郡山高校 硬式野球部

修了式のアンケートより
郡山高校 硬式野球部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

M

  1. ・3週目の深川先生の講義を聞いて自分に対する甘えがなくなった。それからは「レギュラーになって試合に出る」「夏の大会打率5割」という目標に向かって努力して取り組むことが楽しくてしょうがなかった。夏の大会は1回戦2回戦と勝ち、チームが変わっていると実感できた。3回戦で負けてしまったが、3年間の中で最高の試合をすることができ、自分の目標も達成できた。60日間メンタルトレーニングは、今後の自分の人生を良い方向へと変える大事なきっかけになった。

S

  1. ・明確な目標を立てて、日々継続して練習に取り組めるようになった。実践や練習においての気持ちの作り方や持っていき方も学び「ここぞ!」という場面で自分に打ち勝ち、良い結果を残せるようになるほど、精神的に成長できた。継続してトレーニングすることで基礎能力が向上し、肉体的にも成長でき、打球も速くなった。勉強面では数学で満点をとることができた。生活面では何事も自ら進んで取り組めるようになった。

H

  1. ・60日間メンタルトレーニングは、メンタル面の成長は勿論のこと、僕たちのチームがまとまる良いきっかけになった。そして「誰でも勝利者になれること」「やればできること」「自分にはその力があること」など、まだまだ自分には可能性があるとわかって、より人生を前向きに変えることができた。

M

  1. ・素振りなどが日課になり、また腹筋背筋が強化された。勉強のほうも積極的になり、順位が40位くらい上がった。ユニフォームを洗い、親の大変さを実感し、負担を減らそうと思った。身の回りを整理するなどの良い習慣もついた。教わったイメージトレーニングやアファーメションなどを実践して、目標に向かい続けてチャレンジし、結果を出していく。

E

  1. ・今まで以上に楽しく野球ができるようになった。目標も4週目からパーフェクトに達成できるようになり試合でも結果が出せるようになった。素振り回数も300本から700本まで増やすことができ、打率目標4割をクリアできたので、嬉しかった。試合で、ピンチやチャンスの場面で以前は体が固まって表情もこわばっていたが、今は笑顔で自信を持って乗り切れるようになった。

K

  1. ・プラス思考になり、精神的に強くなった。継続して自主トレできるようになり、スイングが良くなった。勉強の習慣がつき、時間などの管理能力が上がった。人間関係もよくなり、コミュニケーションがとれるようになった。

O

  1. ・このシステムを通して靴並べや手伝いなどが習慣になった。野球では自分の限界を作らずに、良い方向に考え、練習に取り組むことができるようになった。アファーメーションの授業がとても楽しく、実際に使ってみると「自分達にはできる」と思えるようになり、気分が高くなった。継続して自主練するようになり、飛距離が驚くほどアップした。学校生活がさらに楽しくなった。

O

  1. ・紅白戦や練習試合で緊張を感じる事が少なくなり、1球1球に集中できるようになった。努力する習慣がつき、物事をやり遂げることの大切さを学んだ。勉強面でも毎日努力した結果を期末テストで出すことができた。靴並べを継続することで親にも評価され、絆が前よりも深まった。

O

  1. ・自分の気持ちが大切だとわかった。目標達成のために努力し続け、個人個人のレベルアップにつながった。勉強面でも30位くらい上がった。レッスンはためになり、楽しかった。継続の力がついてきて、毎日トレーニングできるようになり、スイングスピードが増した。

O

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して、たくさんの良い経験をし、受講させてくれた父や母に感謝している。弁当箱洗いをして親の大変さが少しわかった。玄関の靴を並べて入ると、何かいいことをしたような気持ちがして、笑顔で「ただいま」と言えることがわかった。野球面では大きな目標達成のために毎日ノルマを決めて実行することで、充実した日々を送ることができ、勉強もあまった時間を上手く利用できるようになった。

A

  1. ・チームとしても自分自身でも成長することができた。メントレ前はピンチの場面やここぞという場面で自分自身の力を出すことができずに、大会で勝ち進むことができなかった。メントレを始めてから徐々に変わっていき、練習試合などでピンチにも動じなくなった。本番の夏でもチーム全体が自分の力を出し切ることができた。そして勉強・生活面の3つを両立していくことが習慣になった。スイングスピードが上がり、テストの順位も上がり、靴をならべることが習慣になった。

Y

  1. ・メントレをして先輩達がどんなピンチも笑顔と声を絶やさなくなった。自分も自主練が習慣づき、マイナス思考だったのがプラス思考になれた。

K

  1. ・アファーメーションやイメージトレーニングをすることによって、どんなピンチになってもいい方向にしか考えられず、緊張せずにいい状態のままプレーできるようになった。試合で必ず1本はヒットを打てるようになった。

K

  1. ・試合に対する集中力がついた。点差がひらいてもあきらめない気持ちが出てきた。素振りをすることにより、スイングが力強く、速くなった。打球も速くなり長打が増えてきて、大きい声がたくさん出るようになった。

K

  1. ・継続する力を身に着け、パワーがついた。集中力や自信がつき、笑顔が増えた。スピーチできるようになった。時間や健康などの管理能力がついた。生活が楽しくなった。

K

  1. ・以前は、とてもメンタル面が弱く、自分のプレーに全く自信がもてなかった。トレーニングが始まり、500スイングが習慣になってきて、バットもかなり振れてきてバッティングが前より好きになり、自信を持てるようになってきた。打席上で強気でいられるようになり、野球がさらに好きになった。学習も毎日続けることで定期テストの順位が上がった。目標に向かいチャレンジしていくと、毎日がとても充実していて、とても楽しく感じたし、やりがいを感じた。

K

  1. ・プラス思考になり、明るくなった。自信がつき、感謝するようになり、精神的にも強くなった。継続して自主トレするようになりスイングが良くなった。勉強の習慣がつき、英語もわかるようになってきた。自分で早起きするようになって、生活リズムがよくなり、充実してきた。

S

  1. ・今までは何をやっても長続きしなかったが、メンタルトレーニングを受けることによって、前よりも集中力がついてきて、何事もプラスに考えられるようになった。自主トレや勉強、靴並べや弁当箱洗いの習慣がついてきた。

K

  1. ・中学では精神面が弱く、マイナス思考だったので、メントレをやると聞いて、これで自分の弱い所を克服しようと思った。気持の問題でプレーが全然違う事がわかった。テキストを読んで、自分もきっとできると新たな可能性を信じ、自信を持つようになった。目標に向かって、継続してトレーニングするようになり、球が速くなり、コントロールも良くなって、バッティングも良くなった。プラスのイメージも持てるようになった。

S

  1. ・目標にむかってチャレンジしていくことにより、自分の生活がとても変わった。良い習慣が身に付き、スイングが良くなり、マッチョになった。3分間スピーチは、人前で話すという結構貴重な機会だったので良かった。

K

  1. ・三日坊主がなおり、継続できるようになった。マラソンと同じように最後までやり遂げた時の達成感を味わうことができた。この気持ち良さは勝利者の考え方だなぁと思う。また、1つの事で満足するのではなく、2つ3つと努力を増やすことができるようになった。これからは大学合格にむけて努力し続けていき、勝利者になる。このような機会が与えられ、感謝している。

S

  1. ・メンタル面が強くなり、継続する力を身につける事ができた。テキストやCDを聞き、「自分もやればできる」という勇気や自信がつき、講師の話を聞いてやる気がすごく湧き出てきた。自主練や勉強、手伝いなどいつもやらなかったことをやるようになった。長距離走が速くなり、学年順位も20位上がった。

S

  1. ・成長したことが2つある。1つ目は練習に集中して取り組めるようになったことだ。それによって野球も上手になってきた。2つ目は忍耐強くなったことだ。苦しかった練習も、「その分上手になった」とポジティブに考えているうちに辛い練習にも耐えられるようになった。心身ともに大きく成長することができた。

S

  1. ・まず自分に自信をつけるために、自分で決めた事をしっかりやる、というトレーニングが始まった。そしてどんな時にも勉強をすることにより授業態度が変わりテストの順位が上がった。生活面では挨拶、服装、時間を中心に取り組み、気持の良い挨拶ができるようになったし、時間もしっかり守れるようになった。トレーニング面では走ること、腹筋背筋などしっかりやることにより、球も走るようになりコントロールも良くなってきた。課題をクリアしていくたびに自信が持てるようになってきた。

S

  1. ・多くのことをこのメンタルトレーニングで学ぶことができた。トレーニング、勉強、靴並べなどが習慣になってきて生活面が安定してきた。試合前もアファーメーションによってテンションが上がった状態で臨むことができ、自分たちのチームは精神的にとても強くなっていると感じた。

T

  1. ・非常に良いチームへと変化し、夏の大会の成績にもつながった。個人としては漠然と甲子園にいきたいと考えていたが、メントレを通して、実践的な目標達成のための努力の仕方を学び、継続してトレーニングできるようになった。スイングが早くなり、パワーがついた。普段の生活でも穏やかになって、前向き肯定的に物事を捉えられるようになり、言い訳をしなくなった。

T

  1. ・週3のペースでしかやっていなかった自主練が、メントレで目標設定して毎日達成できるように意識するようになり、継続できるようになってきた。またプラス思考になった。全てのことを否定的ではなく、前向き肯定的に考えることで物事が楽しくなっていった。

N

  1. ・目標達成に向けてのチャレンジや講師の先生方の話を聞いているうちに、だんだんと意欲が出てきた。日々の目標は、最初は達成するのがつらかったが、毎日こなしていくうちにやることが当たり前になって継続する力がついた。今までまったくしていなかった弁当箱洗いや勉強もやることが当たり前になった。チームはアファーメーションなどを通して声も出るようになり、一つになれた。小さい頃から野球をやらせてくれた両親や、浜津監督、菅野先生、深川先生、市川先生に本当に感謝している。

N

  1. ・日々の目標をクリアしていくにつれ、僕の成績も上がり、チームの成績も上がり、このメンタルトレーニングのとりこになった。メントレを受講し、さらにメンタル面が強化され、不屈の闘志を手に入れることができた。野球だけでなく、自分の人間性を育てるのに大いに役に立ったと思う。

H

  1. ・メントレを始めて、大会で力を十分に発揮することができた。自分の決めた目標に対して、絶対達成する!という決意をもって、真剣に取り組んだ。それぞれの試合の中で、どんなピンチでも相手に向かって強気で攻めることができ、キャッチャーのミットめがけて、ピンチの時こそいい球を投げることができた。最後の夏の大会で3年生全員、ベンチ入りして試合できたということが良かった。

H

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して、朝に強くなることができた。また。選手として成長することができた。日々のバッティング練習や練習試合でイメージトレーニングを行っていた。そして最後の練習試合では、イメージトレーニング通りのバッティングをすることができた。後輩、両親、先生、また道具、そして野球というスポーツに感謝します。

F

  1. ・メントレを受講してみると、少しずつ何かに気づき始め、努力することが苦じゃなくなり、肯定的な言葉を使うようになった。講師の話で勇気ややる気をもらい、一日一日目標達成することで、だんだん自分が変わってきていることを実感するようになった。自分を裏切らないようになった。限界を取り払い、まだ自分は成長できると知ることができた。

F

  1. ・考え方が前向きになり、継続の力がついた。チームに一体感がでてきた。勉強や自主練の習慣などがつき、管理能力が上がった。感謝するようになり、3年みんなと仲良くなった。

H

  1. ・目標に向かってチャレンジしていく内に、自分自身「何か変わっていくなぁ」と感じ始めた。継続することの大切さを学んだ。プラス思考になり、自信がついてきた。将来の夢や目標がはっきりした。

H

  1. ・何か行動するときに自分で目標を立ててから行動できるようになった。受講前よりも失敗したときの切り替えが早くなった。勉強や自主練の習慣がつき、順位が上がり、スイングが速くなった。

M

  1. ・昔から消極的で、自分の判断したことや行動にとても自信がもてず、周りの人とのコミュニケーションも少し苦手だった。しかしメントレのテキストに出てくる人たちの良い例をいくつも読んでいくうちに、彼らの共通点に気づき、自分もチャレンジしてみた。すると自然と自信がついてきた。素振りや体幹トレーニングが日課になり、スイングスピードが上がり、肩も強くなってきた。また自分のことは自分でできるようになり、自立してきた。

M

  1. ・目標達成に向かって日々チャレンジするうちに、自分の振りが良くなっていくのに気づき、良い習慣がついていった。食器洗いなどして親の大変さとありがたみを知ることができた。また毎日聞いたCDも色々なことを学べた。

M

  1. ・良い習慣を身につけることができ、「続ける」ということができるようになった。素振りの習慣がつき、力強く振れるようになり、ボールが良く見えるようになって、ヒットが打てるようになってきた。勉強面も学校で宿題、家で自主学習をする習慣がついた。

M

  1. ・一番印象に残ったのはNYシティマラソンを98時間48分12秒でゴールしたボブ・ウィーンランドの話だ。メントレで成長したことは、簡単にあきらめなくなったこと、スイングスピードが上がったこと、体が強くなったことだ。

M

  1. ・メントレを受講してよかったことはたくさんあった。メンタルを鍛えるにはまず自分を知ることが大事だとわかった。試合のときには良いイメージを持つことが多くなった。継続する力がつき、勉強がだんだんわかるようになってきて、スイングが良くなってきた。食器洗いやくつを揃えることなど、手伝うようになった。

W

  1. ・継続する習慣が身につき、選球眼が良くなった。また感謝するようになった

Y

  1. ・三日坊主が治り、自分で決めたことを実行し、何日も継続できるようになった。スイングが速くなり、ヒットが出るようになってきた。勉強面でも少しずつ問題がとけるようになってきて、生活面では弁当箱を洗い、親の大変さがわかった。

▲ページの先頭にジャンプします

指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 取り組む姿勢や考え方が変わり、野球のプレーの質が変わってきた。
  • 力(技術)はあるがメンタル面が弱く結果がだせないでいた選手たちが、ようやく自信をもってプレーできるようになった。
【 修了式に参加して 】
  • 学年が上がるにつれて視野が広がり、周囲に対して感謝の気持ちを表現できるようになった。
  • 当たり前の事を当たり前に行う事の大切さを考えさせられた。子供たちの成長をしみじみ感じた。
  • 人前で自分のことを発表する経験が得られ、良かったと思う。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 野球に関しては常に強気、前向きに試合に臨み、最後まで勝ちを信じて粘り強く戦う姿が見られた。チームを信じて、力を合わせ、笑顔で戦う姿から、楽しくプレーできていることが伝わってきた。この笑顔が試合中に見られたことが大きな変化だと思う。
  • 自分に厳しくなった。どんな状況でもあきらめていないことが伝わってきた。
  • 緊張、ピンチに強くなった。
  • 逆転負け連続だったチームが、負ける気がしないチームに成長してくれた。個人個人の努力の結果だと思う。
  • 決めた事に対して努力する姿がよく見られ、結果も出せた。
  • プラス思考になり、明るくなった。
  • 何に対しても感謝の気持ちを持つようになった。
  • 信じることに向かっていく意志の強さが出てきた。
  • 明るく元気に挨拶をし、何事にも前向きに取り組むようになった。
  • 人前で堂々と自分の考えを述べられるようになった。
  • 親との会話が増えた。
  • 優しく接するようになった。
  • 怪我をしてもくじけなくなった。
  • 前向きな発言が多くなった。
  • 毎日練習するようになり、精神的に大人になった。
  • 弁当箱洗い、ユニフォーム洗い、くつ並べなど自主的に行うようになった。
  • 勉強するようになった。
  • 机の上がきれいになってきた。
  • 親も感謝の気持ちが持てるようになった。
  • 細かい目で周りを見れるようになった。
  • 気持に余裕が出てきて、冗談も言えるようになった。
【 修了式に参加して 】
  • 短期間のトレーニングでの成長は、すごいと思った。
  • 一人一人目標を立てて努力する姿がスピーチからも感じられ、とても素晴らしいトレーニングだったと思う。自信を持つという大切さを教えてもらったように思う。
  • 今後の彼らの人生を考えると、メンタル面での強さが求められることから、とても良いトレーニングだった。
  • メントレをやらせて良かったと思った。精神的にも肉体的にも大人になった。大学進学にも効果が表れる事を期待する。
  • この10代の多感な時期にメンタルトレーニングを受講するチャンスに恵まれたことは一生の宝になると思う。
  • 子どもたちの成長に感動した。
  • ポジティブなエネルギーの高まりを感じた。
  • 子どもたちから多くの感謝の言葉を聞くことができた。
  • とても良いチームになった。
  • とても良い経験ができた。
  • 一人一人の意識やモティベーションの持ち方が、スピーチの中にとても良く表現されていた。努力している子供たちの姿が思い浮かび、その達成感が伝わってきた。

メンタルトレーニング修了式に参加されたマネージャーの声

【 修了式に参加して 】
  • 修了スピーチを聞き、60日間でどれだけ努力して、どれだけ成長したかが伝わった。自らを高める事は簡単な事ではないと思うのに、どんどん変わっていった部員をとても尊敬する。
  • 普段聞くことのできない部員さんの心の中を知ることができて良かった。1,2年生にとっては、このメントレはこれからの練習などへの取り組みにとても大きな影響をあたえていくのではないかと思う。
  • 一人一人確実に変わっていると感じた。このメントレは、チームにとって個人にとって、変わるきっかけになった。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(21人) B.良かった(17人) C.普通(4人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(42人)B.いいえ(0人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(33人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(23人)
  3. c.継続の力がついた(37人)
  4. d.努力できるようになった(35人)
  5. e.目標設定できるようになった(31人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(23人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(26人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(23人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(31人)
  10. j.自信がついた(28人)
  11. k.積極的になった(26人)
  12. l.感謝するようになった(28人)
  13. m.明るくなった(25人)
  14. n.笑顔が増えた(27人)
  15. o.向上心が増えた(28人)
  16. p.精神的に強くなった・あきらめなくなった(29人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(29人)
  18. r.視野が広がった(18人)
  19. s.優しくなった(20人)
  20. t.集中力が増した(29人)
  21. u.自分が好きになった(10人)
  22. v.その他[ピンチの時、強気の感情が表にでるようになった・限界を作らなくなった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(37人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(31人)[スイングスピードup・飛距離up・打率4割・スイングが良くなった・ヒット数up・球が速くなった・コントロールが良くなった・長距離走timeUP・体幹・足腰・ボールのキレ・打球が速くなった・腕が太くなった・握力up・腹筋背筋の強化・肩が強くなった・送球力up・選球眼が良くなった]
  3. c.競技や練習が好きになった・楽しくなった(22人)
  4. d.練習時間が増えた(29人)
  5. e.練習内容が充実した(32人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(36人)
  7. g.一体感がでてきた(27人)
  8. h.声が出るようになった(30人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(25人)
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(25人)
  2. b.勉強時間が増えた(26人)
  3. c.成績、順位が上がった(15人)[数学100点・学年順位20位up,30位up,40位up]
  4. e.授業態度が変わった(19人)
  5. f.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]がついた(18人)
  6. g.スピーチできるようになった(29人)
  7. h.勉強がわかるようになった(14人)[数学・英語・古典・国語]
  8. i.将来の目標が決まった(22人)
  9. j.本や新聞を読むようになった(15人)
  10. k.検定試験に合格した(2人)
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった(9人)[親・チームメイト・クラスメイト]
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(22人)
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかった(40人)
  4. d.感謝するようになった(33人)
  5. e.感謝されるようになった(13人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(26人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(24人)
  8. h.接し方が変わった(20人)
  9. i.その他[きちんと「ありがとう」と言える]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(14人)[早寝早起き・ユニフォーム洗い・遅刻しなくなった・何事も自ら進んで取り組める・自分のことは自分でできるようになった]
  2. b.生活リズムがよくなり充実してきた(23人)
  3. c.手伝うようになった(16人)[風呂掃除・靴並べ・弁当箱洗い・ユニフォーム洗い・食器洗い]
  4. d.良い習慣がついてきた(17人)[継続・トレーニング・勉強・靴を揃える・手伝い・身の回りの整理]
  5. e.時間管理ができるようになった(29人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(21人)
  7. g.健康管理できるようになった(25人)
  8. h.生活が楽しくなった(25人)
  9. i.その他[お手本とされる行動がとれるようになった・学校生活が楽しくなった]
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(35人)B.いいえ(7人) 

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket