県立広島工業高等学校 硬式野球部

修了式のアンケートより
県立広島工業高等学校 硬式野球部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

T

  1. ・選手権になるとメントレの効果が出てきた。県工のメンバーとして大会に出させてもらい、自信を持ってプレーできた。プロが注目する様な投手と対戦しても、その投手を打ち崩すイメージと自信しかなかったし、それがその通りプレーできた。特に準決勝では8回まで負けていたのに、グランドに立っていて負けているという感覚はなく、最後には自分たちが勝っている、というイメージしかなかった。延長14回で試合は終了して、そこまでサヨナラのピンチになったりしたけど、粘り勝てたのは、自分たちが60日間メンタルトレーニングを通じて成長したからだと思う。相手にリードされても、焦らずプレー出来るのは、自分に自信をもてたからだと思う。ベンチ内は1回から試合終了まで、どこのチームよりも雰囲気は良く、みんな笑顔だった。決勝戦では甲子園に行くのは俺達しかいないという気持ちで試合に挑み、緊張することなく、いつも通りプレーすることが全員できたから優勝できたと思う。勝てることしか頭の中にないので、このまま甲子園に行って、全国制覇して広島に帰ってくる。

T

  1. ・60日間メンタルトレーニングで学んだことはたくさんある。習慣にする大切さを学び、その為の目標設定の仕方を教わり実践した。3週目まではなかなか自分の決めた事を継続できなかったが、4週目に3項目全て達成して、とても嬉しく、それからは全勝することが習慣になった。そうすると結果が表れ、トレーニング面は腹筋が割れて、3連投できた。勉強面は数学で高得点を出し、製図の検定に合格し、評定が上がった。教わったイメージトレーニングも全ての試合で実践した。1戦ずつイメージして書いていくととても楽しく書けた。イメージした事の全てではないけれど、所々でイメージ通りになったのですごいと思った。この様にして試合ではピンチの時も自信をもって投げられるようになったし、抑えられるイメージしかわかないようになった。メントレをして良かった。

T

  1. ・試合の時、リードされても焦ることなくプレーすることができるようになった。打席に入った時、「俺ならできる、打てる」と思えるようになった。野球が楽しくなった。プラス思考な発言が多くなった。試合の終盤、負けていても追い込まれたという感覚はなく、「俺たちなら勝てる」という感覚しかなかった。

K

  1. ・一番変わったのはピンチに動じなくなったことだ。広島大会でも数えきれないほどピンチがあったが、マイナスの感情がなく、負ける気がしなかった。バッティングも、受講前はチャンスになると打てないことが多かったが、それは気持ちの問題だった。受講してからはチャンスの場面で自分を追い込むのではなく“おいしい”場面と思いこむ事ができた。トレーニング面はホームランが増えた。野球面以外でも家族の靴を揃えたり、挨拶をするようになって、家がとても過ごしやすくなった。家族での会話が増えたというのが一番大きい。20年ぶりの甲子園というのは、決して自分たちだけで勝ったのではく、周りの人たちの支えや応援によって勝てたと思う。そういう人たちに感謝しながら生活していく。

K

  1. ・物事を前向き肯定的に受け取る事ができるようになった。プラスのイメージをもつことによって失敗の後の切り替えが早くなり、ピンチの時も良いイメージをもって臨む事ができるようになった。この夏権でも準決勝からはリードからの展開だったが、ベンチもスタンドも全員がマイナスなイメージよりもプラスのイメージが強かったため、どんなピンチも余裕をもつことができ、ピンチをチャンスに変え、勝利につながったと思う。また目標達成のために毎日チャレンジすることで自分に勝ち、自信をつけることができるのと同時に、体力や技術も向上していけた。最初は継続する事が難しかったが、だんだん習慣化していき、不思議と毎日続けることができた。目標や達成時の喜びを鮮明に描く事でモティベーションも高く持つ事ができた。夢に近づく方法がわかった。

S

  1. ・最初メントレなんて必要ないし、目標を紙に書いても実現することなんかないと思っていた。しかし、レッスンCDを聞いていくうちに、本当に実現するんじゃないかなと信じていくようになった。7月の初めに最後の練習試合があった。それに向けてイメージトレーニングをした。そしてイメージした通り、最後のバッターを三振にとることができ、本当に実現したと思い、嬉しかった。県大会が始まり、順調に勝ち上がっていって、正直、3回戦くらいから負ける気がしなくなった。メンタルトレーニングはすごい!と思った。これから就職試験がある。メントレで教わったように、行きたい企業を紙に書いて、やることを決めて毎日それに向けて努力していく。これをやっていると絶対に受かる気がしてくる。メントレではいろんなことを学んだが、今後の人生に役立てていく。

U

  1. ・最初の頃は自分を変える事ができず、関西遠征の時期でも打撃の面で調子を崩し、自分のプレーに自信が持てなかった。しかしメントレをやっていくうちにランニングや素振りを毎日続けることが習慣になり、夏前くらいにその成果が出てきた。「夏の大会に入るまで一度調子を落とし、夏に打てるように今が苦しいんだ」と思い、日々練習に取り組んできた。その成果が夏に出て嬉しかった。プラス思考になり、試合の中でのプレッシャーを楽しめるようになった。

O

  1. ・メントレを受けて良かった。特に目標設定して、1週間やることを決めてすることは、とても自分のためになったし、有意義な1週間になった。今まで何も考えず、一日一日を過ごしていた事がもったいなかったと思った。物事を前向きに考えられるようになった。生活面では、自分のユニフォームを毎日洗うようになった。

O

  1. ・目標設定をすることで有意義な1週間を過ごす事ができ、継続の力がついた。トレーニング面はスイングが速くなった。生活面は靴を揃えることが習慣になった。

A

  1. ・1回1回のメントレを集中して受けていたら、考え方が変わってきて、プラス思考でいられたのでやってきて良かったと思った。声かけもいい言葉が出てき始めたので、これからも続けていく。また生活面で家の手伝いをするようになり、親と仲良くなった。

A

  1. ・前向きになった。生活面では親との会話が増えた。掃除洗濯が自分でできるようになった。トレーニング面は継続して自主トレするようになり、腕が太くなり、肩が強くなった。

I

  1. ・一番思ったことは気持ち「心」の大切さだ。メントレを通して自分の考え方がどんどん変わってきた。一番勉強になったのはイメージトレーニングのレッスンだ。以前は「ボールが飛んできてエラーしたらどうしよう」とか「ここで打てんかったら怒られそう」と、そのようなことばかり思っていたが、今は「ここで飛んできてさばいたらカッコええやろうなぁ」とか「打ったらヒーローだ」と思えるようになった。練習も以前より集中して行う事ができるようになった。勉強面は順位が上がり、生活面は靴を揃える事が習慣になった。高校野球生活でこの60日間メンタルトレーニングに出会えたことは、自分の財産になった。

O

  1. ・とても良いイメージで練習、試合をできるようになった。悪いイメージがほとんどなくなった。継続して自主トレするようになり、逆に強い打球が飛ぶようになった。生活面は玄関をきれいにする習慣がついた。勉強面は授業態度が変わり、数学がわかるようになった。

I

  1. ・初めの頃は目標設定してもなかなか毎日すると決めた事ができなかったが、成功者の話を聞いたりしていくうちに、「自分も変わりたい」と思い、決めた事を毎日続けられるように頑張った。そうすると結果も出だして、練習を楽しめるようになった。すると自分に自信がもてるようになって、チャンスでも焦らなかったり、追い込まれても「自分の所に飛んで来い」と思えるようになったりした。何事にも積極的に取り組めるようになった。生活面は自分の事は自分でできるようになり、自立してきた。

O

  1. ・前向きになり、精神的に強くなった。チームの雰囲気が良くなり、練習内容も充実してきた。生活面は自立してきて、手伝いまでできるようになった。親のありがたみ、大変さがわかった。生活リズムがよくなってきた。

K

  1. ・目標設定ができるようになった。一番変わった事はプラス思考になれたことだ。今まではピンチでもチャンスでもマイナスのイメージをしていて、良い結果がでていなかったが、今回の県大会ではプラスのイメージをすることでいい結果を得る事ができた。自分だけではなく、チーム全員が変わっていっていると思う。甲子園では楽しくプレーして勝ち上がり、全国制覇したい。試合終盤でも集中できるようになった。勉強面は評定が上がり、機械製図検定に合格した。親との仲もさらに良くなった。本当に60日間メンタルトレーニングをして良かった。

K

  1. ・約3ヶ月間メントレを受けて色々な面で変化があった。受講前はチャンスの場面で打席に入るといろんなことが頭に浮かんでしまって力が入ってしまい、あまり良い結果を出せずにいたが、今は緊張せずに打席に入る事ができるようになった。また、目標設定して毎日素振りをしたことで速い打球が打てるようになった。勉強面は計画通りに実行することができるようになり、テストの点が上がったので嬉しかった。生活面は弁当箱を洗うようになった。精神的にも強くなれた。

K

  1. ・前はマイナス思考だったが、メントレを始めてからいろんな事があってもプラスのイメージを持つことができるようになった。また試合でピンチの時に以前はすぐに「ダメだ」とか「無理だ」とか思っていたが、メントレのおかげで「まだ大丈夫、まだいける」と思えるようになった。夏権の準決勝、決勝で先制点を取られたけど、大丈夫とみんな落ち着いていた。それが勝つ事ができた要因だと思った。また毎日目標達成のために努力する中で飛距離が伸び、勉強面は危険物で4種検定試験に合格した。部屋を片付けるようになり、ご飯の準備など手伝うようになった。

K

  1. ・自分は昔から集中力や継続力もなく、どちらかと言えばマイナス思考だった。生活面でも身の周りの片付けができなかった。しかしメントレを受けて、考え方が一瞬にして変わった。深川さんの話を何度か聞いていくうちに「変わるなら今しかない!」と思うようになった。お陰さまで三日坊主も治り、生活面では靴を揃える事が習慣になった。「小さなことからコツコツとやっていこう、それが成功の近道だ」と言い聞かせた。気持ちに余裕が持てるようになり、ピンチでも焦らなくなった。プラス思考になった。メントレは自分を変えるきっかけにもなり、本当に感謝している。

K

  1. ・目標をしっかり自分で考える事ができた。またマイナスの事を思っても、すぐ切り替えられるようになり、プラス思考が身についてきた。目標達成に向けて毎日努力する事でインナーや体幹が強くなってきた。勉強面はクラス順位が上がった。生活面は決めた時間に起きるようになった。野球部員との仲も良くなり、一体感がでてきた。

K

  1. ・受講前はものすごいマイナス思考で、三日坊主で、良い習慣がなく、試合でも自分のプレーができないというセルフ・イメージだった。しかしメントレを受講して、深川先生の話を聞き、だんだんと考え方が変わってきた。SPIやコラム写し、洗濯、挨拶や靴を揃えること、腹筋などを毎日した。三日坊主だった自分がここまで続けられたことがとても自信になった。試合でも以前のようなマイナスイメージではなく、自信をもって臨めるようになった。

K

  1. ・前向きな行動を取れるようになった。目標設定ができるようになり、継続の力がついた。継続して自主トレするようになり、イメージトレーニングができるようになった。本や新聞を読むようになり、将来の目標が決まった。掃除を手伝うようになり、親のありがたみや大変だがわかり、感謝するようになった。生活が楽しくなった。

K

  1. ・ピンチやチャンスの場面で緊張を楽しめるようになった。今回20年ぶりに甲子園出場が決まったが、一番印象に残ったのは、チャンスの場面で自分のバッティングができ、大量点で勝つ試合が多かったことと、ピンチの場面で1点をやらない野球ができるようになったことだ。この大会でメントレの成果がでて、結果として甲子園出場を決めたと思う。メントレをやって良かった。

K

  1. ・レッスン5までは本気になれず、深川先生がどうにかしてくれるとばかり思っていた。レッスンCDの「障害」の中で鳴門工業のM投手が春のセンバツでボコボコに負け、周りが敵に感じたという話があった。そして、その週にあった試合で、自分はありえないプレーをしてしまい、エラーで同点に追いつかれ、次の回では大暴投をして負けてしまった。その時試合途中で泣いてしまい、やめたいという気持ちで、とても悔しくて、周りの目も痛かった。でも同じような逆境をバネにして成長した鳴門工業のM投手のことを思い出し、自分も変わろうと決心した。次の日の練習から、どんな打球でも前に出て、失敗してもいいから前にでることをして、自分の目標を「4割打者」から「守備職人」になると変えた。もう二度とあの悔しい気持ちをしたくないと、あの敗戦から自分も変われたと思う。エラーも大分無くなって、守備がどんな状況でも楽しめるようになった。勝負強くなれ、試合に入る時も不安もなく、自分のプレーができるようになった。

K

  1. ・良いイメージを描けるようになり、精神的にも強くなった。野球面は遠投で前より投げられるようになった。勉強面は授業態度が変わり、第二種電気工事士の検定に合格した。洗濯するようになり、自分で早起きするようになった。

K

  1. ・大きく変わった事は、「マイナス思考でなくなったこと」と、「自分に負けなくなったこと」だ。自分は昔から苦手な事、嫌いな事、すごい投手などを目の前にしたときに、「どうせ出来ない」「どうせ打てない」というマイナスの考えをいつも持っていた。でもメントレを受けながら、弱気なマイナス思考も出てこなくなった。また小1の頃から野球をしているが、練習メニューを決めてもいつも三日坊主だったのが、やっと高3になって続けられるようになった。家での自主練が習慣になった。生活面でも靴を揃える事が習慣になった。いつも目標にしていた「5番打者になる」「4割打者になる」そして「甲子園に行く」という目標がかなって本当に良かった。60日間メンタルトレーニングを受けて本当に良かった。

S

  1. ・今年の夏「背番号4」という重い背番号を背負わせてもらい、はじめはすごいプレッシャーで、試合に出てもガクガクで頭の中は真っ白だった。しかしメントレを受けてプレッシャーも少なくなり、自分にも自信が持てるようになった。夏の大会では3回戦、先制のタイムリーツーベースを打ち、4回戦では2-1で向かえた2アウト満塁の場面で3塁打を打った。自分にとってメントレのいい成果になったと思っている。広島は制覇したので、今度は全国を制覇する。“目指せ全国制覇”“日本一のセカンド”

S

  1. ・気持ちが強くなった。努力できるようになり、前向きになった。継続して自主トレをするようになった。スピーチできるようになり、将来の目標も決まった。コミュニケーションをとれるようになった。

S

  1. ・前向きな考え方になった。夢を叶える方法がわかった。勉強面は平均点が10点以上上がった。

S

  1. ・本当に気持ちで自分の身体能力に及ぼす力は大きいんだということを学んだ。練習試合で前向きな言葉を繰り返し頭の中で言っていた。そうすると体が動きやすいという事がわかった。この日は6打数5安打、打つ事ができた。またある日はなぜか緊張してしまい、「今日は打てるかなぁ」「今日は無理かも」とマイナスの事を思いながら試合に臨むと体はガチガチ、足は固まって動けず、その日は4タコの2エラーだった。気づいたことは「毎回毎回、自分の可能性を信じて、いいイメージだけを考えるのとそうでないのとでは天地の差だ。常に良いイメージを持っていこう」と思った。そして次の試合から3試合の合計安打は15打席10安打0エラーだった。自分の描いた通りの結果になった。本当にこれは一番の収穫になった。

S

  1. ・前向きになり、夢や目標がはっきりしてきた。生活面の目標は「挨拶をする」ということだった。地域の人達に挨拶をして、挨拶を返してくれたら、すごく嬉しいし、お互いが気持ちいいと思うので、これからも続けていく。

S

  1. ・以前は何事もマイナスに考える事が多かったが、今はプラスのイメージを多く持てるようになった。また自分に自信を持てなかったのが、目標達成に向けて毎日継続して努力してきた事で自信がもてるようになった。試合にも自信をもって出られるようになった。あまり緊張しなくなった。またスピーチができるようになり、コミュニケーションがとれるようになった。この経験を大学に行ってからもいかしていく。

J

  1. ・このメントレを通して自分はすごく変わった。全てにおいてプラス思考になった。大会で負けていても勝っている気がした。イメージトレーニング、スピーチができるようになった。生活面では何でも自分でできるようになった。メントレをやって本当に良かった。

S

  1. ・努力することの大切さを実感できた。そして前向きな考え方を身につける事ができた。受講前は走っていてもすぐ適当な理由をつけてさぼってしまっていたが、今は「自分の目標のために頑張ろう」と思うようになり、努力する事で妥協する事がなくなった。自分もやればできるということを実感することができた。トレーニング面は球が速くなった。生活面は挨拶や靴を揃える事が習慣になり、風呂掃除を手伝うようになった。

S

  1. ・自分に自信がついて、とても前向きになった。練習試合や紅白戦でも結果が出てきて、とても自信がついてきた。60日間メンタルトレーニングを受講してとても良かった。

T

  1. ・ピンチでも楽しめ、焦らなくなった。靴を揃える事や挨拶が習慣になった。レッスンは印象に残る話しばかりだったが、特にイメージトレーニングの時のグループミーティングでやったシュミレーションパフォーマンスが印象に残った。実際に夏の大会で活用した。これをすることによって気持ちが高ぶってくるので、これからも試合の前にはしようと思う。このメントレで自分は大きく成長できたと感じている。

T

  1. ・目標などをノートに書いたら、練習中でもその目標に対して常に強い意識で取り組む事ができた。そうするとだんだん練習量も増えたし、練習に対する意識も変わってきた。イメージトレーニングのすごさも感じた。目標を徐々に上げながら継続していく事で、自分に自信がついたかなと思う。トレーニング面は上半身の筋力(特に肩周り)がつき、生活面は挨拶が当たり前のようにできるようになった。

T

  1. ・笑顔が増え、前向きになった。気持ちの切り替えが早くなり、集中力がついた。トレーニング面は継続して自主トレするようになり、変化球が良くなった。生活面はいろいろなことを手伝うようになり、親のたいへんさがわかって感謝するようになった。

T

  1. ・目標設定とイメージトレーニングができるようになった。生活が楽しくなった。感謝するようになった。

T

  1. ・プラス思考になれた。努力しようとする意識が高まった。メントレを受講して何か自分の世界が広がった様な気がした。勉強面はクラス順位5位以内になった。毎日コラムを書くようになった。食器洗いなど手伝うようになって、親との仲も良くなった。

T

  1. ・週1回のグループミーティングでは色々な話を聞いてとてもためになった。特に印象に残っているのはイメージトレーニングやセルフ・イメージだ。今回の県大会ではピンチになっても、先に点を取られても、ベンチの中ではマイナスの言葉はひとつもなく、逆にプラスの言葉しかなかった。対盈進戦の時は先に2点取られても、まだ全然大丈夫と思っていた。今回の大会は負けるイメージは全くなく、ホームベースの前で校歌を歌うイメージしかなかった。

N

  1. ・努力する大切さを学んだ。受講前はマイナス思考で、人に注意されるとすぐにすねていた。メントレを受けて何事にもプラス思考になれた。家族に対しては毎日靴を並べる事で会話が増えて、家にいる時間がとても楽しい。また最近練習試合でNEXTに入り「俺に回ってこい」と初めて思えた。今までは回ってくるなと思っていたけど、今思う事は「ここで決めたら俺カッコイイな」と思いながらNEXTに入るようになった。甲子園が終われば新チームになる。このメントレを活かして夏権V2を達成する。

N

  1. ・親に「今までは頼まれたことを嫌々してたけど、最近になって素直にやるようになったね」などと言われた。また受講前までは自分の事はあまりやっていなかったけど、メントレが終わる頃になると、洗濯物を自分でしたり、水筒を洗ったりするようになった。玄関掃除はずっと継続している。親に「きれいになったね」と言ってもらえるし、玄関はいろんな人たちがはじめに通る所なのできれいにすると自分も気持ちが良くなる。勉強の習慣もついてきて、危険物乙6の検定に合格した。

N

  1. ・マイナスな考えをせず、プラス思考を意識する事で、最終的にすごく強気になったし、あまり緊張もしないようになった。メントレチェックリストの受講前と受講後を比べると全ての項目で成長できた。練習に対する意識も変わってきた。強い打球が打てるようになった。生活面は自転車の整理や挨拶が習慣になった。

N

  1. ・練習に対する取り組み方が変わった。みんなが目標設定して、それを達成させるために、毎日、みんながとても熱心に取り組んでいた。その結果が甲子園につながったと思う。僕も練習が楽しくなり、スイングスピードも上がった。あと僕はコミュニケーションがとても苦手で、このままではいけないと思い、少しずつ人に挨拶をするとか、話しかけるなどしていった。そうしていくうちに、普通に話せるようになった。生活面は今までできなかったことが一人でできるようになった。

N

  1. ・目標設定ができるようになり、集中力がついた。継続して自主トレするようになってきた。勉強の習慣がつき、クラス順位6位になった。

H

  1. ・ピンチをチャンスに考えられるようになった。プラス思考になり、継続の力がつき、自信がついた。僕にはまだまだ潜在能力があると思うので、これからも毎日努力してもっと引き出していく。勉強面は第二種電気工事士の検定に合格し、生活面はひとり暮らしができるくらい自立してきた。

H

  1. ・物事の考え方が変わった。今まではみんなネガティブな発言が多く、良い結果がなかなかでなかったが、メントレをして、発言もどんどん変わってきて、雰囲気も良くなった。一人だけが変わるのではなく、みんなが変わる事ができたので、良い結果につながったと思う。メントレをする前からずっと「甲子園」「甲子園」と口々に言ってきて、メントレを受けて「甲子園出場」が今年の夏、現実になった。練習に対する取り組む姿勢が変わり筋力がついた。勉強の習慣がついてきて、第二種電気工事士の検定に合格した。コミュニケーションがとれるようになり、感謝するようになって人間関係も良くなった。

F

  1. ・受講前に怪我をした時はメンタルもずたずたで、何もする気がなくなり、もうどうでもいいと思っていた。受講後にまた怪我をしてしまったけれど、「これを機に今できることをしよう」と思えた。生活面は靴を並べる事が習慣になった。また常にプラスの事を言っていて、気がついたらアファーメーションをしていた。また目標設定をして達成のために努力することで継続の力もつき、スイングスピードが上がった。

H

  1. ・受講前は自分に自信がなく、エラーをしたり三振をしたりするとすぐ落ち込んで、いつも悪いイメージしか考えていなかった。でもこのメントレを始めて、自分を変えようとしていくと、だんだん自分に自信がついてきた。エラー等した時の切り替えも早くなった。目標を立てるようになり、達成に向けて努力する事でスイングが速くなった。そして試合でいい結果が出るようになった。朝も自分で早起きできるようになり、生活リズムが良くなった。メントレをやってみてとても楽しかった。

F

  1. ・目標を立てて計画通りに練習などができるようになった。一番変わったのは前向きになったということだ。以前はマイナスイメージで物事に入っていったが、今は自分の成功することをイメージして物事に取り組んでいる。その事により今までよりピッチングが好きになった。勉強面も評定が上がり、生活面は家の掃除が習慣になった。

H

  1. ・自分は秋から守備でアピールすると宣言して、去年の冬からずっと、みんながバットを振っている時もノックを受けていた。春になり、出場機会も増えたが、出る試合出る試合エラーを繰り返していた。今まで練習をしてきた事も無駄だったのかと思う位に本当に自分を信じられなくなっていた。春の県大会もメンバーを外され、完璧に腐っていた。そんな時に60日間メンタルトレーニングの話を聞き「これしかない」と思った。数々のレッスンがあったが、特に印象に残っているのは潜在能力のレッスンだ。このレッスンを受けて「俺はまだまだできる」と思った。自分はもっとできる人間なんだと知った時、練習が今まで以上に楽しくなり、より向上心をもって取り組む事ができた。毎週の目標も4回達成して、その成果として、目標としていた「引退するまで練習試合ノーエラー」を達成することができた。その結果、夏の県大会ベンチ入りし、3試合に出場、そして決勝戦の9回ウラに守備で出させてもらってとても嬉しかった。県大会中、どんなピンチがあっても全く緊張しなかった。むしろ笑みが出るくらい楽しかった。メントレは成長のきっかけをつくってくれた。

H

  1. ・目標設定して、毎日継続して努力する事で自然と試合でヒットが出てくるようになった。打席に立っていても全く緊張しなくなった。生活面は靴を揃える事が習慣になった。

H

  1. ・いろんなことに変化が表れた60日間だった。トレーニング面は継続して自主トレして送球が良くなった。勉強面は評定5が増えた。洗濯物の手伝いをするようになった。親との会話が増え、父との仲が良くなった。チームも深川先生の話や目標達成に向けたチャレンジなどにより、少しずつメントレ効果が表れてきた。この効果をすごく実感したのは準決勝県工VS尾道だった。序盤で4点取られ、いつもだと自分にプレッシャーや焦りがでてマイナスイメージが頭に浮かぶと思うが、ベンチはみんな落ち着いていた。これこそが深川先生と楽しく授業したメントレの効果だと思った。延長戦で毎回のようにランナーが出てピンチの状態、サヨナラの危機だったが、守備にでている9人を見ると、みんな素晴らしい笑顔で守り、ボールをよんでいる姿が見えた。甲子園では今まで通りイメージトレーニングをしっかりして、県工野球部150名で甲子園に県工魂を見せつける。

H

  1. ・前向きになり、自信がついた。コミュニケーションが取れるようになってきて、人の気持ちを考えるようになった。勉強面はテストの点が良くなった。生活面は親の手伝いをすることが増えた。

H

  1. ・プラス思考になり、目標設定して継続する力がついた。トレーニング面は自分のスイングに自信が持てるようになった。勉強時間が増え勉強が分かるようになってきた。スピーチできるようになった。コミュニケーションがとれるようになり、感謝するようになった。生活面はゴミ捨ての手伝いや洗濯ものを自分で干すようになった。生活が楽しくなった。

M

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して本当に良かった。受講前はネガティブで、いつも「もっと前向きでポジティブな自分に変わりたい」と思っていた。その時、このメントレに出会った。Lesson1から内容がとても興味深く、楽しいトレーニングができた。テキストの中の言葉から、野球が好きで上手くなりたいから、常に野球を考えた生活をしようと決めた。目標設定して毎日チャレンジする中、継続する大変さを知ったが、続けたら少しずつ自分が変わっていくのがわかった。勉強面はクラス順位が20位上がった、生活面はゴミ捨てなど手伝うようになった。前向きな考え方になり、継続する力がついた。

M

  1. ・メントレで一番心に残ったのは成功曲線の話だ。頑張ったら続けるだけでものすごいことになると言われ、これはすごいと驚いた。三日坊主がなおり、継続する力がついた。トレーニング面は長距離が走れるようになり、勉強面は電気工事士の検定に合格した。また生活面では今までやってもらっていたことを自分でやることによって、両親のありがたさがわかった。そしてこれだけ応援してくれているんだから、頑張らないといけないなと思った。感謝の気持ちを持つ事で、自分に余裕がある時は風呂掃除など家事を手伝うことができるようになった。

M

  1. ・一つの事に集中してできるようになった。今までは集中力がなくて、あきらめてしまったり、他の事をしたりしていた。でも目標設定して一日一日やっていくうちに自分が変わっていることに気づけた。このメントレを受けてから、今までできていなかったことが、気づいたらできるようになっていた。弁当箱を自分で洗うようになり、風呂掃除など手伝うようになった。

M

  1. ・メントレを受講して、自分のいけない所に気づけ、これまでに聞いた事のない名言などを聞いて驚きもあったし、とても楽しく学ぶことができた。また気持ちの持ち方や自信のつけ方を学ぶことができ、自分でも変わっていくのを実感できた。勉強面は国語の授業で作文を書く時にもメンタルの効果が出たり、機械製図検定にも合格した。野球面は練習試合で投げていてピンチの場面も悪いイメージはなく逆に楽しめるようになった。生活面は洗濯の手伝いをしたり、靴を揃える事が習慣になったりした。前向きな言葉がどんどんでてくるようになった。

M

  1. ・継続する力、プラス思考が大きく成長できた。靴を揃えることと素振りは習慣になった。練習でボール回しをやっている時もプラス思考で練習している。自分に自信がついた。

M

  1. ・気持ちの面で強くなった。甲子園への意識が高まり、野球が好きになった。部活以外の面でも気を配る事ができるようになり、家事を手伝うようになった。コミュニケーションが取れるようになり、友達との仲も良くなった。

Y

  1. ・受講前は悪いイメージばかりを想像していたけれど、今は良いイメージを想像できるようになった。負けている状況でも焦りがなくなった。心が体を動かすんだなと感じた。一番良かった事は自分に自信がついたことだ。また電車でのアファーメーションが習慣になってきた。勉強の習慣もついてきて、二種電気工事士の検定試験に合格した。生活面は自分の身の回りのことは自分でやるようになり、掃除を手伝うようになった。ゴミを拾う習慣がついた。

Y

  1. ・どんな時でもプラスに考えられるようになり、苦しい時も頑張れるようになった。継続する力もつき、毎日自主トレするようになり、打球が遠くに飛ぶようになった。親や地域の人に挨拶できるようになった。靴を揃えるようになり、家族からも褒められた。また感謝するようになった。

Y

  1. ・前は自分に自信がなく、超マイナス思考だった。こんな性格を変えたいと思っていたが、なかなか変えられなかった。そんな時にメントレをする事になり、初めは、こんなことで性格を変えられるのかと半信半疑だったが、メントレを受けて地道に毎日目標に向かって努力していく中で、徐々に自分に自信が持てるようになってきて、なんでもいい方向に考えるようになってきて、プラス思考になった。前は練習も「たいぎだ」とか「休みが欲しい」と思っていたが、今ではすごく楽しく練習出来ている。生活面は身の回りをきれいにすることが習慣になり、整理整頓できるようになった。

Y

  1. ・練習を頑張るようになり、コントロールが良くなった。受講前は緊張と不安でガチガチだったけれど、メントレをして緊張してもストライクがとれるようになった。今以上に球速を上げたいと思い球を速くする練習を頑張っている。3年生が優勝を決める戦いを見て、僕も頑張ってベンチに入って、来年の自分たちの代になっても甲子園に行きたいと思うようになった。

Y

  1. ・受講前は挨拶の大切さが全然わかっていなかったが、目標設定して挨拶していく内に、挨拶すれば自分も気持ちいいんだなと思った。それから挨拶が習慣になり、毎日誰にでも挨拶ができるようになった。勉強面では苦手な教科の点がかなり上がり、100点も取る事ができた。集中力が上がった。試合では負けるんじゃないかなっていう気持ちが無くなり、負ける訳ないと思っていたイメージ通りに点が入っていき、逆転勝ちできるようになった。

Y

  1. ・受講前は試合でストライクが入らなかったりすると腕がうまく振れなかったり、踏み込めなかったりしていたが、今では少しずつ改善されてきている。打たれたり、ミスしたりした時の切り替えが早くなってきた。前よりポジティブになってきた。

Y

  1. ・レッスン1のグループミーティングで深川先生から、前例や、他の野球部もやっていることや、実際に変わった人がいると聞いて、本気で取り組むようになった。自分で決めた目標も毎日達成できるようになり、習慣づいてきた。人前でスピーチできるようになった。プラス思考になり、イメージトレーニングができるようになった。また一番良かったのはチームの雰囲気が変わったことだ。先制されても「負ける気がしない」と全員が口を揃えて言っていて、本当に全勝し、甲子園出場ができた。これもメントレの効果かなと思った。

W

  1. ・前向きな考え方ができるようになった。走りのきつい練習でも「一生懸命やれば自分の力になる」と思えるようになった。ミスした時も「次はできる」と自分の心に余裕が持てるようになった。靴を揃えることなど良い習慣がついてきた。

W

  1. ・精神的に強くなれた。毎日継続する事の大切さ、目標に向かって努力する大切さがわかった。チームもみんなが一つになって甲子園という目標に向かって練習できていた。目標達成に向かって毎日行った努力は嘘をつかないし、自信もつけることができた。本当にやってよかった。最初は達成者が少なかったけど、途中からみんなの意識が変わり、チームも今までやっていたミスが減ってきて隙のないチームになった。また小3から野球を続けてこれて、甲子園の夢を叶えることができたのは、たくさんの人が支えてくれたからだ。家族は自分がどんな状況にあっても応援してくれたし、いつも支えてくれた。チームメイトもおもしろくて、この野球部で野球ができて本当にめっちゃ感謝している。

▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • ピンチの時でも、プラス思考の言葉が出せて、その言葉を全員が信じて行動に移せる。
  • 練習面だけでなく、勉強面、生活面も具体的な目標を立てる事により、毎日その事を考えながら生活する事ができるようになった。その事によりすごく成長したと感じていた。自分の今後の指導(野球,担任等の仕事)に利用していきたい。
【 修了式に参加して 】
  • 甲子園出場前に、またさらに全員の意識を高める事ができた。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • ありがとう!という言葉が自然に出るようになり、気持ちを伝えてくれるようになった。
  • マイナスの言葉を聞かなくなった。
  • 絶対負けないと思うようになった。「打てる」「勝てる」とプラス思考になった。
  • 以前はとてもメンタルの弱い子だったが、気持ちの持ち方が変わった。県大会で応援している時も全く負ける気がしなかったと言っていた。
  • 3年生の強さに驚いた。精神的な面がかなり大きいと思う。
  • 「おはよう」「おやすみ」「いただきます」の挨拶を継続している。
  • あまり怒らなくなった。
  • 精神的に強くなった。
  • メントレが始まってから、弁当箱洗い,靴をそろえる,帰宅してから寝る前に毎晩トレーニングを行うことなど、とても今までは続けられなかったことを1日も欠かさずに続けている息子を素晴らしいと思っている。
【 修了式に参加して 】
  • 選手一人一人が生き生きとして、自信があるように見え、頼もしく思えた。
  • みんなそれぞれ変化があり、効果があったようで良かった。
  • それぞれ目標を立て、それに向かって努力していてすごいと思う。和気あいあいとしていてとても楽しかった。
  • 子どもの生活はメントレを受けたから変化があるのだということがよくわかった。
  • みなさんのスピーチを聞いて感動した。修了式に参加できて本当に良かった。
  • 監督の話に感動した。これから3年生に向けて、最後までこのチームの中でやっていけるのは幸せな事だと思う。頑張ってほしい。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(47人)B.良かった(20人)C.普通(3人)D.あまり良くなかった(0人)E.良くなかった(1人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(70人)B.いいえ(1人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(68人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(54人)
  3. c.継続の力がついた(60人)
  4. d.努力できるようになった(58人)
  5. e.目標設定できるようになった(63人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(54人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(52人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(59人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(65人)
  10. j.自信がついた(62人)
  11. k.積極的になった(63人)
  12. l.感謝するようになった(59人)
  13. m.明るくなった(59人)
  14. n.笑顔が増えた(59人)
  15. o.向上心が増えた(60人)
  16. p.精神的に強くなった・あきらめなくなった(65人)
  17. q.気持ちの切り替えが早くなった(56人)
  18. r.視野が広がった(45人)
  19. s.優しくなった(48人)
  20. t.集中力が増した(50人)
  21. u.自分が好きになった(38人)
  22. v.その他[試合でプレッシャーを感じなくなった・自分はできるという強い自信をもてるようになった・夢に近づく方法がわかった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(46人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(39人)[スイングスピードup・腕が太くなった・肩が強くなった・逆に強い打球が飛ぶようになった・試合終盤でも集中できるようになった・体力up・体重up・筋力量up・飛距離up・ホームランが増えた・インナー,体幹が強くなった・腹筋がついた・遠投の距離up・握力60kg・球が速くなった・上半身の筋力up・変化球が良くなった・3連投できた・強い打球がうてるようになった・守備力up・ヒット数up・送球が良くなった・自分のスイングに自信が持てるようになった・長距離を走れるようになった・紅白戦で結果が残せた]
  3. c.競技や練習が好きになった・楽しくなった(50人)
  4. d.練習時間が増えた(28人)
  5. e.練習内容が充実した(49人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(58人)
  7. g.一体感がでてきた(52人)
  8. h.声が出るようになった(49人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(52人)
  10. j.その他[試合中のプレッシャーを楽しめるようになった・ピンチやチャンスを楽しめるようになった]
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(19人)
  2. b.勉強時間が増えた(19人)
  3. c.成績、順位が上がった(20人)[クラス順位20位up・評定up・成績up・平均点10点以上up・クラス順位(5位以内,6位)・数学高得点・5が増えた・点数が倍になった・100点とれた]
  4. d.授業態度が変わった(46人)
  5. e.知力[集中力、思考力、読解力、文章力等]がついた(39人)
  6. f.スピーチできるようになった(48人)
  7. g.勉強がわかるようになった(8人)
  8. h.将来の目標が決まった(39人)
  9. i.本や新聞を読むようになった(36人)
  10. j.検定試験に合格した(15人)[機械製図検定・危険物(乙6,4種)・(第二種)電気工事士]
  11. k.その他[集中力up]
4:人間関系・親子関係
  1. a.仲良くなった(26人)[父親・母親・友人・野球部員・喧嘩していた友達・家族・みんな]
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(55人)
  3. c.親のありがたみ、大変さがわかった(62人)
  4. d.感謝するようになった(66人)
  5. e.感謝されるようになった(41人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(62人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(59人)
  8. h.接し方が変わった(52人)
  9. i.その他[親との会話が増えた・家が過ごしやすい]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(33人)[ユニフォーム洗い・掃除・洗濯・自分のことは自分でできるようになった・手伝いまでできるようになった・準備・朝起き・部屋の片づけ・家事ができるようになった・なんでも自分でできるようになった・一人で暮らせる・洗濯物干し・弁当箱洗い・整理整頓できるようになった]
  2. b.生活リズムがよくなり充実してきた(41人)
  3. c.手伝うようになった(36人)[家事・掃除・玄関掃除・弁当箱洗い・食器片付け・ご飯の準備・弁当箱洗い・靴を並べる・洗濯物出し・気づいたことをするようになった・風呂掃除・ゴミ捨て・テーブルあげ]
  4. d.良い習慣がついてきた(33人)[ランニング・素振り・ユニフォーム洗い・靴をそろえること・玄関掃除・朝起き・挨拶・米とぎ・洗濯・コラム写し・自転車の整理・家の掃除・物を出したらしまう・ゴミ拾い]
  5. e.時間管理ができるようになった(56人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(49人)
  7. g.健康管理できるようになった(49人)
  8. h.生活が楽しくなった(54人)
  9. i.その他[手伝いが当たり前になった]
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(66人)B.いいえ(4人)

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket