三ヶ日高等学校 硬式野球部

修了式のアンケートより
三ヶ日高等学校 硬式野球部

メンタルトレーニングを受講された生徒の声

S

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講して一番変わったのは、緊張を楽しめるようになったことだ。春の大会では緊張してベンチ内をうろうろしたり、打席で足が震えたり、ピンチになると声が出なくなって、(自分の所にボールが来ないように)と思ったりしていた。でもメントレの中での3分間スピーチや、試合中のアファーメーションなどで自分に自信をもつことができた。また試合でエラーやミスをしても落ち込まずに次のプレーにどうつなげるかを考えられるようになった。毎日1000スイングをやり、スイングスピードが上がった。自分が1番バッターとして打線の軸となっていかなくてはいけないので、朝早くに何人かで集まってバッティングなどをした。1年前だったらすぐにやめていたはずだが、今はやり続けることが当たり前になってきた。勉強面では順位が上がった。表情も良くなってきた。まだまだ自分には直すべき所がたくさんあるが、2回目のメンタルトレーニングをやって、また一つ自分を成長させることができた。

M

  1. ・今までたくさんの障害に当たってきて乗り越えられたのは、このメンタルトレーニングをやって、これを乗り越えたら絶対に強くなれると思ってこられたからだと思う。お父さんが入院しても、これを障害だと思ってプラスには考えることはできなかったけれど、「絶対に乗り越えて強くなってやる」って思う事ができた。少し悪い事も想像してしまったけれど、母がすごく心配していたから、「自分は絶対に良いイメージしかしないぞ!」と心に決めて、家族の手伝いとかをやった。母に「メンタルトレーニングをやっていてくれて良かった」と言われた時はすごく嬉しかった。親に負担をかけた分、このメントレを夏の大会に最大に活かして絶対に甲子園に行く。これからの人生に役立てていき、勝利者やチャンピオンの考え方をもって、自分を支えてくれている全ての人に感謝して、この人生を送っていく。また沢山の人に与えられるような人間になり、自分に自信をもっていく。

N

  1. ・気持の持ち方が大きく変わった。今までは「ただ勝てば良い。自分のピッチングが良ければそれでいい。」と思って野球をやっていた。しかしこのメントレをやっていくうちにだんだんとその考えがおかしいことに気づいた。野球は勝つ事だけが全てではなく、三ヶ日高校野球部の目的「人間力の向上」のために野球をするという言葉の意味がやっとわかった。メントレではチームメイトを大切にすることも学んだ。ただ優しい言葉をかけ続けてもその選手にとっては何もプラスにならないので、時には厳しい事を言う時もあったが、このメンバーでここまでやってこれて良かったと本当に思う。感謝することが習慣になった。手伝いが出来るようになった。野球面では力の伝え方がわかった。試合の中で余裕が持てるようになり、特にピンチで強い気持になれる。高校を卒業したら就職しようと思っている。どんな仕事に就いても、常に高いレベルを目指して、周りの人に感謝の心を持てるような人になっていく。

K

  1. ・夢や目標を持って諦めないで願い続けることが大切だとわかった。そして夢を書き出すことが良いと知り、夢ノートに書き出して、書き出した夢が叶うように努力している。以前は嫌なことがあるとすぐにカッとなってキレる事が多かったが、メントレをやって我慢強くなった。また自分に不利な状況でもプラスに考えて困難を打開できるようになってきた。後輩をまとめてチームの為にと思えるようになったり、人のために何かをやろうと思えるようになったりしてきた。笑顔で挨拶することが習慣になった。また勉強面でも漢字テストで満点を取る事が増えた。

S

  1. ・目標設定をして、苦手な数学を重点的に勉強することができた。印象に残っているのは、潜在能力のレッスンだ。自分にはたくさんの可能性があると思い、世界が広がったような気がした。まだまだ上手くなれると強く感じた。アファーメーションをした時には今までにない気持よさが降り注いできた。本当になりたい自分になれるような気がした。メンタルトレーニングは驚きの連続だった。人に与える事ができるようになりたいと思った。朝早く起きるようになり、生活習慣が変わった。ゴミなど気づけるようになり、弁当箱を洗うようになった。トレーニング面では腹筋と背筋がついた。

A

  1. ・受講前は現実から逃げていた。また試合でエラーすると声が出なくなってしまった。チームではなく、自分のことばかり考えていた。でもメントレで話を聞き、自分がやらなければならない事は出来る限りやろう、もし失敗しても、試合が終わるまでは一生懸命やり、後で失敗の原因を考えて、反省し、次に活かそうと思えるようになった。何より一番変わったのは字がきれいになったことだ。勉強面で「字を丁寧に書く」という目標を立ててやってきて、前より見やすくなってきた。メントレをやっていくと、自分がよくなっていく。

I

  1. ・一回目より、目標達成のための取り組みを意識してする事ができ、レベルも高くなった。「俺はチーム一のホームラン王だ」というアファーメーションを作って目標達成のために毎日取り組んだ。スイングスピードが上がりボールに当てる技術が良くなってきた。一番印象に残っているのはチーム形態の話だ。一人一人が自立している人間の集まりがかけ算チームだと知った。甲子園に行くチームにふさわしくなれるようにチーム全員で頑張っていく。

O

  1. ・メンタルトレーニングを受講して、去年の自分よりも本気になれた。1年前は先輩たちのために勝ちたいと思い練習に取り組んでいたが、その時は自分たちのエラーで負けてしまったようなもので「もっとやっておけば良かった」と後悔した。今回、夏に向けて練習をしたが、自分の思い足らずで監督に怒られたり、レギュラーを外されたりした。でもそのお陰で自分のすべき事がわかった。今は全員が本気になって練習に取り組んでいる。支えてくれている全ての人への感謝の気持を心にしまって夏の大会、全力でプレーする。

O

  1. ・自分は人の話を聞くのがとても苦手だったが、3回目ぐらいから話がちゃんと聞けるようになった。生活面の目標を立てて、皿洗いなどお母さんの手伝いをしたら、1週間で疲れてしまった。これを毎日やっているお母さんはスゴイと思った。普段やらない事を体験してお母さんの仕事を少しでも減らそうと頑張った。中学の時、たくさん迷惑をかけたなと反省した。全然やっていなかった勉強も少しずつやるようになった。自主練習もみっちりやるようになって、スイングが鋭くなった。そうしているうちに生活習慣ができた。悪いイメージをすることが少なくなって、プラスに考えることが増えた。

O

  1. ・一番自分が変わったところは、相手の目を見てコミュニケーションをとれるようになった事だ。目標達成に向かって毎日努力する事で良い習慣が身につき、自分に負けないようになった。勉強する事が習慣になり、野球面では打球の質が変わった。この60日間メンタルトレーニングはすごい人が変われるトレーニングだ。

O

  1. ・2回目はメントレの深いところまで自分の中に入ってきて、理解する事ができた。変わったところは自分に自信がついたことだ。3分間スピーチも去年は緊張してかんでばかりで、すごく汗をかいてビッショリになっていたけど、今はあまり固まらずにスムーズに話せるようになった。もう一つ変わったところは、迷ったら前に進むと決めたことだ。迷った時、勇気がいる方をやってみると、良い事がたくさん起こってうまくいったりすることが多いので、やってよかったと思うことがあった。野球面では効率が良くできるようになった。またキャッチングが上手くなった。

O

  1. ・家族とのコミュニケーションが楽しくなった。以前は母に「お帰り」と言われても面倒くさくて無視していた。でもメントレを通して感謝の気持が出てきて「ただいま」と言えるようになった。やっていて良かったと素直に思った。また自分に自信が持てるようになった。

S

  1. ・継続する力が身についた。目標達成のためにする事をより質の高いものに設定してチャレンジした。毎週達成することができて、自信になった。いろんな場面で緊張を楽しめるようになった。以前は人前に出て発表することは得意ではなかったが、3分間スピーチをしたことで人前で話す事の楽しさを知ることができた。レッスンの中ではアファーメーションが印象に残った。これからもプラスな言葉を言い続けていく。

S

  1. ・2回目だったけど、改めてメンタルトレーニングってすごいなぁと思った。自分のメンタルは弱いなぁって感じることがたくさんあった。大会でもすごく緊張してしまい、思うようなプレーができなくて、自分でもどうしたらいいかわからなかった。でもこのメントレを受けてマイナスに考えていたことをプラスの考え方にしようと毎日生活していた。そうしていく内に嫌だったことが好きになったりして、考え方を変えることで自分の思いが変わってくることを体験した。本当に驚きだ。緊張も楽しめるようになった。目標達成のためのチャレンジは日が経つにつれて「パーフェクト達成してやる」という思いがだんだんと強くなってきた。トレーニング面では「4割バッターになる」という目標を立てて取り組んだ。スイングスピードが上がった。毎日勉強する習慣がついて数学がわかるようになった。生活面は自分で考える事ができるようになった。トイレ掃除を手伝うようになった。

S

  1. ・一番大切だと思ったのはチーム作りのことだ。部活、クラスメイト、家族という3つのチームについて考えて、家族というチームをもっと大切にしていかないといけないと思った。コミュニケーションが苦手だったけど、たくさんの人と話をすることで前の自分とは違う自分になってきたと思う。自分に自信が持てた。また勉強の習慣がつき順位も10番以内になった。手伝いも少しずつできるようになってきた。

S

  1. ・グループミーティングの中で積極的に発表することができた。3分間スピーチは緊張したが、かみながらもなんとか終える事ができた。目標達成のためのチャレンジで、トレーニング面では主に筋トレをして、自分を追い込むことができ、入学時の自分より強くなっている。勉強する事が楽しくなって習慣になった。漢字テストは満点をとれるようになり、テストでも思った以上の点を取る事ができた。生活面では皿洗いや親の手伝いをやって、親の気持がよくわかったし、感謝しなければならないとも思った。目標をたててそれに向かっていくという事はとても大切なことだし、達成したときの喜びを感じられるので良い経験だった。プラスに考えられるようになり、諦めなくなった。家族や友達との会話が増えた。

T

  1. ・2回目の受講で最初はなつかしい気持と楽しみな気持が強かった。再度メントレができることや野球ができること、たくさんご飯を食べられることなど全て親のお陰だと深く感じることができた。たくさん大事なことや必要なことを感じることができ、チームのアファーメーションも新しくなって、さらに自分たちの気持が高くなっていった。秋は自分たちで21世紀枠をとると決めた。野球面ではサイドスローのフォームが安定し、体力もついてきた。

T

  1. ・セルフモティベーターになり、プラス思考になった。人としても強くなれたと感じる。野球面では守備範囲が広くなり、(自分の所にボールがこい)と思えるようになった。基礎を大切にする事ができた。ピンチでも楽しめるようになった。チームの事を考えるようになった。勉強の習慣がついて、わからない所は聞けるようになった。人間関係ではあまり話さない人とも話すことができた。生活面は食器片付けが習慣になり、皿洗いなど手伝うようになった。

T

  1. ・自分のためになることを学ぶことができた。一番印象に残っているのが、「良い言葉を食べる」という所だ。メンタルトレーニングをやるまでの自分はマイナス思考なことばかりを考えていたが、今ではプラスに考えようと日々思っている。目標達成のためのチャレンジで一番頑張ったのはトレーニング面だった。主に体作りをやった。最初はとてもきつかったけど、最後のほうになるにつれ、楽にできるようになった。球のスピードが速くなってきた。勉強も毎日コツコツするようになった。生活面は玄関掃除をやった。メントレをやって自分の知らなかった事や驚く事がたくさんあった。また来年もやりたい。三ヶ日高校に入学してメンタルトレーニングが出来る事はとても幸せなことだと思う。受講させてくれている親に感謝して、親のためにも生活面での目標設定してやっていきたい。

T

  1. ・3分間スピーチが自分に一番効果があった。自分の考えている事を人前で3分間もスピーチするということはなかなかできない経験だ。最初は嫌いだったスピーチも3年間積み上げていくことでだんだんと慣れてきた。NHKのテレビ取材ではカメラの前で話したり、もう中学生さんと話したり、全校生徒の前で話したりとたくさんの経験をしてきた。緊張もどんどん和らいでいった。

N

  1. ・トレーニングCDの聴き始めは落ち着きがなく集中して聴く事ができなかったが、最後の方は集中して聴けるようになった。週一回深川さんが来てグループミーティングをした。楽しくて3時間がすぐに過ぎた。アファーメーションを作ったり、イメージトレーニングのために実際に作ったりいろいろやった。目標を立てて、自分でやると決めた事は継続してやることができた。野球面では筋力がかなりつき、生活面では人に頼らずに自ら考えて行動するようになった。皿洗いや教室の掃除が習慣になった。一番頑張ったのは勉強面だ。大学進学のために毎週自分に合った勉強の課題を立てて取り組んだ。

N

  1. ・変わったことの一つ目は自分自身を客観的に見られるようになった事だ。メントレをやっていく中で自分のことがだんだんとわかってくるようになり、試合の中で自分の心をコントロールできるようになった。二つ目は相手に思いを言えるようになったことだ。自分のことも、チームの事も考えられるようになった

N

  1. ・一回目よりも深い所まで理解する事ができた。3分間スピーチは、あまり大勢の人の前で話すのは好きではないけれど、自分がやってきた感想やこれからどうしていくかなど、その思いを伝えることはとても良い気分になった。一番頑張ったのは、トレーニング面だ。去年は数をこなしてやればいいと思っていたが、今回はしっかり気持を入れ替えて取り組むことができた。

M

  1. ・「チャンピオンや勝利者の考え方を身につける」というメントレの目的をしっかり理解する事ができた。自分の長所、短所を受け入れて自覚する事ができた。イメージトレーニングの手法を自分のものにすることができた。時間に計画性がでてきた。また打つ時の緊張を楽しむ事ができた。

M

  1. ・人間的に成長できた。物事の考え方が変わった。「嫌だな」「面倒くさいな」など否定的でマイナスな考え方が多かったが、メントレを通して「何のためにやっているのか」ということを考えてやれるようになった。

Y

  1. ・今回のメンタルトレーニングは絶対に成功させて素晴らしいものにしよう!という意気込みで臨んだ。それは以前よりもはるかに親に対する感謝の心が芽生えたからだ。「親にしてもらっていることを当たり前と思ってはいけない」と反省した。「変わろう!」と思い、メントレに対する態度が前回とは全く違った。自分で成長したのを感じる事ができた。レッスンの中で印象に残っているのは「目標達成するために」「アイデンティティ」「自立人間になる」という所だ。また3分間スピーチの積み重ねでだんだん緊張を楽しめるようになった。生徒会長としても人前で話すことが多く、文化祭などでは成功することができてとても嬉しかった。

Y

  1. ・受講前は本当に短気で暴言をはいたりするような性格で、マイナス思考でマイナスの発言が当たり前の生活だった。でも今では少しずつプラスに考えることが習慣付いてきた。すごく気が短かったけど、受講してから周りの人のことをプラスに考える事ができている。親のありがたみや大変さもわかり、感謝するようになった。

Y

  1. ・たくさんの事を吸収できた。「紳士たれ」という言葉がとても印象に残っている。自分は心が弱いが、紳士になるためには心を強くしていかなくてはいけない。そのために何事も前向きに捉えるようにした。結果、どんな困難にぶつかってもその事に感謝して乗り越えることができた。まだ決して強い心の持ち主になったわけではないので、何事も前向きに捉えていく。このメントレで「永遠の0」という本にであった。そして自分よりも仲間のことを思う主人公に心打たれた。自分も彼みたいに自分より仲間の事を思う選手になる。メントレは自分を変えた。まだまだ変われるので、絶対に変わってみせる!

W

  1. ・自分はすごく変わった。受講前はマイナス思考だったし、自分で決めた事も三日坊主でやめていた。メントレを通して新しい発見ができた。自分で決めた事をやる習慣が身について継続力がついた。また今ではいいイメージで打席に入れるようになったし、少しずつ結果も良くなっていて、効果がでてきている。勉強面では漢字テストで毎回満点が取れるようになった。英語の小テストの点もよくなってきて、やればやるだけ結果が良くなる事がわかった。

W

  1. ・いろいろなことを知ることができ、マイナスな考えも今はプラスな方に考えるようにしている。目標達成に向けたチャレンジは、最初は大変だと思いながらやっていたけど、毎日やることによって習慣づいていった。勉強面では前までわからなかった問題がわかるようになってきて、問題が解けたときの嬉しさは忘れられない。皿洗いも最初は大変だったけど習慣もついてきて、親から「ありがとう」と言われた時はとても嬉しかった。野球面は守備範囲が少し広くなった。また時間を上手く使う事が習慣になった。

W

  1. ・2回目のメントレを受けて、一つ一つの話がつながっていると感じる事ができた。メントレのお陰で考える力もつき、心が成長しているのも自分で確認できた。また自分の考えや思っている事を言うのが楽しくなった。また相手の気持を常に考えることが習慣になった。野球面では総筋力が上がり、体力も向上した。生活面は自分でなんとかしようと思うようになった。
▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 考え方の種類が増えた。選手一人一人の気持がわかるようになり、言葉の掛け方が変わってきた。この経験が必ず自分の将来につながっていくと実感した。
  • 自主練習の雰囲気が変わった。
  • 仲間意識が向上した。
  • しゃべれる生徒が増えた。
  • 勉強に取り組む姿勢が良くなった。
  • 前向きな言葉が増えた。
【 修了式に参加して 】
  • きっかけがあると人は変われるということがわかった。全員が一つになったと感じた。
  • 生徒の個性が見られて良かった。
  • 納得された父兄の言葉が聞けて安心した。
  • 雰囲気が本当に良かった。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 今回は2回目の受講だったが、2年前より去年、去年より今と親子の会話が増えてきて、嬉しく思う。メンタルトレーニング中に主人の入院があったが、その時から息子がとても頼もしく見えるようになった。言葉や行動により一層の変化がでてきた。
  • 前向きに考えるようになった。チームの仲間を思いやる心、強さと優しさ、感謝する心など、息子の成長を感じた。すてきな仲間に恵まれたこと、野球やトレーニングができることの幸せを感じるようになれた。
  • ベンチ入りできないことで、私たち親はかなりへこんだが、本人はもう次の事を頑張ろう!!とびっくりするくらい前向きになっていた。本当に×100にびっくりすると共に、「私たち親は何を落ち込んでるんだ!!」と恥ずかしく思った。いろいろと逆境が多く、本当に大変な思いをしてきているのに、弱音を吐かない強さはメンタルトレーニングのお陰だ。
  • 家庭での会話が増えた。「ありがとう」という言葉をたくさんもらえるようになった。疲れているときや眠くて仕方ない朝でも、しっかり挨拶してくれた。落ち着いて話ができるようになった。
  • 以前は口数が少なく、食事をして自分の部屋に入ってしまう生活だったが、最近は話しかけようとしている様子が見られる。
  • かっかしている時よりも余裕をもった姿が多く見られるようになり、心にゆとりができたように思う。笑いが多くなった。
  • 「自分なんか」とか「自分だけ良ければいい」といった考えが「自分もやればできる」と前向きに物事を考えるようになった。グランドでの自信が感じられる。
  • 何事に対しても前向きに考えられるようになった。自分の考え、自分というものを持てるようになった。
  • 人前であがり性の子が、この1年間でとても変わった。体力面だけ鍛えるのではなく、やはり心も強くするためのメンタルトレーニングが必要だと思う。
  • 挨拶がしっかりできるようになった。1年よりも2年になった時のほうが自主的に行動しているのが目に見えてわかった。毎日トイレ掃除をしていると、やらない日が気になるらしく、きれいな方が気持がいいという感覚を、身をもって感じる事ができた。
  • 2年間のメントレで毎年の変化が手に取るようにわかった。
  • 人前で自分の思いを言える勇気が持てた。言ったことには責任をもたなければならないので、しっかりやるようになった。
  • 相手を思いやれる優しい心と、どんな苦しい事でもあきらめずに自分のペースでこつこつやり遂げる強さを持った。子どもと一緒に私もいろいろ経験をし、辛かった事、心から嬉しかった事、本当に心から感動することができ、自分も成長できたように思う。
  • 手伝いをよくするようになり、時間のない中でも目標を達成しようという気持が見えるようになった。
  • 挨拶の声が以前よりはっきり聞こえるようになった。
  • 今までならベンチ入りできないと短気を起こしていたと思うが、今回は親の私が驚くくらい清々しい表情で部活に取り組んでいる。自分で変わろうとする力、変わりたいと思う気持に導いてもらい、感謝している。
  • 話すのが苦手で、1年前はスピーチをきいてる私がドキドキするくらいだったのに、今日は一芸ができるまでになっていてビックリした。
  • 素直になった。返事をするようになり「お願いします」「ありがとうございます」が言えるようになった。
  • 野球に対する考えや取り組み方が変わった。
  • 気持の中にある「感謝」を表に出すのは大人でもなかなか出来ない事だと思うが、「ありがとう」と言えるようになった息子に感動している。
  • 1年前は何か聞いても「あー!!」ぐらいしか返事がなかったけど、少しずつ話してくれるようになった。野球も自分なりに努力し、前向きに取り組んでいる。ベンチに入れずに得点番をしている自分にも何か出来る事がないかを考えて、自分なりに応援のアピールを考えたことが素晴らしいことだと思った。
【 修了式に参加して 】
  • 子どもたち一人一人が、人として成長があったと自分自身で感じている事に驚いた。野球だけでなく今後の人生にも大きく影響してくる事と思う。メンタルトレーニングを受ける機会に恵まれた事に感謝している。
  • 今日は、今までの高校生活の中で一番子どもの成長を見る事ができた。
  • 2年前に兄が受講したときとは違ったチームカラーがあることがわかった。3年生は更に成長していて意気込みが感じられた。
  • 自分自身もはっと思えた事が多くあり、参加して有意義だった。親子で成長を感じた。
  • 笑顔に感動した。
  • 昨年とは違う修了式でとても楽しくもあり、感動させられた。人前であまり緊張せずに話せるようになった。
  • みんなの思いがとてもよく伝わり、とても良い顔をしてスピーチしていたのが印象に残った。
  • 子どもたちの成長に驚きを感じた。
  • 達成感を感じ取る事ができた。
  • 社会に出て自分をアピールすることはとても大事なことで、最初はうまく話せなくても、繰り返す事によってうまく話せるようになるんだと思った。
  • スピーチの中でしっかりとした話をする子や笑いのある話をする子など、一人一人個性がでていて楽しい時間を過ごさせてもらった。
  • まとまりのある良いチームになった。
  • 「チームのために」という発表をする生徒が多かった。チームが一つになろうとしている気持が伝わってきた。
  • 子どもたちの表情が去年とは違い、真剣な中でも笑いをとるという余裕があった。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?
A.大変良かった(27人) B.良かった(3人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)
Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?
A.はい(31人) B.いいえ(0人)
Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(28人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(26人)
  3. c.継続の力がついた(29人)
  4. d.努力できるようになった(28人)
  5. e.目標設定できるようになった(26人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(24人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(24人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(25人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(26人)
  10. j.自信がついた(25人)
  11. k.積極的になった(25人)
  12. l.感謝するようになった(29人)
  13. m.明るくなった(25人)
  14. n.笑顔が増えた(27人)
  15. o.向上心が増えた(26人)
  16. p.精神的に強くなった(22人)
  17. q.あきらめなくなった(27人)
  18. r.気持ちの切り替えが早くなった(24人)
  19. s.視野が広がった(24人)
  20. t.優しくなった(21人)
  21. u.集中力が増した(19人)
  22. v.自分が好きになった(18人)
  23. w.その他[本気で勝ちたいと思えるようになった・落ち着いた思考、行動がとれた・自分に自信をもって行動できるようになった・セルフモティベーターになれた・ピンチでも楽しめるようになった・嫌いな事をプラスに考えてやれるようになった・夢が本気になった・人のために何かをやろうと思えるようになった・我慢強くなった・泣き虫じゃなくなった・悪いイメージが少なくなった・緊張を楽しめるようになった・自分の考えや思っている事を言うのが楽しくなった・表情が良くなった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(29人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(25人)[球速up・スイングスピードup・ボールに当てる技術up・体が大きくなった・7イニングで体力的に余裕があった・サイドスローのフォーム安定・足が速くなった・筋力かなりup・キャッチングがうまくなった・守備範囲が広くなった・スイングが鋭くなった・体力up・腹筋背筋up・打球の質が変わった・力の伝え方がわかった]
  3. c.競技や練習が好きになった(25人)
  4. d.練習時間が増えた(24人)
  5. e.練習内容が充実した(23人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(29人)
  7. g.一体感がでてきた(25人)
  8. h.声が出るようになった(22人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(23人)
  10. j.その他[良い方向に考えるようになった・いいイメージで打席に入れるようになった・効率よく出来るようになった・基礎を大切にすることができた・チームの事を考えるようになった・自分の所にボールがこいと思えるようになった]
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(22人)
  2. b.勉強時間が増えた(23人)
  3. c.成績、順位が上がった(7人)[10番以内・漢字テスト満点・数学順位up・順位up]
  4. d.授業態度が変わった(25人)
  5. e.スピーチできるようになった(24人)
  6. f.勉強がわかるようになった(16人)
  7. g.将来の目標が決まった(11人)
  8. h.本や新聞を読むようになった(17人)
  9. i.検定試験に合格した(1人)
  10. j.その他[勉強が楽しくなった・わからない所を聞けるようになった・3分間スピーチが楽しみになった]
4:人間関系・親子関係
  1. a.人間関係が良くなった(28人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(28人) 
  3. c.親のありがたみや大変さがわかった(31人)
  4. d.感謝するようになった(31人)
  5. e.感謝されるようになった(17人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(29人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(28人)
  8. h.接し方が変わった(22人)
  9. i.家庭での会話が増えた(22人)
  10. j.その他[人とのコミュニケーションが楽しくなった・あまり話さない人と話す事ができた・誰かのためにやろうと思えた・責任者らしくなれた・家族のチームの大切さがわかった・目を見て話す事ができるようになった]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(18人)[自分のことは全て自分でやるという意識・人に頼らず自ら考え行動できた・時間を守れるようになった・朝起き・後輩をまとめてチームの為にと思えるようになった・靴を揃えるようになった・自分で何とかしようと思うようになった・早起き]
  2. b.良い習慣がついてきた(23人)[勉強・食後すぐの食器の片付け・皿洗い・教室の掃除・時間をうまく使えるようになった・笑顔で挨拶・感謝すること・自主練・相手の気持を常に考える事]
  3. c.手伝うようになった(19人)[玄関掃除・皿洗い・洗濯・補助・犬の散歩・嫌そうな仕事・弁当箱洗い・トイレ掃除]
  4. d.生活リズムがよくなり充実してきた(18人)
  5. e.時間管理ができるようになった(23人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(25人)
  7. g.健康管理できるようになった(29人)
  8. h.生活が楽しくなった(24人)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?
A.はい(30人)B.いいえ(0人)
▲ページの先頭にジャンプします
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket