富山中部高等学校 硬式野球部

修了式のアンケートより
富山中部高等学校 硬式野球部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

K

  1. ・60日間メンタルトレーニングを通して、常に目標を立てる習慣がついた。野球面では家での素振りの本数も増え、スイングスピードが上がった。親の手伝い(皿運びや肩もみなど)が習慣になり、家族とのコミュニケーションも増えた。勉強もだんだんと伸びてきて、勉強がとても好きになって、つい時間を忘れてずっと机に向かっている事が多くなった。今まで人一倍ダラダラしていた生活が一転して節度ある生活が送れるようになった。また、講師の話は楽しく、心に残る話だった。どの講義においても自分をプラスに捉える事が頭に刻み込まれ、少しのミスでは動じなくなってきた。

I

  1. ・60日間メンタルトレーニングは僕たちの意識を変えるのにとても役立った。テキストの中に書いてあった成功者の話は非常に興味を魅かれるものだった。今までネガティブイメージが先行していた自分も多少前向きな考え方が身に付いた。前向きになったことで練習にも自然に力が入り、効率の良いトレーニングができるようになった。

O

  1. ・何事も一生懸命やろうという気持ちが出てきた。もとからポジティブだったが、メントレをしてさらに磨かれ、最近は良い方向にしか考えられなくなり、なんだか楽しい。どのレッスンも今まで聞いた事のない内容でとても新鮮で、しかも面白かった。すごいモティベーションが上がった。何よりも自分にとって大きかったのは、日々の努力の習慣づけだ。本当は努力が嫌いでほとんどしていなかったが、初めてこんなに続いていりし、チームメイトの頑張っている姿が何よりの励みになった。素振りや部屋の掃除勉強などが習慣になった。

O

  1. ・良い習慣作りができるようになった。物事のプラス方向への考え方、置き換え方が身に付き、プラス方向へのイメージが定着した。イメージトレーニングのレッスンを受け、自分のことを客観的にみる事ができ、改善すべき点も発見することができた。アファーメーションでは身も心もすっきりできた。

K

  1. ・メントレが始まり講師の話はとても面白く、ためになる話ばかりだった。目標達成に向けたチャレンジは始めたころはあまり続かず、途中から考えを改めて本気で頑張った。今までよく「マイナス思考すぎる」「もっとポジティブに考えよう」と言われていたが、それも目標設定して少しずつ言われる回数が減ってきた。自分の意見を持つようになり、少しずつ言えるようになってきて、人に流されにくくなった。

K

  1. ・メントレが始まり勝利への習慣作りに取り組み、自らがアクションを起こさなければ何も始まらないと知ったとき、他力本願だった考えが変わった。講師の話やテキストの内容を知り、だんだん考え方が変わり「自分にもできる」「もっと良い習慣にしよう」と思った。早起きが習慣になり、雪かきなど手伝うようになった。持久力短距離が速くなり、勉強面では集中力がついた。

K

  1. ・目標設定に対する自分の考え方が変わった。今までは心の中で漠然と考えるだけだったが、具体的に紙に書くことで「何をすべきか」考え、「目標を達成しよう」という気持ちがつよくなって日々の行動が変わった。早起きして素振り400回や筋トレをするようになり、スイングスピードが速くなった。マイナスの言葉をつかわないようになり、日常での考え方も変化した。何か嫌なことがあっても自分のプラスになると考えて、しっかり受け止めるようになった。

S

  1. ・受講して本当に良かった。「成功しチャンピオンになる」ために受講したが、最初は半信半疑な面もあった。しかしその考えは消失し、その日以来、人生観ががらりと変わった。お気に入りのトレーニングは「目標設定と達成のための日々のチャレンジ(勝利の7day’s)」と「アファーメーション」「イメージトレーニング」だ。イメージトレーニングには正直驚かされた。緻密に計算しイメージするので、それに近づけようという意欲が高まる。夢がはっきりと定まり邁進している。チャンピオンの考え方が身に付き生活習慣が確立され、充実した毎日を送れるようになった。

S

  1. ・自分も成長変化できたし、仲間のことも知ることができて、メントレを受講して良かった。講師の話は興味深いことばかりで、考え方が一変するようなこともたくさんあった。アファーメーションのレッスンでの「ありがとう」と常に思う事を学び、今では自然と感謝の気持ちをもてるようになった。どんな境遇においても感謝することで前向きになり、晴々とした気持ちになれた。皿洗いなど家事を手伝うようになった。

S

  1. ・自分から楽しんで野球ができ、進んで練習に取り組めるようになった。課題や目標を紙に書くことで「達成してやろう」「もっとうまくなりたい」という意識が高まった。甲子園の夢は抑えきれないくらい強くなりつつあり、目標を鮮明に描けるようになった。それに向けての練習で日々進歩を感じている。今ほど野球が楽しい、もっと野球がやりたいと思う事はかつてなかった。

T

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して、以前の自分と比べると随分成長した。それは練習の姿勢となって現れた。自分の全力を出さないと心の中にモヤモヤしたものが溜まり、不快な気持になる。具体的に目標を書き出す事により、生活に余裕が生まれ、メリハリのある生活がおくれた。目標達成のために決めたことを継続できるようになった。記憶に残っているレッスンはイメージトレーニングのレッスンだ。たった60日間という短い期間だったが、この先何十年も使うことのできる考え方を教えてもらった。

T

  1. ・目標設定がものすごく上手になった。4週目から勉強1日4時間、素振り400回以上をずっと続けている。手帳に夢を3回書いてから勉強すると決めてからは集中して勉強し続けることができるようになり、成績が上がった。継続できた事により自信がでてきた。以前は4時間以上は当たり前だったテレビとゲームの時間が極端に減り、朝のニュースだけになった。以前とは心や意思が180°違う気がする。まさか自分がこんなに辛抱強いとは思いもよらなかった。

N

  1. ・言葉遣い考え方が変わった。以前は「たぶん」とか「無理」という言葉が大好きだったが、メントレで前向き肯定的な言葉の大切さを学び、それらの言葉が私の足を引っ張っていると学んだ。意識的に「~じゃない?」「やってみよう」等の言葉に変換すると、できるような気になって、楽しくなれた。それにつられて苦手な事への取り組み方も変わってきた。「無理」ではなく「頑張ろう」からスタートすると、今まで苦手で嫌いだった数学と体育がどんどん楽しめるようになって、もっともっと努力しようと思える。メントレを受講して、感謝しなければならない沢山の人や自分の未熟さにも気付く事ができた。毎日勉強とトイレ掃除ができるようになった。

N

  1. ・日々の生活がより楽しくなった。メントレを受講して本当のあるべき姿を知り、良い方向へ向かっていけるようになった。野球と学習の目標を明確に持てるようになった。6時間睡眠、勉強、野球のトレーニングが習慣になった。「自分を変える方法」に、自分なりに気づくことができ、これから先の未来への「不安」が少しずつ「自信」に変わった。メントレで学んだことは初めて知ったことばかりで、本当に充実していた。

N

  1. ・受講前はいろいろと楽しみだった。受講前とは明らかに多くの所が変わったが、どういう仕組みでこんなに変わるのか本当に不思議だ。家に帰ってからも素振りや毎日の予習をするようになり、早寝早起きもできるようになった。学年順位が大幅に上がった。

H

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して大きく変化した。この事がなければ、今の自分はなかったと思う。生活リズムと気持ちが変化した。トレーニング面、勉強面、生活面ですることを決めてチャレンジしていく内に一日の生活リズムが定まってきて、睡眠時間もしっかり確保して気持ちの良い生活を送れるようになった。今までは「これはできるけど、これはできない」と考えたり、難しいことに挑戦する時も「たぶん失敗するだろう」と自分の限界を決めつけたりとマイナス思考を持っていたが、そのことも改善された。尊敬する上杉鷹山の「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」という名言の本当の意味を知ることができたように思う。

F

  1. ・最初は「素振り100本、100mダッシュ5本」から始めたトレーニング面の目標もなかなか達成できなかったが、今では1日400本振る事ができるようになり、自信がついた。メンタルトレーニングも変われた一因だが、周りの存在のお陰も大きい。彼がいるから頑張れる、支えてくれるから頑張れる、受け入れてくれるから頑張れる、根本にあるのは人と人との関係かなと思う。周囲の全ての人に感謝。

M

  1. ・一番に感じる事は毎日が楽しいということだ。以前は具体的な目標がなかったが、今ははっきりした目標があるので、その目標を達成したいという熱望が大きくなり、本気で勉強にも取り組めるようになったり、目標の大学について調べたり積極的になれた。学校生活ではメントレで学んだ2つの事を実践している。1つ目は「ポジティブ(人を褒め、いつも笑顔)でいる」ことだ。2つ目は「障害を祝福に変える」ということだ。うまくいかなかったり、障害だと思った時、別の角度から見るとそれほど深刻でなかったり、逆にステップアップできるチャンスだったりする。朝5時に起きること、挨拶や予習が習慣になった。小テストの平均点が上がった。努力すれば誰にでもチャンスはあるとわかった。

N

  1. ・メントレ受講前、強く変わりたいという意思を持って臨んだ。まだ改善されていない課題もあるが、メントレで一番成果が現われたのは早寝早起きができるようになったことだ。皿洗いも習慣になり、具体的な将来の夢ができ、毎日机に向かうようになった。挨拶ができるようになった。

N

  1. ・自分の嫌な所が2つあったが、それが改善された。1つは「継続できない自分だった」ことで、三日坊主とは自分のためにある言葉だと思っていた。しかしメントレで一定のことを続けられる自分に変わった。素振りや新聞を読む事などが習慣になった。もう一つは「自信がなかった」事だ。「試合でエラーするのではないか」などほとんどいつも思っていた。しかし、今では良いイメージが体にしみついている。メントレはとにかく楽しかったし、普段できない経験をさせてもらった。継続が力になることが身を持って理解できた。

N

  1. ・講義の中で「自分の親友は自分」という話が印象に残っている。メントレ受講前は自分のことは全部知っているようなつもりでいて、何でもする前から「こんなものだろう」と自分で限界をつくり、それ以上はできないと決めつけていた。しかし「自分にはまだまだたくさん自分の知らない力がある」ことに気付き、自分の気持ちに正直になることができた。今まで体裁などを気にして無意識のうちに作り上げていた自己像と向き合うことができた。今回のメントレでは「心」のもつ大きな力について知ることができた。現代文で習っている夏目漱石の「心」の一節にある「精神的に向上心のないものはばかだ」とは、メントレで学んだ事を集約したようなもので、これからも念頭においていきたい。

Y

  1. ・60日間メンタルトレーニングを通して自分の性格を直したいと思った。自分の意見が持てるようになり、「口先だけで、行動できない」という所も改善された。自主トレや勉強など自分で決めた目標をずっとパーフェクトで毎日達成できている。腕立てが連続でできるようになり、早起きが習慣になった。メントレは、自分たちが今までできなかったこと、やろうとしていることへの一歩を踏み出す手助けをしてくれた。

▲ページの先頭にジャンプします

指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 目標が明確になった。
  • 継続の重要性を知り、習慣化できるようになった。
  • 部員間の切磋琢磨が目立ってきた。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 考え方が前向きになった。将来の目標をしっかり見据えて勉強し始め、帰宅後すぐに集中して勉強している。成績は上がってきて勉強の面白さを感じ、学校へ行くのが楽しくなってきている。『60日間メンタルトレーニング』で後押しされ前進することの道筋を立ててもらった。目標に向けて努力している。この時期にこのメントレを受講できて大変良かった。
  • 「できない事は何もない」「なりたい者にもなれるんだ」という意識改革をされ、自分の進むべき道、やりたい事、夢、目標がより明確になり、努力を惜しまなくなった。
  • 日々ワクワクしながらテキストCDを聞いている様子だった。単に部活をするというのではなく、「何のために」「どんな風に」と考えた日々だろうと思う。
  • 「今日は何かやる気だ」「自主的に先輩とランニングした」など自分から話してくれるようになった。
  • 親への言葉が優しくなった。ケンカが減った。
  • 決めた手伝いをやり、休憩時に毎日肩もみをしてくれた。
  • 夜寝る前に雪かきがしてあった。(今まで考えられなかったことだ。)
  • 何日か無理をして家庭学習するとじんましんを出したりしていたのが、今は出なくなった。理由を聞いたら「慣れだ」と言っていたが、私は精神的にひと回り大きくなれたからだと考えている。辛い事にも自分から飛び込んでいく姿に感心させられる。
  • 朝勉強するようになってきた。勉強時間が増加してきた。集中力がついた。
  • 予習するようになった。
  • 帰宅するなり自分の部屋に行くようになり、遅くまで学習するようになった。
  • 読書量が増えた。
  • テレビなど「~ながら勉強」が少なくなり、集中して勉強している。
  • 素振り、腕立て伏せなど毎日継続するようになった。
  • 以前より物事に一生懸命に取り組んでいる。
  • 自分で早起きできるようになった。
  • 仲間と刺激し合いながら、自ら向上していこうという意識が得られたように感じる。
  • やるべき事はやるようになり、それにより自信がついてきている。
  • 自分の決めた目標を継続してやっている。朝5時に起きている。
  • 自分自身できちんと目標設定して学習トレーニングに励むようになった。
  • 精神的に不安定になる局面が減った。他者の立場にたって言動することが増えた。
  • 毎日が本当に充実しているようで親としても本当に嬉しい。
【 修了式に参加して 】
  • この60日間メンタルトレーニングは高校生にはとても有効なものだと思う。子供たちには初めての経験で素直に心の内側に入っていくようだ。野球だけでなく、勉強においても本当に良い効果が出ている。特に「目標設定」「プラス思考」「継続は力なり」等、将来においても重要なトレーニングを受けるチャンスを得た事は今後の糧となるだろう。
  • 全員が主体的に考えて行動するように変わってきている。物事に対する見方、考え方を変えていくきっかけを得たと思う。高校時代にこの様な貴重な体験ができたことはとても有意義であったと思う。
  • 自分なりに色々考えて行動していて、お互いに刺激し合い、高め合っていると感じた。
  • 皆の目の輝きは自分なりの成果の達成感、手応えの現れだと思った。
  • 「鉄は熱いうちに打て」で今後の進路・職業洗濯を考えるに当たり「良い習慣」をつけることができ感謝している。
  • 部員一人一人の思っている事、やっていることが聞けて良かった。
  • みんなが向上している事が、とても頼もしく思われた
  • この60日間は、自分を見つめ、仲間を知る良い機会であったと思う。
  • チームメイトの成長を素直に認めている。
  • 全てにプラスに作用しているようで良かった。
  • 皆が積極的に取り組んだ様子がわかり、内容も良かった。ハッピーな話だけでなく、苦労話もあり、本音の話が聞けた。
  • 時間を有効に使えるようになっている。練習、勉強に積極的、前向きに向かえるようになっている
  • 継続することの大切さを学んでくれたと思う。
  • 部員一人一人に与えてくれた前向きの言葉に対し、大変ありがたく思っている。
  • 前向きに考え、これで終わりではなく次につなげていく、という意気込みが感じられた。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(14人) B.良かった(5人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(19人) B.いいえ(0人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(16人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(16人)
  3. c.継続の力がついた(15人)
  4. d.努力できるようになった(16人)
  5. e.目標設定できるようになった(16人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(13人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(8人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(16人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった (17人)
  10. j.自信がついた(14人)
  11. k.積極的になった(17人)
  12. l.感謝するようになった(14人)
  13. m.明るくなった(12人)
  14. n.笑顔が増えた(14人)
  15. o.向上心が増えた(17人)
  16. p.精神的に強くなった・あきらめなくなった(14人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(10人)
  18. r.視野が広がった(7人)
  19. s.優しくなった(9人)
  20. t.集中力が増した(9人)
  21. u.自分が好きになった(7人)
  22. v.その他[やりたいことができた・自分を理解した]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(13人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(8人)[スイングスピードup・5kmランニング(ベストタイム,4分up)・腕立て・足が速くなった]
  3. c.競技や練習が好きになった・楽しくなった(13人)
  4. d.練習時間が増えた(6人)
  5. e.練習内容が充実した(9人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(16人)
  7. g.一体感がでてきた(10人)
  8. h.声が出るようになった(9人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(12人)
  10. j.その他[もっとやりたいと思うようになった]
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(16人)
  2. b.勉強時間が増えた(13人)
  3. c.成績、順位が上がった(4人)[学年順位(50番,70番)up・小テスト平均10点up・文系4ランクup]
  4. d.授業態度が変わった(12人)
  5. e.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]が上がった(8人)
  6. f.スピーチできるようになった(9人)
  7. g.勉強がわかるようになった(8人)[数学・授業・国語・英語]
  8. h.将来の目標が決まった(11人)
  9. i.本や新聞を読むようになった(10人)
  10. j.その他[勉強が大好きになった・集中力が切れない]
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった(4人)[クラスメイト]
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(14人) 
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかった(12人)
  4. d.感謝するようになった(15人)
  5. e.感謝されるようになった(6人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(16人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(15人)
  8. h.接し方が変わった(13人)
  9. i.その他[挨拶がしっかりできるようになった・言葉遣いに気をつけるようになった・会話が楽しくなった]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(6人)[弁当作り・挨拶・送迎してもらう回数が減った・水筒洗い]
  2. b.生活リズムがよくなり充実してきた(15人)
  3. c.手伝うようになった(8人)[皿洗い・トイレ掃除・風呂掃除・皿運び・親の肩もみ・家事・雪かき]
  4. d.良い習慣がついてきた(10人)[素振り・筋トレ・部屋掃除・早寝早起き・勉強を計画的にする・朝勉・朝練・靴を揃える・新聞を読む事・プラスイメージ]
  5. e.時間管理ができるようになった(13人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(8人)
  7. g.健康管理できるようになった(12人)
  8. h.生活が楽しくなった(16人)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(17人)B.いいえ(2人)  

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket