今までこんなに毎日1つのことを続けたことはないし、メントレをやらなかったら一生続けることはなかったと思う。受講前より断然に「サッカーをしたい」「楽しい」という前向きな考え方になって、前にはなかった追及する心が出てきた。どうしたらサッカーが上手くなるか、その為にはどうしたらいいか、またサッカーから飛び出して自分の生活習慣まで。先を読んでその為の対処をしっかりとする、それがテストの点数が上がったことに繋がっていると思う。そのぐらいこのメントレが自分に与えた影響は大きかった。メントレが終わってもずっと続けていれば大変なことになるんじゃないかと、今は期待と興奮の気持ちで一杯だ。また、悪いイメージがなくなり、人の悪口を言う回数が極端に減った。周りの事も考えられるようになった。

I

  1. ・「継続してやり続けることは大切なことなんだなぁ」という事と、「考え方によって人に言われた事の捉え方や人生も変わっていくんだなぁ」と思った。自主練や机に向かう習慣がついた。

K

  1. ・具体的に目標設定できるようになった。このメンバーで全国に行きたいと本気で思った。自分のことはできるだけ自分でやろうと思うようになった。人とのかかわり方が上手になり、人に優しくなれた。また、この3ヶ月間、自分自身と向き合うことがとても多かった。サッカーをしている意味、今ここにいる意味など探るようになった。

K

  1. ・チームで集まることが多くなり、コミュニケーションがとれて良かった。目標設定の大切さを知り、すべての物事に目標を持つようになった。継続の難しさを知った。イメージトレーニングで自分のイメージを膨らませて楽しかった。自分のことは自分でやろうとする習慣がついた。

S

  1. ・目標を持つことの大事さわかった。今の目標は中学の時のチームメイトで、彼はどんなに疲れていても雨が降っていても毎日自主練することはやめなかったと聞いた。メントレで継続することの大切さも知り、自分も毎日自主練し、キック力がつき、胸板が厚くなり、足が速くなり、ベンチプレスのMAXが10kg上がった。

T

  1. ・チーム全体としては練習前のアファーメーションで気合いが入り、一体感が出てきた。

T

  1. ・漠然としていた目標が明確になり、その目標に向けて毎日やるべきことをする習慣がついた。上を目指すための考え方、続けることの難しさを教えてくれたメントレにとても感謝している。

T

  1. ・一番自分的に大きかったのが「すでにそうであるかのように行う」という意味の言葉で、何かをやろうとするときにすごく力になると思ったし、実際にメントレ期間中もこの言葉に力をもらった。目標に向けての日々のチャレンジでは、最初はきつかったものでも、継続してやっていくうちにあまりきつくなくなっていって、自分の成長を肌で感じることができたし、継続することが生む力を見れた気がした。人生に対する考え方が変わり、自分を見つめる時間が多くなった。自分の可能性を信じられるようになった。

T

  1. ・一番印象に残ったのはイメージトレーニングのレッスンだ。また僕はとてもあがりやすく、皆の前で発表する事がとても苦手だったが、このメントレで、その緊張を治したくなった。このメントレでは一番素晴らしいものを教えてくれたと思った。継続することがどれだけ大切で、また目標を持つことがどれだけ大事かを教えてもらった。

T

  1. ・一番感じたことは、自分の力を信じたものが成功するということだ。そして自分を信じるレベルに達するために最も必要なことは、日々の努力や練習の積み重ねだ。自信がつくと試合でも良いイメージをもっていいプレーをすることができ、さらに自信につながる。この連続が能力の向上、また自信につながっていくのだと思った。毎日サッカーをするようになり、勉強面では数学と英語の点数が上がった。強歩大会では自己ベストを更新し、生活面では挨拶の癖がついた。

N

  1. ・1つ1つのレッスンを受けていく毎に、物事に対する取り組み方や姿勢が変わっていき、自分からやろうと積極的な気持ちになった。以前は積極性がなく「他の人がやってくれるだろう」という無責任な考え方だったが、今は率先してやることが多くなってきた。マイナス思考がプラス方向に考えられるようになり、マイナスのイメージをしなくなり、自分の意見をはっきりと言うようになった。サッカーの面でも毎日決めた筋トレをするようになった。強歩大会で5位になった。

H

  1. ・他のクラブでは体験できないような事をしてくることができて良かった。このメントレは「自分を変えるきっかけ」になるものだと思った。ものの見方を変えることで逆境もチャンスに変わるという考えなど、これからの人生でも役立つことを色々教えてもらって自分にプラスに働いた。チームにとっても、とてもプラスになったと思う。

F

  1. ・このメントレでは自分で心がけて出来ない、何か普段の学びだけでは手に入れる事の出来ないモノを理解し、学び取ることができた。今まで困った時に自分がとってきた対処方法に自信がついたし、モティベーションを上げていく術や人生の考え方などをトレーニングの中で感じた。自分の中にあるまだ見ぬ能力、眠っているものを奮い立たせてくれるきっかけ、チャンスを与えてもらった。グループミーティングを実施していく中で、そんな能力を養えたし、育むことができた。何よりも感謝したことは、自分一人だけでなく、チーム全員で取り組めたことだ。メントレを受けるという、めったにない機会を仲間と共に体験して共有できたことは、この先みんなの知恵となり、為となると思った。

F

  1. ・僕は人生でほとんど一番になったことがない。いつも2番目3番目で満足してしまう。そこが自分の一番の甘さだが、メントレのお陰で少し甘さを払拭できたと思う。強歩大会では途中腹痛で3人に抜かれたが(11位くらいなんだからいいじゃん)と甘い自分が出てきた。しかし(このままでは何も変わらない)という思いが出てきて、教わったアファームを使い「まだまだいける、できる」と言い始めるとなんだか出来る気がして、そこからまた「頑張ろう」という気持になり、3人も抜き返すことができた。結局全体で8位、学年2位になった。また「ありがとう」の心が芽生え、早寝早起きや勉強をする習慣もついた。

W

  1. ・「継続の力」と「言葉の威力」のレッスンが印象に残った。練習などの日々の努力の大切さや、続けることによって大きな成果を得られるということ、さらに日々の努力は自信につながるということを知った。普段何気なく使っている言葉の大切さや他人や自分に与える影響力の大きさを知った。また勉強や自主練の習慣がつき、生物30点up、世界史40点up、スクワットが100kgから140kgになり、強歩大会のタイムが3分縮まった。

W

  1. ・何事も続けなくては意味がないと感じた。今までは決めても2,3日しか続かなかった。メントレが始まり、自分の目標に向かってチャレンジする中で、なかなか継続して達成できなかった。深川先生から「できないのではなく、やらないのだ。」という話を聞き、自分に甘かったと思い、もう一度心を入れ替え取り組んだ。すると最後の週にはパーフェクトに達成できた。また目標設定の大切さと仕方を学んだ。目標が明確になり、机に向かう習慣や洗たくや靴を揃える習慣がついた。メントレで社会にでても使える大切なことを色々学んだ。

▲ページの先頭にジャンプします

指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 積極的、自主的に取り組む姿勢が出てきた。
  • 目標を目指していくことで、粘り強くなり、簡単にあきらめなくなった。
  • (指導者自身)自信が持てるようになった。5km走,筋トレ,洗濯,挨拶,靴並べ,洗い物等を日常化することができた。
  • 何をやるにしても全てサッカーの上達、夢目標の達成につながっていくんだと考えられるようになり、何事も前向きに取り組めるようにな
  • った。これからも教わった目標設定とそれに向けてのチャレンジをライフワークにしていきたい。
  • メントレを重ね、意見を伝えること、相手の話しを聞くことに集中し、話し合い→議論という変化が見えてきた。チーム(集団)であることが幸せだと思った。
  • (指導者自身)分からない人の気持ち、分かったときの楽しさを共有できるようになった。体力が少し向上した。「笑顔が良い」と言われるようになった。
【 修了式に参加して 】
  • 選手たちのスピーチは本当にすばらしかった。さらに成長させていくために今後も刺激していきたい。
  • 生徒がたくましく見えた。本音を語ることから逆に学ぶものが多かった。増々みんなが好きになった。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 以前は苦手だったが、人前で話すことができるようになった。正直に自分の言葉で背伸びをせず、話せていたことが嬉しかった。目標への日々のチャレンジも積極的だった。
  • 継続性がでてきた。周りに対する気配りができるようになった。
  • 「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉にしてくれるようになった。
  • 勉強面において計画的に行ない、日々努力する習慣づけができた。
  • 「あきらめない」という思いが日々の行動の中で養われた。
  • 前向きな考えになり、自分で考えて行動するようになった。早めに準備するようになった。
  • 目標設定ができるようになった結果として、時間の使い方が上手くなり、短時間でも集中できるようになった。
  • 目標を持ち、努力することを覚えた。
【 修了式に参加して 】
  • 感謝の気持ち目標をもつことの大切さ、継続の大切さなど色々考えるきっかけを与えてもらったと思う。
  • チームとしての団結が深まった。
  • チームの今後に、個人にいかされるメンタルトレーニングだった。
  • いい刺激をもらった。苦しい時間のやりくりの中でやり遂げた子どもたちを誇らしく思うと共に、子どもたちの中に成長を見ることができた。
  • 人前で自分の考えを物怖じせず、堂々と話す姿に感動した。
  • 人間が穏やかになったように思う。

メンタルトレーニング修了式に参加されたマネージャーの声

【 変化・成長した所 】
  • みんなすごく変わってきているのがわかったし、一人一人の考え方も共有できて、すごく良い時間を共に過ごせたと思う。自分も目標設定をやってみようと思った。
  • みんなの頑張りなどがスピーチに表れててすごくいいスピーチになっていた。みんな表現力がすごくあって、びっくりした。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(3人) B.良かった(11人) C.普通(6人) D.あまり良くなかった(1人) E.良くなかった(1人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(18人) B.いいえ(3人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(16人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(10人)
  3. c.継続の力がついた(13人)
  4. d.努力できるようになった(12人)
  5. e.目標設定できるようになった(16人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(14人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(11人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(12人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(11人)
  10. j.自信がついた(9人)
  11. k.積極的になった(13人)
  12. l.感謝するようになった(15人)
  13. m.明るくなった(12人)
  14. n.笑顔が増えた(14人)
  15. o.向上心が増えた(15人)
  16. p.精神的に強くなった・あきらめなくなった(13人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(10人)
  18. r.視野が広がった(10人)
  19. s.優しくなった(10人)
  20. t.集中力が増した(10人)
  21. u.自分が好きになった(8人)
  22. v.その他[考え方が変わった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(19人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(11人)[左足のキックの精度up・リフティング回数up・10km38分台・タッチの質・キック力up・胸板が厚くなった・足が速くなった・ベンチプレスMAX10kg,7.5kgup・スクワット40kgup・強歩大会4位,5位,8位,30位]
  3. c.競技や練習が好きになった・楽しくなった(13人)
  4. d.練習時間が増えた(5人)
  5. e.練習内容が充実した(7人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(20人)
  7. g.一体感がでてきた(14人)
  8. h.声が出るようになった(13人)
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(7人)
  2. b.勉強時間が増えた(9人)
  3. c.成績、順位が上がった(7人)[50点up・英単語テスト25点中24点・英語30点,40点up・数学40点up・生物30点up・世界史40点up]
  4. e.授業態度が変わった(12人)
  5. f.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]がついた(9人)
  6. g.スピーチできるようになった(14人)
  7. h.勉強がわかるようになった(3人)
  8. i.将来の目標が決まった(9人)
  9. j.本や新聞を読むようになった(4人)
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった(9人)[親・友達・チームメイト・兄・妹・先輩・祖母]
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(9人)
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかった(9人)
  4. d.感謝するようになった(15人)
  5. e.感謝されるようになった(4人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(14人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(9人)
  8. h.接し方が変わった(10人)
  9. i.その他[人見知りがなくなってきた]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(2人)
  2. b.生活リズムがよくなり充実してきた(13人)
  3. c.手伝うようになった(4人)[玄関の掃除・洗濯]
  4. d.良い習慣がついてきた(8人)[勉強・挨拶・自主練・靴を揃える・玄関の掃除・早寝早起き・ベッドメイキング・部屋の整理・洗濯]
  5. e.時間管理ができるようになった(10人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(11人)
  7. g.健康管理できるようになった(14人)
  8. h.生活が楽しくなった(8人)
  9. i.その他[人の嫌がる仕事をできるようになった]
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(18人) B.いいえ(3人)  

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket