多治見工業高等学校 硬式野球部

修了式のアンケートより
多治見工業高等学校 硬式野球部
『  部訓  ~五つの心~  』
  1. 一つ、ありがとうという感謝の心
  2. 二つ、すいませんという反省の心
  3. 三つ、はいという素直な心
  4. 四つ、お陰様でという謙虚な心
  5. 五つ、私がしますという奉仕の心
  6.   
  7. 常勝軍団  ~常に前向き常に感謝~

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

Y

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受けられた事を感謝している。受講前は物事に対して「無理だ」「やめよう」など諦めの言葉がでてしまう消極的な考え方だった。しかし、潜在能力のレッスンを受けて、自分の中にまだ秘められた力があることを知り、すぐ投げ出したり、諦める事はやめようと決めた。それから深川さんに教わった夢ノートを作成した。はじめの方は自分がやりたい夢がなかなか見つからず、10個書くのが精一杯だった。動機のレッスンを受けて、夢を想像する楽しさを思い出した。今では夢ノートに書いた夢をかなえるための計画を作るようになった。この計画する作業も楽しく、夢が実現した時のことを鮮明に想像しながらやっている。前までは後ろ向きで、絶望をいつも見て「無理だ」「やめよう」とすぐ思っていた自分が、前を向いて「できる」「やるぞ」という希望に満ちた考え方ができ、夢ノートに書いた項目が100個に到達した事が、前向きになれた証拠だ。生活習慣が変わり、夢のために時間を使えるようになった。辛い事もあるが、毎日を楽しく生活できていて、充実している。

H

  1. ・まずは深川さんに感謝の言葉を伝えたい。最初はメントレをやっても意味がないと反対していたので、自分の目標達成のためにも本気で取り組めなかった。しかしレッスン3から「ちょっと本気でやってみるか…一回、深川さんを信じてみよう」と思い、目標達成のために頑張り、レッスン4でパーフェクト達成した。その時にもの凄く達成感が湧いてきて、これは続けた方がいいと思い始めた。それからは全てパーフェクト達成することができた。野球面では体つきが良くなり、球速が上がった。勉強面ではテストの順位が上がった。生活面は無駄な時間がなくなり、自分でいろいろ判断できるようになった。どんな困難にも立ち向かう事ができ、笑顔が増えた。ミスしても立場を180度変えて切り換えることができた。言葉の大切さや、仲間の大切さ、そして自分の存在の大切さを学び、今、ここに生まれたことに感謝することができた。

U

  1. ・自分の行動や言動が変わった。それまで消極的で、それが私生活や野球に表れていて、上手くいかなかったら他人のせいにしてみたり、自分の消極的で内気な姿にイライラして腹がたったりしていた。しかしメントレで目標達成のためにコツコツと習慣付けしてきたことで「自分は準備ができている」と思え、それが大きな自信に変わった。そしてチームの為にできることや様々な場面で、前向き積極的に行動できるようになった。以前は自分のことで精一杯で周りが見えていないことが多く、上級生としての自覚が薄かった。しかし、レッスンの中で自分が今チームのどの位置にいて、チームでは一体どんな立場にいるのかを考えることができるようになり、自分自身を知ることができた。それをもっと周りに知らせようという感情が生まれ、今はリーダーシップが発揮できる所まで変われた。野球ではスイング力がつきチャンスに強くなった。勉強と生活の切り替えができるようになった。生活面は風呂掃除や洗濯を手伝うようになった。食事の量も増え、意識が高くなった。一人で物事を解決できるようになった。60日間メンタルトレーニングを受講して、自信がついたり、自分のことがわかったりと、今まで体験したことのない経験をさせてもらった。

I

  1. ・高校野球に役立つことだけではなく、社会人になっても役立つ色々なことについて学んだ。特に印象に残っているのは潜在能力のレッスンだ。自分は野球の限界を勝手に決めつけている時があったが、レッスンを受けて、自分を見つめ直し、改善していこうという気持に変わる事ができた。また守備についている時にマイナスなイメージばかりしてしまい、エラーをすると下を向いていたが、言葉の威力のレッスンでプラス思考の大切さを学び、今では守っているときに自分がボールをさばいているイメージができるようになってきた。

I

  1. ・イメージトレーニングのレッスンを受けて、今までしていたイメージトレーニングが間違っていたことがはっきりとわかった。悪いイメージより、良いイメージをたくさんしていくうちに、試合前や試合中にもできるようになった。そうしていると試合中にピンチになった時でもいいイメージができてピンチを楽しめるようになったり、焦らずに、強気でプレーする事ができた。打席で打つ方向と配球を、落ち着いて、相手の気持になってできるようになった。また、今までの自分は嫌な事や気に入らないことはすぐに諦めてやめてしまっていたが、継続の力のレッスンを学んで継続の力をつけようと努力するようになった。

U

  1. ・家で勉強と練習を自分からするようになった。今までの自分はやらされている所があった。しかしメントレを通して自分で目標設定をして達成のために何をするかを決めてチャレンジした。最初はなかなか達成できなかったが、やっていく内にできるようになり、時間も増えていった。家で素振りをするまで全然結果が出ていなかったが、素振りをするようになってからは結果が出てきて、今は4番を打たせてもらっている。

U

  1. ・自分の考え方が大きく変わった。受講前は良いイメージをすると集中できなくなったり細かい部分まで気が回らなくなったりすると思い、あえて悪いイメージをする事が多々あった。しかし、メントレで良いイメージをすることの大切さを学んだ。良いイメージをすることによって、気持に余裕が持てたり、失敗してもプラスに考え、切り替えることが出来るようになった。マイナス思考とプラス思考の話を聞き、プラス思考でいるためには笑顔でいることや「ありがとう」と言うことで素直になれると教わった。これからも夢の実現に向かって自分を裏切らないようにしていきたい。

O

  1. ・物事に対しての考え方が変わった。受講前は辛い事があったらすぐに「嫌だなぁ」といっていたが、メントレをするうちに、逆にプラスな事を言うようになって、周りに良い影響を与えたり、モティベーションが高くなったりした。またチームメートの中には目標達成に向けてチャレンジする中で結果を出している人もいて、自分の中には焦りがあった。この焦りがきっかけで目標達成に向けて真剣に取り組むようになり達成率も上がっていった。内容も数を徐々に多くしていき、自分に勝つ習慣を身につける事ができた。

O

  1. ・最初は疑っていてあまり本気で取り組んでいなかったが、レッスン2で仲間が取り組み始めているのを見て、自分を変えるために本気になろうとスタートした。たくさんの人に感謝の気持をもつことが多くなった。自主練などもするようになり、努力する姿勢が変わった。

K

  1. ・一番印象に残っているのは言葉の威力のレッスンだ。昔からマイナスな考え方や発言をする事が多くあったが、このレッスンを終えてから前向きに捉える事ができるようになった。また目標設定する時も「マイナスの発言をしない」など「~しない」とすると達成しにくいので「プラスの発言をする」ということにしてから、目標達成しやすくなった。またその時に教わったアファーメーションもいかしていく。

K

  1. ・考え方や行動が変わった。まだ悪い部分もあるが、良くなった所も多くある。人や物を大切にするようになり、少しの時間を見つけて練習したり、人とコミュニケーションを図るといった行動が増えてきた。前までは少し言われただけで腐ってしまったり、不満を言ったりと醜い自分だった。メントレをやって自分はできるといった自信が出てきて一つ一つ成長したと感じている。アファーメーションとイメージトレーニングが印象に残っている。自分の作ったシュミレーションをみんなの前で発表させてもらい、自信がついたし、目標を実現するイメージができた。

K

  1. ・前向きに物事を考えられるようになった。前の自分は「今日は調子が悪いからダメや」とか「絶対無理や」などと試合前にマイナス思考なことばかり考えていたから上手くいかなかった。はじめから出来ないと思っているのでその通りになってしまっていた。メントレでプラス思考に変わったことで、何事もプラスに考えるようになり、周りにも影響して、チーム全体が良い方向にいっていると思う。メントレを通して自分たちの目標である「甲子園」にどうやったら行けるのか、いろいろな事を学んだ。目標の前にあるたくさんの障害をどうやって乗り越えていくか、甲子園に行けたらどんな良い事が待っているのかなど、自分たちの知らないことばかり聞いて、とてもためになった。継続することが身についた。

G

  1. ・物事をプラスに考えることができるようになった。受講前は試合でピンチになるとマイナスイメージをもってしまって、それによって点を取られることが多かった。受講後はピンチをチャンスだと捉える事ができるようになり、結果も良くなっていった。勉強面では、以前は苦手教科の授業のとき、黒板に書いてある事をノートに写すだけで考える事はしていなかったが、受講後は自分で考えてわからない所は友達や先生に聞いて、分かるようになろうという気持になった。

G

  1. ・メンタルトレーニングをやらせてもらって良かった。変われたことは「自分に自信がもてるようになった」「良いイメージをもてるようになった」「切り替えがはやくなってきた」ことだ。また人の事を考えられるようになった。自分の気持をしっかり伝えられるようになった。勉強面では意欲がわいてきた。野球面では打撃が良くなった。生活面は玄関掃除や靴を揃える事が習慣になった。

K

  1. ・良いイメージが持てるようになった。そのきっかけとなったのは、アファーメーションとイメージトレーニングのレッスンだ。しっかりイメージトレーニングをした次の日の試合ではしっかりと結果を出す事ができた。また受講前はマウンドでフォアボールやデッドボールを出したら続けて出してしまうことが何度もあったが、60日間メンタルトレーニングを受講してからはピッチングで崩れる事がなくなった。弱気になっていた自分からどんな時にも強気になれる自分に変わる事ができた。また苦手な勉強も続けられるようになった。続ける事が習慣になった。

K

  1. ・受講前の自分はマイナス思考の人間だったが、受講してからはプラスの言葉を多く使うように心がけ、笑顔で生活するようにした。アファーメーションを教わり、「ありがとう」という言葉を1日10回以上いうことをやった。そこから少しずつ考え方が変わり、自分が上手くいかない時でも声を出したり、仲間を応援したりすることが普通に出来るようになった。また人に与える事もできるようになってきた。野球では次の選手にチャンスでまわすために送りバントを決めたりして「全て自分がきめてやる」という考えを持たないようにして、与えるようにしている。以前は感情がすぐに表に出ていたが、今では自分で抑えられるようになった。

K

  1. ・メントレを始める前は具体的な目標を立てておらず、マイナスの言葉を口に出したり、試合などでもあまり良くないイメージで試合に臨んだりしていた。メントレを行い最初に実現したい夢や目標を書き、その目標が実現するために少しずつ努力する事ができた。勉強や靴を揃える事などが習慣になり、トレーニング面ではスイング力が上がった。またマイナス思考の考えや言葉を出していると成長しない事がわかり、そこで自分を変えようと思った。アファーメーションは自分の人生の中で5本の指に入るくらい楽しかった。また教わったイメージトレーニングをして試合に臨む事ができるようになった。

S

  1. ・家での練習時間や勉強時間が増えた。家で素振りをする事が習慣になり、少しずつ結果がでるようになってきた。生活面では弁当箱を洗ったり靴を揃えたり、部屋をきれいにするなど、自分の事は自分でできるようになった。食事の準備も手伝うようになった。

S

  1. ・心身ともに成長する事ができた。また言葉は人生を変えるという事を知った。それからは気づいたらプラスの事を考えることを続けた。はじめは習慣でマイナスな事を考えがちだったが、時間が経つにつれて試合でも良いプレーを頭に浮かべながらプレーできるようになった。そのお陰で楽に守備につけたり余裕をもって打席にも入れるようになった。自分はレッスン2ぐらいの時に指を怪我してボールも投げられない状態になった。しかし、これは下半身を鍛え直すために怪我したのだと、これまでにない位プラスに考える事ができた。そして指が治るまでの2週間、自主練習では1日100mを15~18本走ることに決めて2週間、全勝することができた。その事もあってか次の週からも指が自由に使える事に感謝して、目標達成のために自分で決めた事を、毎日コツコツやり続けることができた。

S

  1. ・目標に向かう姿勢が良くなった。目標を明確にして、毎日継続して努力するようになった。それによって試合でもヒット数が増えたり、テストではA科でトップ10に入る事ができた。考え方が前向きになって、ミスした時もしっかり切り替えられるようになった。アファーメーションやイメージトレーニングをして自分に自信がもてるようになり、試合でも弱気にならず、自信をもってプレーできるようになってきた。

S

  1. ・目標に向かって自分で決めた事を毎日続けることができるようになり、そのことが習慣になった。野球面では全く結果が出なくて悩んでいたが、毎日素振りをするようになったことで、ヒットが打てるようになった。習慣の大切さを学んだ。また以前は消極的でマイナス思考だったが、それでは何事も上手くいかないと聞き、前向きな考え方を身に付けることができた。また良い言葉や考え方をするようになり、プレーが良くなってきた。

N

  1. ・1つ目は野球をしている時の心の持ち方が変わった。自分はエラーやミスをすると引きずってしまう所があったが、メントレをやるにつれて心の持ち方がだんだんと前向きになり、強い気持でプレーできるようになった。自分に自信がついてきた。イラっとしても暴言を吐かなくなった。2つ目は将来の事やいろいろな事を考えたうえで進路変更した時に、前向きに頑張れるようになったことだ。野球面では家でトレーニングができるようになり、打たせて取れるようになってきた。生活面は自分のことは自分でするようになった。洗濯や皿洗いも手伝うようになった。メンタルの面白さをこの60日間メンタルトレーニングを通して得る事ができた。

N

  1. ・アファーメーションをしてマイナス思考からプラス思考に考える事ができるようになった。以前はインコースを要求されるとデッドボールのイメージをしてしまい、実際にそうなってしまっていた。しかしイメージトレーニングのレッスンを受けて良いイメージを持つように意識するようになり、試合ではよいイメージをしてインコースに自信をもって投げられるようになった。連投できるようになった。

N

  1. ・60日間メンタルトレーニングを通して得た物はとても多かった。特に大きかった事は、周りの人の事を考え、行動する事ができるようになってきたことだ。3年生なので後輩が気を遣って動いてくれるが、自らもちゃんと気を遣って動く事を大切にした。学校生活の中でも先生がたと笑顔で会話したり、話にのったりうなずいたりした。すると先生も分からない所を丁寧に教えてくださったりして、「自分から与えると与えられる」という言葉を本当に理解する事ができた。周りに及ぼす影響もとても多い。「言葉の威力」のレッスンで学んだことを繋げてみても、プラスの言葉を発することにより、周りの人に与えられるということがわかった。野球はベンチ、スタンドも含めて全員で行うスポーツだ。一人一人の声や気遣いがプレーしている選手の勇気になり力になる。自分にしかできないことはチームの柱として周りに目を配る事だ。そんな自分を誇りに思う。「チームの為に」というのが自分のモットーなので、その考え方を教えてくれた深川先生、このメントレを手配してくださった先生方、保護者の方々、OBの方々、そして仲間に感謝している。また自分に勝つという習慣が身につくようになった。野球面では盗塁が多くなり、送球が安定してきた。勉強面ではSPIの試験で良い点数が取れた。またテストの平均点も上がった。靴を揃える事、挨拶することが当たり前になった。

H

  1. ・60日間メンタルトレーニングを通して習慣を変える事ができて、とても自分のためになった。コツコツ積み重ねていく事の大切さを実感し、素振りや弁当箱洗いなどをして、継続力がついた。結果も少しずつでてきた。また前向き肯定的な考え方や言葉をよく発するようになった。良いイメージの作り方を知ることができたり、人間は誰でも変わる事ができることなどを学ぶ事ができた。以前よりも自分の事が好きになれた。

F

  1. ・目標設定して達成のために毎日チャレンジすることで、生活面では靴を揃える事や身の回りの整頓が徐々に習慣になっていった。トレーニング面や勉強面でも成果がでるようになった。

M

  1. ・受講前は悪いイメージを持ったまま守備を行ってきたため、大事な場面でのエラーや、速い打球のエラーが多かった。「自分の所には来るな」と思っていた。しかし、メントレを通していいイメージが出来るようになり、「自分の所に来い」と思えるようになり、そしてボールがきたら「ありがとう」と思ってプレーが出来るようになった。レッスンの中で夢が実現した時の喜びをイメージして、目標達成に向けて継続して努力できるようになった。一番変わる事ができたのは言葉使いだ。いつも笑顔でいることが多くなった。また生活面では靴を揃える習慣がつき、食器洗いや洗濯を手伝うようになった。

M

  1. ・メントレを通して前向きなことを考えるようになった。受講前はミスして怒られると引きずってしまい、前を向く事ができていなかった。辛い事があったら逃げてしまったり、自分自身に負けてしまうことが多くあった。そんな自分に一番大きな影響を与えてくれたのが「言葉の威力」のレッスンだ。今までの自分はマイナスの言葉ばかり食べていて、多くの面で損してきていたということがわかった。そしてこれまでの自分を改め、前向きでプラスなことを考えられる自分になろうと決めた。始めは自分で意識して前向きなことを考えていたが、だんだんと意識しなくても物事を前向きに捉えられるようになってきた。プラスのイメージをもつことができるようにもなった。これからの生活の中で周りにも良い影響を与えられる人間になりたい。また目標を考えるだけでなく鮮明に描けるようになった。人前で話す事ができるようになった。

Y

  1. ・大きく変わった所が2つある。1つ目は前向きな考え方になったことだ。特に勉強の事になると「面倒くさい」「嫌だ」「こんな事をやっても意味がない」といってあまりやらなかった。今では良い成績をとって進学、就職をするという考え方に変わり、毎日勉強を続けることができている。2つ目は失敗した時の切り替えが早くなったことだ。前は失敗を引きずってまたすぐに違う失敗をしていたが、今は何故失敗をしたのかをしっかり振り返ったり、違う事をしてみたりするようになった。また以前は打席に立って(どうせ打てない)などと思っていたのが、今は自信がもてるようになった。

Y

  1. ・自分は受講前までマイナスイメージを頭で考えて行動していたが、60日間メンタルトレーニングで少しずつプラス思考になってきた。勉強面ではテスト勉強の取り組みが早くなり、集中して勉強できるようになった。生活面では受講前は練習で疲れていたり、学校で嫌な事があるとすぐに物や言葉や出していたが、今は自分から家の手伝いをしたり、家族との会話を楽しんだりしている。親に感謝するようにもなった。

Y

  1. ・深川さんの講話やCDを聞いていくうちに、メンタルトレーニングは意味があることだとわかってきた。変わった所もあれば変わっていない所もあるので、少しずつ良い大人、良い人間になれるように変わっていく。

Y

  1. ・技術的にも精神的にも成長する事ができた。以前は家で素振りなど全くやらず、テスト前以外は家で勉強もしていなかった。しかし深川さんの講話の中で実際に実践して伸びた選手がたくさんいると聞き、自分も信じてやってみようと思った。最初は達成できなかったが徐々にできるようになり、最終的には全勝できるようになった。試合でも結果がでるようになり、練習するのがたのしくなった。勉強でも苦手の専門科目でいい点を取れるようになった。教わった目標設定の方法は引退しても自分の将来のために続けていく。またアファーメーションをすることによって気持に余裕ができ、精神的にもすごく楽になった。

Y

  1. ・プラス思考になり、前向きなイメージがもてるようになった。試合でよいピッチャーと当たった時には「打てないだろう」と思ったりしていたが、今の自分はアファーメーションを使うことで良いイメージをもって打席に入れるようになった。また継続の力を身につける事ができた。以前は目標を立ててもなかなか続ける事ができていなかった。しかし、目標を明確にしてそれを紙に書く事によって続ける事ができたと思う。今後も目標を紙に書いて本気になってやり通して目標を叶えたい。

W

  1. ・前向き肯定的に物事を捉えることができるようになってきた。どんなにピンチの場面で打席が回ってきても「ここで打ったら活躍できる」と心から思えるようになった。しかしまだ結果がともなっていないので、これからも継続していく。また自分との約束が守れるようになり、毎日継続する力が身についた。

W

  1. ・気持の持ち方が変わり、継続する力がついた。前までは試合の1打席目が駄目なら悪いイメージがそのままついてしまい、その試合はノーヒットに終わってしまう事が多かった。しかし60日間メンタルトレーニングをやるにつれ、試合の入り方が変わった。試合前に良いイメージをもちながらバットを振ることから始め、試合に入るとネクストバッターの時に良いイメージを再確認してからバッターボックスに向かうようになった。その結果、イメージ通りにいったり、1打席目が駄目でも2打席目にはしっかり結果が残せるようになったりしてきた。また受講前は時間が遅いというのを言い訳に、家での努力を怠っていたが、目標設定することでどんなに時間が遅くても時間を決めてやったりして継続できるようになってきた。
▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 良い顔をして野球を行う生徒が増えた。
  • 試合、練習でミスしても表情に出さず、自分なりに心を整理して次の行動に移る生徒が増えた。
  • 継続して実践項目を取り組めている生徒は、小さいなりにも自信が持てているようで、発言にも重み(説得力)が増している。
  • 練習後の自主練習の取り組みがやらされているものではなく、自分でテーマをもって行っていた。
  • 目を見れる選手が増え、気になる選手が減った。
  • 多方面で選手の成長を感じた。
  • プラス思考で選手がプレーできるようになった。ミスも引きずらず、上手く切り替えができるようになった。
【 修了式に参加して 】
  • 生徒自身がとても深いところまで考えられていた。スピーチも大きな声で話せており、大変嬉しく思った。
  • 継続して実践項目を取り組めている生徒の自信が発言にも表れ、短期間で成長したと改めて感じた。
  • 4月に赴任した最初の頃はメントレを全く信じていなかったが、選手の行動、言動が変わっていくのを肌で感じて、今現在は考え方が180度変わった。3分間スピーチを聞き、感動した。3分間、自分の口で胸を張って話している選手の姿を見て、信じられなかった自分の考えが情けなくなった。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 時間はみんな同じように与えられている。それをどのように使うか、考えるかは人それぞれ。私も子どもたちを見習って前向きに考えていこうと思う。言葉は伝染する、自分に返ってくる。感謝!!
  • 以前は帰宅するととても不機嫌な様子だったが、最近は「ただいま」「お腹すいた」など食事が終わってもリビングにいて、聞けば答えるという感じになった。積極的に冗談まじりに声かけをしても、以前は無視状態だったが、今では反応して笑顔も出るようになった。
  • 疲れて帰宅した後もコツコツと素振りをしている。
  • 玄関の靴をきっちりと揃えるようになった。
  • 家族に対する思いやりの気持が強くなった。
  • 「自分の事が以前より好きになれた」という文面を見て、自信をつけてくれたのかなと嬉しくなった。
  • 素振り、勉強、野球以外のこともコツコツ続けて、両立しなければいけないことに気づいたようだ。
  • 目標を立てて努力できるようになった。
  • 自分の事は自分でできるようになった。
  • 積極的に前に出れるようになった。
  • どれだけ遅く帰ってきても必ず素振り、筋トレをするようになり、洗濯が終わる時間になると必ず干すのを手伝って「ありがとう」と声をかけてくれるようになった。試合の前日も「勝てる気しかしない!打てる気しかしない!!」ととてもプラス思考になり、実際にバッティングが良くなっているように感じる。
  • 感謝の言葉を口に出して表現することが多くなった。
  • 今までは寝てばかりだったが、メントレを始めてからは継続して勉強するようになった。
  • 気持のよい挨拶ができるようになった。
  • 食事の時に「おいしい」と感謝の言葉を素直に言ってくれるようになった。
  • ホームランを打たれたり、デッドボールを与えた後の投球が崩れなくなった。
  • 残り少ない高校生活の過ごし方や、仲間の大切さなどわかりはじめ、それを口にするようになった。
  • 挨拶、返事が良くなった。弟が喜んでいる。弁当箱を洗うようになり驚いている。
  • 就職に関する事や野球以外の面で、自分で進んでやるようになった。生活面では前向きに考えられるようになった。 
  • 自信をもってプレーしているのがわかる。
  • おとなしい性格だったので人前でハキハキとスピーチができるとは思わなかった。生活態度も率先して動くようになった。
  • 靴を揃える事ができるようになり、帰宅してトレーニングをしているが、前よりも回数が増えている。前向きに自分からやっている姿に驚いている。意識がプラスになった。
  • 今回、夏の大会でベンチ入りできなくて、本人は悔しい思いをしたと思うが、夜に「今回は背番号をもらえなかったけど、2年半、野球ができたことに感謝します。ありがとうございました。」と一礼された。親として子どもが成長したことがとても嬉しかった。
  • 食事の準備をしていたら、何も言われなくても自分から進んで手伝いをしてくれたことがあり、今までになかったことなのでビックリした。
  • 入学したての頃は想像以上に大変だったらしく愚痴やマイナスな言葉をよく言っていた。1年経ち体力はついてもメンタル面は成長しきれていなかった。子どもと大人のはざまを、いろいろな思いで揺れているのだと思った。そのあやふやで揺れている心を、このメントレを通して、自分を見つめ、相手を知り、考えることで大人に成長しつつあるのだと思う。たった60日、されど60日。これからにつながっていく良い期間だったと思った。
  • 毎日の生活の中で自分の行動を意識している、ちょっとした小言に対して反抗的だったが、今では聞く耳を持ち、切り替えるようになった。自分をコントロールできるようになり、性格的に落ち着き、穏やかな感じがでてきた。
  • 以前はいろいろな事に逃げていたが、「少し早めに行って水取りをする」など積極的な行動がとれるようになった。
  • 初めて欠点がなかった。2週間前「もう欠点はとらないよ」とポツンと言っていた。これは大~きな変化だ。
  • 以前は自分から進んでやる事がなかったが、受講後は自主的に行動する事ができるようになった。仕事で疲れている私に対しても気遣いしてくれるようになった。
  • 嫌な事から逃げず、前向きになった。人のせいにしたりせず、自分がこうしなきゃいけないということに気づいてきたようだ。
  • 生活態度、考え方など変わった。以前は人前に出ると上がってしまい、言葉がでなかったりしていたが、今日、人の顔を見ながら話をしている息子を見ると人間が変わったように見える。
【 修了式に参加して 】
  • メンタルトレーニングを受講した選手全てが自分の変化について自覚していること、短期間にもかかわらず、これだけ意識改革ができ、素晴らしいと思う。今すぐに100%完璧にできなくても、その思いがこれからの人間の成長に大きく役立つと思う。大人にとっても目からうろこの思いがして、私自身しっかりやろうと思う心が芽生えてきた。話を聞いても行動するのは選手だ。目標のために努力できる事は、その人にそれだけの能力があったと思う。今日、修了式に参加してとても良かった。
  • とても人前で3分も話せる息子ではないと思っていたので感動した。これからも失敗を恐れず、経験として何事もプラス思考で社会に旅立ってもらいたい。成長が楽しみだ。
  • とても良いトレーニングを受けさせてもらって有り難い。
  • 選手達の話を聞いているだけで涙が出そうになった。こんなに立派だったっけ?とビックリした。甲子園という目標だけでなく、この先、子どもたちの人生にとても役立つと思う。困難にぶつかった時にも、絶対に乗り越えていってくれるだろうと思う。
  • 高校生の時にこのようなトレーニングを受ける事ができて、今後の人生に大きく貢献してくれると思う。
  • 前までは息子に対して「大丈夫?」と心配ばかりしていたが、今日のスピーチではしっかりと自分の気持が話せていて、頼もしくなったと安心した。・社会で生きていくのに間に合って良かった。
  • しっかりしたプログラムをもってやっているのがわかり、感心した。
  • みんなが人間的に成長したと思った。将来あるみんなにとって良いと思った。先生に巡り会えて感謝している。
  • 一日一日の積み重ねのトレーニングで、充実した中身の濃い毎日を過ごせたと思う。これからが楽しみだ。
  • 個々人がよく出ていて、みんなとても素晴らしい発表ができていることにびっくりした。親が考えるよりも1日1日、色々な事を学べるいい時間をすごせていると、改めて感謝した。
  • 司会していた生徒は小さい頃から知っているが、本当に人前でしっかり話ができ、自分の考えをしっかり聞かせてくれ、その成長ぶりに涙がでそうになった。目標を持ち、コツコツ努力、実践にていくことの大切さを感じた。
  • 全ての子がマイナス思考からプラス思考に変わろうと努力している事が伝わってきた。
  • みんな真面目に取り組んでいたのが伝わってきた。
  • 大勢の人の前で発表できる姿を見て、頼もしく思った。
  • 習慣を変える事の大変さはわかるので、それを実践してきた子どもたちはすごいと思った。
  • メントレを受ける前と後では、確実に子どもたちの意識が変わっているという事を感じた。

メンタルトレーニング修了式に参加された一年生、マネージャーの声

【 修了式に参加して 】
  • 前できていなかったことが出来たり、家での時間を大切にしていたり、すごく成長していて、これからがすごい楽しみだと思った。
  • 最初はあまり乗り気でなかったのが、日が経つにつれ、みんなの口から「ためになる話だった」とか「自分も気をつけなきゃいけない」などの声が多くなっていき、修了式のスピーチからは、本当に今まですごい話を聞いてきたんだなと思った。部員の変化は全て良い方向のもので、こんなにも素晴らしい変化をさせてくれた深川先生には、とても感謝しなければいけないなと思う。
  • 継続する事や、自分に負けない努力をする事が大切だとわかった。深川さんの話を聞き、考え方を変えれば高い目標を持つ事が出来ると思うし、その目標に向かってどんな努力をするかなど、行動も自分の中で明確になり、目標達成が近づいてくると思った。メントレの重要さを理解する事ができた。
  • いろいろな人がこのメントレみたいなことをしたことによって、とても偉大な人になった人もいると聞き、このメントレを通して人として良くなっていくのだと感じた。プラスのイメージを持つ事でいい結果が出るという事が一番心に残った。
  • 自分は話す事が苦手で、家でも親とあまり話す事がない。先輩方のスピーチを聞き、今日からでも家で親などと話せるようにして家族関係を良くしていきたい。
  • スピーチをしている先輩たちの姿は新鮮で、少し驚いた。ピンチで押さえたりチャンスでヒットを打ったりできるのは、日々の練習プラス目標設定による自主練からきているんだなぁと思った。
  • すごく堂々としていて、不安がなく、自信をもってスピーチしていたので、メントレの効果と先輩がたのメントレに取り組む姿勢が表れていたと思う。野球にメンタルが重要なのか?という疑問をずっともっていたが、先輩方がエラーしても次のプレーに引きずらずに切り替えて前向きにプレーする姿を見て、メンタルの重要性を知る事ができた。
  • 前向きな考え方で、いいイメージを持って練習に取り組んでいきたい。
  • 今まですごく大人に見えていた2、3年生の部員の方々にもいろんな事を悩んだ時期があったんだなと感じた。そしてメントレがすごくいい影響を与えているということがよく分かった。
  • 内面からも強い人間になれるメンタルトレーニングはすごいと思った。
  • 本当に意識して習慣を変えると人は変われると思った。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?
A.大変良かった(25人) B.良かった(8人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(1人)
Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?
A.はい(34人) B.いいえ(0人)
Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(34人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(24人)
  3. c.継続の力がついた(26人)
  4. d.努力できるようになった(28人)
  5. e.目標設定できるようになった(31人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(32人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(23人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(26人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(32人)
  10. j.自信がついた(21人)
  11. k.積極的になった(23人)
  12. l.感謝するようになった(29人)
  13. m.明るくなった(21人)
  14. n.笑顔が増えた(23人)
  15. o.向上心が増えた(30人)
  16. p.精神的に強くなった(26人)
  17. q.あきらめなくなった(27人)
  18. r.気持ちの切り替えが早くなった(27人)
  19. s.視野が広がった(18人)
  20. t.優しくなった(17人)
  21. u.集中力が増した(18人)
  22. v.自分が好きになった(15人)
  23. w.その他[夢の数が10個から100個に増えた・失敗を恐れずいろいろと挑戦できるようになった・イラっとしても暴言を吐かなくなった・どんな困難にも立ち向かう事ができた・ピンチでも焦らずにプレーできるようになった・打席で打つ方向と配球を落ち着いて相手の気持になってできるようになった・人の事を考えられるようになった・悪口を言わなくなった・ピンチの時こそ今自分にやれることを考えてしっかりできるようになった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(30人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(15人)[ヒットが打てるようになった・スイング力up・打てるようになってきた・打たせて取れるようになった・試合でのヒット数up・連投ができるようになった・インコースに投げられるようになった・盗塁が多くなった・送球が安定するようになった・体つきが良くなった・球速up・打撃が良くなった]
  3. c.競技や練習が好きになった(22人)
  4. d.練習時間が増えた(17人)
  5. e.練習内容が充実した(19人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(25人)
  7. g.一体感がでてきた(21人)
  8. h.声が出るようになった(22人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(32人)
  10. j.その他[チャンスに強くなった・ピッチングで崩れにくくなった・満塁になっても落ち着いてプレーができるようになった]
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(19人)
  2. b.勉強時間が増えた(13人)
  3. c.成績、順位が上がった(6人)[A科トップ10入り・学年順位15位up・テスト順位up・SPIの試験で良い点数がとれた・テストの平均点up]
  4. d.授業態度が変わった(21人)
  5. e.スピーチできるようになった(19人)
  6. f.勉強がわかるようになった(21人)
  7. g.将来の目標が決まった(26人)
  8. h.本や新聞を読むようになった(8人)
  9. i.その他[勉強と生活の切り替えができるようになった・意欲がわいてきた・提出物を期限前に出せるようになった・字を丁寧に書くようになった]
4:人間関系・親子関係
  1. a.人間関係が良くなった(26人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(26人) 
  3. c.親のありがたみや大変さがわかった(31人)
  4. d.感謝するようになった(29人)
  5. e.感謝されるようになった(14人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(27人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(29人)
  8. h.接し方が変わった(20人)
  9. i.家庭での会話が増えた(21人)
  10. j.その他[イライラすることが減った・自分の気持をしっかり伝えられるようになった・会話する友達が増えた]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(12人)[一人で物事を解決できるようになった・靴を揃える・食器洗い・洗濯・弁当箱洗い・ダメな事に対して自分でストップをかけられるようになった・洗濯物を出すようになった・気づいたら行動に変えられるようになった・自分でいろいろ判断できるようになった]
  2. b.良い習慣がついてきた(20人)[トレーニング・勉強・靴を揃える事・続ける習慣・身の回りの整頓・挨拶・家や学校での手伝い・無駄な時間がなくなった・丁寧に字を書く事・自分に勝つ習慣。毎日コツコツ努力すること・自分の良かったことを振り返る]
  3. c.手伝うようになった(14人)[食器洗い・洗濯・風呂掃除・ユニフォーム洗い・食事の準備の手伝い・皿を運ぶこと・玄関掃除]
  4. d.生活リズムがよくなり充実してきた(16人)
  5. e.時間管理ができるようになった(23人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(20人)
  7. g.健康管理できるようになった(25人)
  8. h.生活が楽しくなった(21人)
  9. i.その他[食事の量が増えた・意識が高くなった・生活習慣が変わり夢のために時間を使えるようになった]
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?
A.はい(31人)B.いいえ(2人)
▲ページの先頭にジャンプします
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket