福岡高校 硬式野球部

修了式のアンケートより
福岡高校 硬式野球部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

H

  1. ・あらゆる面において大きく成長することができた。コミュニケーション能力が上がった。人前でも自信を持って堂々と話せるようになった。クラスメイトに挨拶するようになって関係が良くなった。運動会では団長を務めて成功させることができ、自分の成長を感じた。また、自分の可能性を信じることができるようになった。以前は「どうせ自分なんて…」と考え、出来ないことにチャレンジしていなかったが、今は「どうすればもっと良くなるか」と必死に考えるようになり、練習への取り組み方が変わった。スイングが鋭くなり、守備で動けるようになった。朝自分で起きて、朝ごはんや弁当の準備を手伝うようになった。

M

  1. ・メントレ受講前の自分はどうしようもないぐらいマイナス思考で、ミスしたら落ち込んでばかりいた。そんな自分を変えたいと思っていたが、どうすれば良いかわからなかった。メントレをやることになり「変えるぞ!」という気持ちで取り組む中、「自分には無理だ」という条件づけがされていると気づいた。毎日目標に向かって努力していく中で、自分の決めた事がパーフェクトに達成し続けることができるようになり、毎日が楽しくなった。今まで出来なかったことができるようになると、もっと色んなことに挑戦したくなった。苦手だったスピーチも、自分から話したいと思えるようになって、親にも自分から話していくようになり、新たな発見とかあって楽しくなってきた。60日間メンタルトレーニングは、自分を変えるきっかけを与えてくれた。

M

  1. ・自分は思っている以上に何でもできると気づいた。今までは自信が持てず、自分の心のすみにある弱気が自分をダメにしていた。しかし、夢や目標を熱望し、それが達成できると信じる事で、弱い自分がなくなり、勝負どころで力を発揮できるようになってきた。野球を言い訳に勉強や私生活で妥協を許してきた自分の甘さに気づき、より厳しく自分に接することができた。苦手な教科でも、上位に名前が載るようになった。朝目覚まし時計がなくても勝手に起きられるようになった。イメージトレーニングで自分のモティベーションが上がった。

I

  1. ・継続する大切さを学んだ。今までは自分に足りない部分を改善するための個人練習だったが、「こういう選手になりたい!」という気持ちで時間を使えるようになり、やる気がでた。勉強面でも「あの大学に行きたい!」という目標を持っている事で授業も楽しく感じられた。風呂掃除の習慣もついた。

A

  1. ・受講前はみんな顔が固かったが、だんだん笑顔が増えてきた。感謝の気持ちも増し、親に対して素直に「ありがとう」や「ごめん」が言えるようになって、人とのつながりも良くなった。相手の気持ちを考えて行動できるようになり、少しずつ周りが見えるようになって、自分からアドバイスできるようになってきた。受講前はマイナスのイメージが多くて不安も多かったが、毎日自分で決めた目標を達成することで自信にもなった。課題だった守備も思いっきりプレーできるようになって、緊張も楽しめるようになった。一番大きく変わったのは時間の使い方で、毎日ぼーっと過ごしていたが、朝や隙間の時間を使って勉強時間が増えてきた。

A

  1. ・メントレでたくさんのことを学んだが、その中で一番心に残っているフレーズは「あきらめず、心から願えば必ず叶う」という言葉だ。自分の夢を叶えるためにあきらめないで、これからの人生を少しずつ進んでいきたい。自分はかけがえのない存在だと教えてもらったが、もっともっと良い自分になれるように成長していきたい。

K

  1. ・受講前は自己嫌悪を繰り返す毎日だったが、メントレを終えた今、信じられないくらい変わっている自分がいる。毎日が楽しく、色々なことを頑張りたいと思える。「あの辛い時期があったお陰で、新しく沢山のことが見えてきた」と過去に感謝できるほどポジティブになり、自然と笑えるようになった。未来に希望をもった今、どんな自分になっていけるのか、出会えるのか、楽しみで仕方ない。沢山の友達から「まっすぐだね」などと言ってもらい本当に嬉しかった。大好きな仲間とこのメントレを通し、大きく成長できたことをとても嬉しく思う。

K

  1. ・毎日聴いたCDや毎週の講義は印象的なものばかりだった。特に高杉晋作の言葉を聞いてから、ぐうたらした時間を過ごすことが少なくなり、ご飯を食べた後すぐに課題に取り組むなどして、時間を無駄にしなくなった。講義では、アファーメーションのレッスンがすごく盛り上がって楽しかったし、毎日練習前に行うことで、モティベーションもあがっている。笑顔がとても増え、自信がつき、打席や守備で緊張することが少なくなった。靴を揃えることや食事の片づけが習慣になった。このメントレはものすごく大きな価値のあるものとなった。

K

  1. ・メントレを通して強く思ったのは「人にはそれぞれ秘められた能力があり、その能力を発揮するには継続がとても大切だ」ということだ。目標達成に向かって毎日、継続して努力できるようになり、量も徐々に増え、スイングスピードが速くなった。自信をもつことで良いイメージを思い浮かべることができ、自分に対して持っていた悪いイメージが変わった。朝早く起きて勉強する習慣がつき、英語の小テストで良い点を取れるようになった。

S

  1. ・以前は自信が持てず、自分のことがあまり好きではなかった。三日坊主になることが多く「あぁ、またできなかった」と後悔ばかりしていて、人が自分を見る目がとても気になり、もやもやとした気持ちで毎日を過ごしていた。だから「このメントレは自分を変えるチャンスだ」と思った。目標の立て方など色々学び、自分に克つために必死で毎日チャレンジして、パーフェクトに達成できた。毎日勉強するようになり、時間の無駄がなくなった。自分にとっての一番の収穫は「自分はやればできるんだ」という自信が持てるようになったことだ。「自分は決してできない人間ではない、つらい時も歯を食いしばって目標に向かって行動できる人間なんだ」ということがわかった。

T

  1. ・変わったところが3つある。1つ目はプラス思考が増えた事で、試合中のマイナス思考がなくなり、負けている試合でも最後まであきらめることなく集中できるようになった。2つ目は生活習慣が良くなり、生活リズムが生まれたことだ。ドロドロに汚れたユニフォームを洗っている時には、「いつも洗ってくれていた母に感謝せなあかんなぁ」と思いながらやっていた。3つ目は「ありがとう」とよく言えるようになったことで、クラスメイトとの会話も増えた。

N

  1. ・素直に相手に対して尽くす、という気持ちが生まれた。一番変えたかったのは、自分の頑固さのせいで新しいことが何もできず、自分も変えることができないということだった。メントレをしているうちに、今までにない角度から物が見れるようになっていった。そして一人一人のことが良くわかって、どんどんこのチームが好きになった。

N

  1. ・早起きの習慣がつき、勉強時間を増やせた。一番の変化は、人の話を素直に受け入れるようになったことだ。以前はしかられたら憎しみに変わって、マイナスの方向に考えていたが、今は「この言葉は自分を成長させるために言ってもらってるんだ」と思えるようになった。またアファーメーションを実行してモティベーションがすごく上がってきて、いい雰囲気で練習に入れた。

H

  1. ・紙に書くことの重要性に気づかされた。勉強のスタイルにも工夫が生まれ、考えることが多くなった。チームメイトがパーフェクトに目標を達成している姿を見て、自分も負けられないという気持ちになり、体の中で燃えてくるものがあった。一番変わったことは視野が広がり、様々な視点から考えられるようになったことだ。野球でも気持の切り替えがスムーズになった。

M

  1. ・メントレで一番変わった所は、自分にも周囲の人にも素直になれたことだ。今までは自分というものがなく、意思が弱く、楽な道ばかり選ぶという生き方をしてきた。メントレを始め、継続のすごさを、身をもって感じることができた。そして(自分のため…)と考えるのではなく、(誰かのために!)と考えたら、人は計り知れない力を発揮できるのだと思った。変わるための材料をたくさん得ることができ、今までにない考え方を取り入れることができたメントレだった。

Y

  1. ・メントレを始めたころは怪我のためにマイナス思考になっていたが、少しずつ「怪我をしていても出来ることはたくさんある。今やれることをしっかりやろう」と言う気持ちになり、どんどんプラス思考になっていった。最近の試合ではピンチの時も動揺しなくなり、強気になることが多くなった。学習面では休み時間に予習をしたり、空いている時間に英単語や古文単語を覚えたりなど、隙間時間を無駄にしなくなった。

Y

  1. ・この60日間は生きている中で一番努力した。メントレで困難にも負けずに頑張ってきた人の話や、前向きになる話を聞き、「こんな頑張らない自分ではだめだ」と思う事ができ、自分の課題をより厳しいものにして、パーフェクトに達成してきた。そのことが自分を変えてくれたと思う。打席での気持ちも変わり、生活面でも手伝えるようになった。自分の像が少しずつ見えてきて、チームの一人一人の気持ちもわかってきた。

Y

  1. ・以前は目標が漠然としていたが、メントレで目標の立て方を知った。夢を書き出すことで自分を見失うことなく人生を歩んでいける。プラス思考になり、笑顔が増えた。早起きできるようになって時間に余裕をもって行動できるようになった。自分を見つめ直し、弱点を改善してホームランを打てるようになった。何事にも感謝できるようになった。

Y

  1. ・継続の難しさと大切さがわかった。様々な話を聞き、自分の考え方が少しずつ変化していった。スピーチも回を重ねる毎に自分の意見をみんなに伝えることができるようになった。成功の仕方を教わったので、日々の小さいことを継続して目標を達成していく。

▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 以前は自分のことも満足にできていない状態だったが、現在では弁当箱を洗い、ユニフォームを洗い、風呂の床をふくようになった。感謝の言葉がいつもあり、すごく変化した子供に驚いている。
  • 自分を客観的に見ることができ、自分をほめることができるようになった。「自分が変わることにより周りが変わる」ということがわかれば、チームの団結力もできるということがわかったと思う。短期間に何百冊の本を読んでくれたような気がする。
  • 一日あったことをニコニコ笑ってとても良く話してくれるようになった。きっと色々な事を前向きに考え、楽しいことがたくさんあるのでしょう。
  • 家族みんなにも目を向けることができるようになった。
  • 時間を大切に使うようになった。
  • 弱気なところを見せなくなった。
  • 親のジョーダンを受け入れ、会話を楽しめるようになった。
  • 「ありがとう」とよく言うようになった。
  • 柔和な表情が多く見られるようになった。
  • 日常生活でいつも親に任せてばかりいたことが、少しは自分でするようになり、思いやりももてるようになった。荷物を持ってくれるなど、優しさが感じられるようになった。
  • 靴を揃えるようになり、食事の後片付けをするようになった。
  • 野球に対しての取り組み方が変わり、不平不満を言わなくなった。話す内容が前向きになった。自信のない子だと思っていたが、プレッシャーに対する前向きの発言を聞いた時、強くなったと実感した。
  • 挨拶をするようになった。ドロドロに汚れていても、体調が悪い時も必ず自分でユニフォームを洗っていた。
  • 朝勉強するようになった。
  • 早起きになった。
【 修了式に参加して 】
  • 感受性の強いこの時期、大変意義のあるトレーニングだったと率直に感じた。子供達にとっても、成功体験としてより自信を深めると共に、モティベーションを高める原動力となっている。
  • 笑顔で楽しそうにスピーチしていて感動した。良いチャンスをいただけて本当に良かった。
  • どの子も「目標を持ち」「感謝の気持ちを持ち」「自信を持ち」「全てに対して前向き」になっている姿勢を見て、頼もしく、嬉しく感じた。野球部の一員でいてくれたことに感謝している。
  • 最初のイメージは「まじめなおとなしい子たち」の集団だったが、今日はみんな笑顔で楽しそうで、場の雰囲気も良くてびっくりした。「気持ちって大切なんだなぁ―」「人は変われるんだなぁ―」と実感した。
  • 将来、困難にあっても乗り越えていける力がついたと思う。
  • 自分の事だけではなく、周りの人にも気配りできるようになってきていると感じた。マイナス思考からプラス思考、積極的な姿勢に変わってきている。
  • 自己肯定感を持つためにも有意義なトレーニングだと思った。自分自身やチーム全体と向き合うための良い機会を意図的に仕組むことは必要なんだと思った。
  • 子どもたちが大きな声で自分の言葉でスピーチしている姿を見て、成長しているなと感じた。聞いている態度も良かった。
  • 「あきらめない気持ち」「プラスイメージ」「チャンスを楽しむ」「言葉の威力」「自信」「時間を無駄にしなくなった」「成長した」「素直になれた」「可能性を信じる」「感謝の気持ち」「イメージする大切さ」色々いい言葉で成長している。
  • 人への感謝が多いのにびっくり!
  • ひたむきに自分を見つめ、目標を定め達成していくことで自信につながり、成長していくのが理解できた。
  • 親ももっと変わらなければと思った。
  • みんなの声が大きくなり、目つきが良くなった。
  • 甲子園に行けそうな気がした。
  • 感謝の気持ちがよく伝わってきた。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(13人) B.良かった(5人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(18人)B.いいえ(0人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(17人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(11人)
  3. c.継続の力がついた(15人)
  4. d.努力できるようになった(13人)
  5. e.目標設定できるようになった(14人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(14人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(8人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(11人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(16人)
  10. j.自信がついた(15人)
  11. k.積極的になった(13人)
  12. l.感謝するようになった(15人)
  13. m.明るくなった(14人)
  14. n.笑顔が増えた(16人)
  15. o.向上心が増えた(13人)
  16. p.精神的に強くなった・あきらめなくなった(15人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(14人)
  18. r.視野が広がった(12人)
  19. s.優しくなった(11人)
  20. t.集中力が増した(11人)
  21. u.自分が好きになった(13人)
  22. v.その他[人の気持ちがわかるようになってきた]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(15人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(4人)[ホームランが打てるようになった・下半身強化・スイングスピードup・持久力up・守備力up・バント・足が速くなった・チャンスで必ず打てるようになった・飛距離up]
  3. c.競技や練習が好きになった・楽しくなった(15人)
  4. d.練習時間が増えた(9人)
  5. e.練習内容が充実した(5人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(17人)
  7. g.一体感がでてきた(14人)
  8. h.声が出るようになった(8人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(14人)
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(15人)
  2. b.勉強時間が増えた(9人)
  3. c.成績、順位が上がった(2人)[英語・苦手教科の小テスト]
  4. d.授業態度が変わった(13人)
  5. e.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]がついた(6人)
  6. f.スピーチできるようになった(14人)
  7. g.勉強がわかるようになった(5人)[数学・英語・古典文法・英文法]
  8. h.将来の目標が決まった(8人)
  9. i.本や新聞を読むようになった(6人)
  10. k.検定試験に合格した(1人)
  11. l.その他[テストが楽しくなった]
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった(13人)[両親・チームメイト・クラスメイト]
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(16人)
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかった(17人)
  4. d.感謝するようになった(16人)
  5. e.感謝されるようになった(6人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(14人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(16人)
  8. h.接し方が変わった(14人)
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(10人)[自分の事は自分でするようになった・ユニフォーム洗い・早起き・弁当箱洗い・食器の片付け]
  2. b.生活リズムがよくなり充実してきた(10人)
  3. c.手伝うようになった(8人)[玄関の掃除・食器洗い・食事の片付け・ご飯の準備・朝ごはんと弁当の準備・兄弟の世話]
  4. d.良い習慣がついてきた(12人)[自主トレ・勉強・風呂掃除・朝学習・隙間時間の使い方・靴を揃える・掃除・挨拶]
  5. e.時間管理ができるようになった(13人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(6人)
  7. g.健康管理できるようになった(9人)
  8. h.生活が楽しくなった(14人)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(17人)B.いいえ(1人)

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket