鹿西高校 硬式野球部

修了式のアンケートより
鹿西高校 硬式野球部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

T

  1. ・最後まであきらめない精神力がついた。以前は何か苦しいことがあったらあきらめていたが、今では苦しくてもチャレンジしようとし、例えできなくても最後まで頑張ってみようとしている。ミート力が上がり、ベンチプレスのMAXが上がった。計画的な行動もできるようになってきた。勉強面では以前はしっかりと決めてやるということはなかったが、今は決めた時間以上は毎日するようになり、学年順位が90番上がった。人間的な成長ができ、このメンタルトレーニングにとても満足している。

S

  1. ・甲子園に対する意識が変わった。自分たちの甘さに気づき練習するようになった。目標をしっかり作ることが大事だと思った。甲子園に出た時のことを頭の中で鮮明に描けるようになり、目標達成のために頑張ろうという気持ちになった。家での生活も、靴を並べること、弁当箱洗い、風呂掃除が普通になった。駅でゴミを見つけたら、以前は見て見ぬふりをしていたが、今は拾わないと何か嫌な気分になる。勉強面でも毎日2時間勉強をし、授業態度が良くなり、模試の点数が上がった。

S

  1. ・以前はマイナス思考で、試合中のマウンドに立っていると、「どこを投げても打たれるのではないか」と思いながら投げていた。しかし、今は球速も速くなり、自信を持って投げられる。試合前が楽しみになっている。生活面の目標だった「皿洗い」は、実際してみると結構面倒な仕事だった。母親はこんなのを毎日しているのかと思うと、本当に自分が情けなくなった。たぶん母親の手は荒れてカサカサになっていると思う。他にもまだ掃除や料理など気づけばTVを見て休んでいる母親の姿はあまり見たことがない。自分は気づくのが遅かったと思った。自分から進んで手伝いをするようになり「ありがとう」と恥ずかしがらずに言えるようになった。また上の目標を持てるようになった。

T

  1. ・講義では緊張がほぐれ、すごく集中して一つ一つの言葉を聞き逃すことなく耳を傾けていた。目標達成に向かってチャレンジしていく中で、最初の頃は自分に甘えてしまって達成できなかったが、回数を重ねていく毎に考え方が変わり、意欲的になって「こんな中途半端で止めてしまったらだめだ」「ここであきらめてしまったら自分の負けや」という気持ちがすごく強くなっていき、何週間も毎日達成することができた。部活や勉強面などで集中力がつき、打球もライナー性の当たりが打てるようになり、数学がわかるようになってきた。

T

  1. ・以前は何事にもマイナス思考で不安がたまり続け、なかなか元気が出なかった。しかしメントレ後は「自分はやろうと思わないから出来ないだけで、やれば出来るんだ」という気持ちになった。少しずつプラス思考になってきた。また感謝の気持ちを行動に移せるようになった。食器がいつもよりたくさんあり、溢れているのを見たとき、「いつもこんなのを洗ってくれてるんだなぁ」と思い、体が自然に動いて皿を洗っていた。部活と勉強が両立できるようになってきた。

K

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講する前と後では別人と思えるくらい変わった。自分に勝つ習慣をつけることができた。野球面ではパワーがついたし、自分の今の能力を考え、目標に向かって努力できるようになった。勉強面では毎日の積み重ねが大事だということがわかり、毎日勉強しているうちに学年順位40番上がり「自分もやればできる」と変化していくことの喜びを感じた。生活面では親との会話がとても増えて、親の大変さがわかり、感謝の気持ちがさらに強くなった。また人前でしゃべれるようになった。笑顔が増え、積極的になった。

T

  1. ・このメントレを通して「人としてどう生きるべきか」この夏から胸に焼き付いて離れない言葉の意味がわかった。「ありがとう」こんな簡単なことさえもうまく伝えられなかった自分は、もうどこにもいない。コミュニケーションがとても多くなり、チームの笑顔もとても増えた。目標達成に向けてのチャレンジも本気になればなるほど達成することが楽しくて、「これを継続すれば私は絶対甲子園のマネージャーになれるんだ!」と思うとわくわくが止まらなかった。プラス思考になって、怒られた時も笑顔を意識していると、前とは違ってすぐ前のことを見つめられるようになった。自信がつき、たくさん笑うようになり、積極的になった。

S

  1. ・家に帰ってから、ちょっとした家の手伝いをしたり、勉強や自主練をするようになった。長距離のタイムが縮まり、ベンチプレスのMAXが上がった。テストが待ち遠しくなり、勉強もわかるようになってきた。

G

  1. ・できるようになった事、変わったことはいくつかあるけれど、それに負けないくらいに嬉しく思うことがあった。自分とチームメイトのMとは中学の時は仲が良かったけれど、高校に入ってすぐにケンカをしたことがあり、つい最近までの1年半くらいほとんど口もきいていない状態だった。本当はすぐに謝ろうと思っていたけれど、そのうち自然と戻るだろうと思って言わずにいたら、だんだん言いづらくなった。メントレが始まってからも、これを機会に謝ろうと思ったがいつも「まだ先がある」と逃げてばかりいた。メントレが終わるともう言えないような気がして、思っていたことをメールで送ったら「俺も前みたいに戻りたかった。もう気にしてない」って返ってきて、本当に胸が熱くなった。このことができたのは確実にこのメントレがあったからだと思う。

K

  1. ・「悔しい」という気持ちを強く持てるようになった。以前は試合で交代してもそんなにそんなに「悔しい」とか「今度こそやってやる」という気持ちがなかった。多分そう思えるほどの努力がなかったからだと思う。しかしメントレを重ねていくつれ、バッティング練習や素振りの時など自分の思う通りにいかなかったり、イメージ通りにできなかったりしたら「自分はやってもなんで成果が出ないのだろう」とか「悔しい」とか「この人はいいバッティングをするようになったな、自分ももっと頑張ろう」いう気持ちがもてるようになった。そして継続するあきらめない力がついた。

K

  1. ・以前の自分は本当に考え方が良くないものだった。今までは「これは才能の世界である」とあきらめていたことにも挑戦するようになった。自分の内にある潜在能力を知ってから「今までなんで諦めたんだろう」と思い、それから毎日自分の決めた目標を達成し続けた。最初はつらい、やりたくないと思う時もあったが、日々の努力で少しずつ良くなっていっているのが実感でき、「もっとやろう」「楽しい」という気持ちになれた。自分の中のギリギリに追い込め、ずっと達成できたことは誇りとなり、大きな自信になった。この期間で得たものはすごい多いし、知恵にしてこれからの人生につなげていきたい。

K

  1. ・まず先にいいイメージを頭に思い浮かべるようになって、何事にも挑戦していく心を学んだ。また継続していけるようになった。また感謝の心で「ありがとう」と言っていると自然と不満を感じることもなくなり、相手のいい所を認めて理解するようになった。家の手伝いも増えた。人のことを考えられるようになり、周りにいる人の大切さを実感した。

N

  1. ・以前は自分の考えや意見があっても、自分から話すことができず、いつももどかしく後悔ばかりしていた。「メントレでそんな自分を変えたい」と強く思った。レッスンを通して今まで不安に感じていたことが楽しみだと思えるほどプラスのイメージができるようになった。すると自分から行動することが多くなって、いつの間にか積極的に自分から発言できるようになった。目標達成に向けて努力する中で「家族の大切さ」を強く感じた。家の手伝いをしていくうちに父や母の大変さを身をもって実感し、手伝いをすることで会話が増えて、毎日母に話すのが楽しみになった。してもらうことが当たり前のようになっていた自分に反省して「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えられるようになった。メントレを通して考えや行動が180度変わった。

H

  1. ・レッスンが進むにつれ、どんどん自分の可能性を感じたり、自分やチームの目標を決めたり確認することで、楽しんでトレーニングや部活ができるようになった。講師の話は納得したり新しいことを知れる話をたくさん聞けたり、わかりやすく楽しかったので、夢中になって聞いていた。また話し方もの聞いている人の関心を引いたり、時々笑いも入って飽きずに集中できる話だった。練習では精神力を強く持つだけでなく、楽しんでやろうと思い取り組んだ。寝る前にいつも野球のプレーをイメージしていたら、部活をしている夢をみるようになった。また行動する前にもイメージするようになった。何事も自分からやってみようと思えるようになった。

M

  1. ・以前は人の前で話したり、コミュニケーションをとるのはあまり得意ではなかった。しかしスピーチをして自信がもてるようになり今では堂々と話せるようになった。一番印象に残っているのは「ありがとうとたくさんの人に言う」ということだ。本当に何事にも「ありがとう」と言っていると、何故か嬉しくなってきて本当に楽しくなってきた。皆にもぜひ紹介してあげたい。プラス思考になり、積極的になって笑顔がとても増えた。トレーニング面でも長距離のタイムが2分も上がり、肩も強くなった。勉強の習慣がつき、授業の理解度が増えた。

F

  1. ・目標をもって練習するようになった。その目標を達成することにより自信がついた。バッティングに力がついた。自分はしゃべるのが苦手なので「人間関係を良くする」と目標を立て、自分から積極的に親・友達に話しかけるように努力した。将来社会人で絶対に役にたつと思うので、これからも続けていく。また親は野球が好きで、練習試合を見にきてくれ、終わると「お疲れ」と言ってくれて、アドバイスしてくれる。怒る時もあれば優しい時もある。やっぱりこうやってアドバイスしてくれる親が好きだ。本当に感謝している。

F

  1. ・以前は親に「どうしたいんや」と聞かれても「わからん」など進路の問題を先送りにしていたが、具体的な目標をもつようになった。トレーニングが継続できるようになり、スイングがわかってきて4.5kmが速くなった。前向きに物事を受け止められるようになった。メントレを受講してから言葉というものに興味を持ち、いい言葉をメモする習慣がついた。教わった「いい言葉を発する」というのを胸に収めて今後も成長していきたい。

H

  1. ・目標達成に向かってチャレンジし、最初はパーフェクトに達成できなかったが、初めて1週間達成できた時は「自分はできる」という自信がつき、その後も全て達成することができた。継続の力がついた。トレーニングでは長距離のタイムが30秒以上縮まり、勉強の習慣がついて授業がわかり楽しめるようになった。スピーチでは人前でしゃべるのが苦手で初めての時は足がふるえて言葉もとぎれてばかりだったが、2回3回とするたびにそんなに緊張しなくなり、自分の伝えたいことを伝えられるようになった。自分から親の手伝いができるようになった。

F

  1. ・感謝の気持ちを持てるようになった。「ありがとう」の数がすごく増えた。それに関連して親にも話しかける量が増え、感謝の気持ちをもって「ありがとう」と言えるようになった。先輩や仲間とも会話が増え、チーム内でも「ありがとう」がかなり増え、チームは右肩上がりに良くなっている。目標達成に向けて努力する中で自信が持てるようになった。この3ヶ月間は人生の中でなかなかできなかった経験となり、とてもためになったし、変わることができた。

H

  1. ・以前は気づいていたが見て見ぬふりをしていた。靴が並んでいなくてちらかっているとき、そのままだったのが、今では直さないと不快な気持になってしまう。地域の人にあいさつすることや、自分の服やユニフォームも干すところまでできるようになった。親に言われる前に動けるようになった。親も「ありがとうね~」と言ってくる。(多分しっかりありがとうというのが恥ずかしいのだと思う。)今日は来ることができなかった親に、修了式であったことを話して「ありがとう」という感謝の気持ちをしっかり伝えたい。トレーニングや勉強の習慣もついた。ベンチプレスのMAXが7.5kgup、4.5kmのタイムが20秒upした。数学がわかるようになってきた。60日間はあっという間だったが、本当に楽しくて、とてもプラス思考になった。

M

  1. ・親に対する感謝の気持ちが大きくなった。今まで親が何気なくしていた洗濯や掃除など自分でしてみるとすごく大変で、自分のためにこんなに苦労しているのかという気持ちになった。以前読んだ本で「一番身近にいる人を喜ばせる」という話が印象に残っている。人間は不思議な生き物で、自分にとってあまり必要じゃない人には気を使うのに、一番大切な人には何もしてあげていない。例えば親は子供と話したがっているのに、この年頃になるとあまり親と話さなくなる。親がいなければ自分たちは今、ここにはいない。それだけでも親に感謝する理由になると思う。これからもメントレで学んだことを生かして親孝行をしていく。

M

  1. ・漠然としていた夢が、ハッキリと自分の中で決まってイメージするようになった。そして思うだけではなく、その夢に向かって行動していくようになった。印象に残っているのは「障害」のレッスンだ。自分には健康,勉強,テレビ,携帯電話などの誘惑など多くの障害となるものがある。自分にとって楽な方楽な方へと行ってしまうような時もあったが、ノートに書いた夢を思い出して我慢する事もできたし、まだ夢は達成されたわけではないから、まだまだ障害の壁は高く厚いけれども夢のためにもしっかり克服し乗り越える。みんなとのコミュニケーションも少しずつとれるようになってきた。

M

  1. ・以前は「どうせダメやって」という考えばかりしていて、する前にあきらめていたが、今では苦手なことも「やってみよう」と思えるようになり、自信を持てるようになった。打撃フォームがきれいになり、苦手な数学の点数が上がった。自分の身の周りのことはできるようになった。

M

  1. ・マイナス思考だったがプラス思考になってきた。周りに対する感謝の気持ちを表す「ありがとう」という言葉が増えてきた。自信がもてるようになってきて、自分が嫌いじゃなくなった。勉強面でも学年順位が50番以上上がった。洗濯など手伝うようになり、家族と仲良くなった。

M

  1. ・誰も見ていない部分での責任感というか自覚が強くなった。トレーニングで一人の時でも「ここでこんなに自分に甘くていいのか、これでは何も変わらないではないか」という気持ちになり、「どんな状態でも自分に甘くない表裏の無い人間になろう」と強く思うようになった。毎日トレーニングや勉強や手伝いなど色々な事を習慣づけることで、充実した時間を過ごす事ができた。野球でも向上心が強くなった分幅が広がった。

Y

  1. ・メントレをしていく中、「誰よりも上手くなる」という気持ちが強くなった。根性がつき何事もあきらめず続ける事ができるようになった。継続するのは大切なことだ。失敗することは成功につながると思う。しかしあきらめてしまえばそこでその目標、夢は絶対に叶わなくなってしまう。「言葉の威力」のレッスンも印象に残っている。言葉は不思議な力を持っているが、それをどう捉えるかは自分次第だ。このメントレは本当に楽しく面白いレッスンだった。

Y

  1. ・生活習慣が大きく変わった。今までは野球の練習も勉強もやったりやらなかったりで、手伝いはほとんどやっていなかった。メントレを始めて練習や勉強、靴並べや洗濯など何に対しても自分からやろうという気持ちになった。野球では「早く練習したい」とか「もっと上手くなりたい」とか思うようになった。勉強面では具体的な目標が決まって、「やろう」という気になった。少しずつ周りのことを考えられるようになった。

Y

  1. ・継続する力がつき、やろうと思った以上のことができるようになった。言動に責任を持てるようになってきた。このメントレは「このトレーニングで変わるだろう」と思って受講し始めるのと、「絶対に変わってやる!」と思って始めるのとでは、まったくもって効果の出方が違ってくるという事がわかった。変わったのは自分だけではなく父にも少し変化が見えた。「あと半年、もうがむしゃらにやるしかないぞ」とぼそっと言ってくれ、すごく嬉しく、さらにやる気にさせてくれた。これからも目標に向け努力し、人生の勝利者へと日々前進する。

▲ページの先頭にジャンプします

指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • とても変わった。
  • 「ありがとう」という言葉が増えた。
  • 保護者から感謝の声が聞かれるようになった。
  • 自分の言動に責任を持つ生徒が増えた。
  • 自主練習が倍以上になった。
  • 成績に対する向上心が芽生えてきた。
  • 目つき顔つきが良くなった。
  • (1年生)以前は消極的だったが、プラス思考が定着し、何事にも挑戦できるようになっ
  • た。
  • (2年生)チームとして行動できるようになり、先生や保護者に対する信頼感が増してきている。
【 修了式に参加して 】
  • 保護者の笑顔、選手の笑顔が何よりもこのトレーニングの成功を物語っている。
  • 新シーズンに対する期待が高まった。
  • 目標達成にこだわっている生徒はスピーチも堂々としていた。
  • 人前で話すことの大切さ、難しさがわかったように感じた。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 親に対する感謝の気持ちが伝わってくるので、子供に対しても優しく接してしまう。
  • 表情が明るくなり、素直になった。
  • 物事に取り組む前にあきらめることがなくなった。
  • やれば出来るという自信が芽生えた。
  • 自分から進んで行動するようになった。
  • 「ありがとう」ということが増えた。
  • ありがとうと言われるたびに心が軽くなっていった。
  • 自分から挨拶がしっかりできるようになった。
  • 家の事にも少しずつ取り組むようになった。
  • 表情が豊かになった。
  • 会話していても色んなことを感じ、思う事が多くなった。
  • 親との会話が増えた。
  • 自分の進路をはっきりと言うようになった。
  • 弁当箱や自分の食器、ユニフォームを自分で洗うようになった。
  • 風呂掃除などするようになり、その気持ちが有難い。
  • 洗濯ものを干すようになった。
  • 朝ごはんを食べるようになった。
  • 今までにないことだが、父親の誕生日にメールをくれた。
  • 眠い目をこすりながら自分の弁当箱を洗っている姿を見て「頑張っているんだなぁ」と感じた。
  • 勉強時間が増えた。
  • 夜遅くまで勉強を頑張っていた。
  • テストの成績が上がった。
  • 苦手教科に積極的に取り組んでいた。
  • 目的ができ、目標に向かって努力していた。
  • 自分でできるとこはしようとしている。
  • 練習に対する心構えが変わった。
  • 靴を揃えるようになった。
【 修了式に参加して 】
  • 皆りっぱにスピーチしていてびっくりした。
  • これからの長い人生において、絶対に役立つことが沢山あったと思う。メンタルトレーニングを受けることができて本当に良かった。
  • チーム一丸となっている姿を見て、応援していこうと思った。
  • 意欲的にメントレに取り組んでいることがわかった
  • チーム全体の印象として、少しずつ目的意識が統一できたように感じる。
  • 全ての子供が前向きな意見を述べていて、聞いている私もすごく頑張ろうという気持ちになった。
  • 「気づく」ということができるようになって、そこから感謝したり行動したり出来るようになってきたと思う。
  • 部員みんなが感謝の気持ちを持てるようになったのが素晴らしいと思った。
  • あんなに堂々と人前で大きな声で思ったこと、意見をはっきり述べることのできた息子を見て、とても感動した。
  • スピーチの内容に、トレーニング期間の指導内容が反映されていると感じた。
  • 修了式が子どもの手作り感がしていて良かった。
  • 心の持ち方一つで自分が変わり、よき人生を過ごすという心の基本を教えていただいたと思った。
  • 自分を表現できるようになった。
  • 自分自身で変わる努力をしていることがわかった。
  • 部員全員が甲子園に向かって前向きになっているのが印象的で良かった。
  • 野球部に入部してメントレを受けて本当に良かった。
  • 全員に成長のあとが見られて嬉しく思った。
  • 自分自身にとってもとても良かった。家族の中でも活かしていきたい。

指導者の声

【 修了式に参加して 】
  • 「何かを変えてやろう」「~をこうしたい」「この目標を叶えたい」という気持ちが強くなっている。行動に移すということに変化が出てきたんだと思う。
  • 3ヶ月間での1,2年生の成長に本当に驚いた。このように変われたというのは、しっかりした内容のトレーニングと、しっかりとやってきた結果だと思う。このメンタル面の成長は、野球だけにとどまらず、受験の時や将来の事に関しても、とても有意義なものとなっていると思う。
  • 今までふざけてしか喋れない後輩や、声をきいたことがない後輩、感情を表さない後輩など含めて、全員が真剣に3分間スピーチできていたことに、正直驚いた。
  • 目を見て会話できなかった子が、今日は人の目を見ながら自分の考え、思いを素直に言っていてすごいと思った。
  • 前とは比べものにならないくらい明るくなっていて、嬉しかった。
  • スピーチをするとき、自分の順番を待つとき、ほとんどの人が笑顔でいたことに驚いた。
  • 負けず嫌いになっていた。
  • 後輩が成長してくれて嬉しい。
  • 自分たちの時にはメントレはなかったが、今1,2年生を見て、これからも続けてほしいと思った。
  • 深川先生の話を聞けて、人間として大切な事を改めて実感した。
  • スピーチの内容が前向きなものになっていて、自分自身もいろいろ学ぶことがあった。
  • 自分もメントレを受けてみたくなった。
  • (後輩が)自信をもてるようになった。
  • 自分にも当てはまることが多々あり、もう一度自分を見つめ直して、これからも頑張っていこうと思った。
  • 後輩たちの意識が高くなっていることに驚いた。
  • 自分の普段の生活を律していこうという気持ちになった。
  • もう一年早くこのメントレをやっていれば、自分たちも少しは成長し、1勝でも多く勝てたかなと思った。
  • 目つきが変わった。
  • 日頃の取り組みなどが変わった。
  • 皆の考え方が変わってきている。
  • メンタルトレーニングをすることの大切さがわかった。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(28人) B.良かった(0人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(28人)B.いいえ(0人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(26人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(22人)
  3. c.継続の力がついた(25人)
  4. d.努力できるようになった(27人)
  5. e.目標設定できるようになった(25人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(21人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(16人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(24人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(24人)
  10. j.自信がついた(25人)
  11. k.積極的になった(19人)
  12. l.感謝するようになった(26人)
  13. m.明るくなった(22人)
  14. n.笑顔が増えた(24人)
  15. o.向上心が増えた(23人)
  16. p.精神的に強くなった・あきらめなくなった(25人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(18人)
  18. r.視野が広がった(22人)
  19. s.優しくなった(19人)
  20. t.集中力が増した(19人)
  21. u.自分が好きになった(14人)
  22. v.その他[悔しい気持が出るようになった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(24人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(23人)[飛距離up・ミート力up・打球が強くなった・足が速くなった・ベンチプレスMAX7.5kgup・球が速くなった・スイング・バッティング力up・投球フォームが良くなった・打撃フォームがきれいになった・長距離タイム2分up・肩が強くなった・スイングスピードup]
  3. c.競技や練習が好きになった・楽しくなった(27人)
  4. d.練習時間が増えた(21人)
  5. e.練習内容が充実した(17人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(20人)
  7. g.一体感がでてきた(16人)
  8. h.声が出るようになった(18人)
  9. i.その他[練習の質を気にするようになった]
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(23人)
  2. b.勉強時間が増えた(24人)
  3. c.成績、順位が上がった(14人)[学年順位90番up,50番以上up,40番up,20番up・現代文クラス2位・クラス順位20番up・平均点up]
  4. e.授業態度が変わった(25人)
  5. f.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]がついた(19人)
  6. g.スピーチできるようになった(22人)
  7. h.勉強がわかるようになった(15人)[数学]
  8. i.将来の目標が決まった(14人)
  9. j.本や新聞を読むようになった(15人)
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった(19人)[両親・祖父母・家族・チームメイト・クラスメイト・先輩・後輩・先生・友達]
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(22人)
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかった(28人)
  4. d.感謝するようになった(28人)
  5. e.感謝されるようになった(14人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(26人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(24人)
  8. h.接し方が変わった(22人)
  9. i.その他[少しでも楽させてあげようと思うようになった]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(17人)
  2. b.生活リズムがよくなり充実してきた(21人)
  3. c.手伝うようになった(27人)[風呂掃除・食器洗い・洗濯]
  4. d.良い習慣がついてきた(20人)[勉強・トレーニング・靴並べ]
  5. e.時間管理ができるようになった(21人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(18人)
  7. g.健康管理できるようになった(23人)
  8. h.生活が楽しくなった(27人)
  9. i.その他[駅前でゴミ拾い・物を大事にするようになった]
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(26人)B.いいえ(0人) 

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket