高田北城高等学校 硬式野球部

修了式のアンケートより
高田北城高等学校 硬式野球部

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

N

  1. ・60日間メンタルトレーニングを受講する前と受講した後の自分を比較すると、成長、変化した点が大きく2つある。まず1つ目は「目標設定が明確に作れたこと」だ。勉強と部活それぞれに最終目標と現在の目標を設定してチャレンジした。スイングスピードが上がり、スイングの形が良くなった。勉強面は順位が30位上がった。2つ目は「時間を上手に扱う」ことだ。朝は始発に乗って登校し、30分間鏡を使って素振りをし、残りの30分間を勉強に使った。家に帰り食事を済ませたら勉強を始め、夜は1時までに寝るようにした。時間を有効に使うために寝る時間と起きる時間を決めて、今日はこれをやるというものを必ず決めて日々の生活を送ってきた。そのおかげで勉強と部活の両立ができて、今からそれぞれの目標に向かって準備ができる。またトレーニングや会話など積極的にできることが増えた。緊張する場面でも前向きな考えができるようになった。

K

  1. ・受ける前はとても難かしくて厳しいことをするのかと思っていたが、ピリピリとした空気ではなく、とてもリラックスした気分でできたのでホッとした。テキストも目標にすべき人やメントレで変われた人の体験談、偉人の面白いことが載っていて、とても読み応えがあり、面白く読むことができた。目標達成に向けてのチャレンジは、最初のころは毎週達成することができず、もったいないことをしたと感じている。8週目ぐらいから決めたことが毎日できるようになり、効果もちょっとずつ目に見えてわかるようになってきた。それは今でも続けている。精神面では気持ちを穏やかに保てるようになり、余裕が持てるようになった。トレーニング面は自主練での継続の力がつき、スイングスピードが上がった。勉強面はテストで95点取ることができた。生活面は親の仕事を手伝うようになった。

U

  1. ・メントレは思っていたよりも楽しいものだった。これまで自分は何が足りなくて、何をすればいいのかがよくわかっていなかったが、メントレによってよくわかった?今まではうまく時間を使うことができずに、時間の使い方が悪く、何かする時に遅れてしまっていた。メントレで計画を立てることの大切さを聞き、自分も一日の計画、1週間の計画を立てていこうと思った。アファーメーションでは、自分もよく「だるい」とか「めんどい」などマイナスの言葉を言ってしまう時があるが、すぐにハッとなって「俺はやれる」「この練習は大事だ」と自分に言い聞かせて自分のやる気を出したり、マイナスの考えを打ち破れるようになった。

O

  1. ・受講後の試合で、受講前とは違う強い気持ちで臨むことができて良い結果も出たので、2回目のメントレは期待して臨むことができた。1回1回のレッスンも積極的に受けることができて、より深く知ることができた。メントレで学んだことは気持ちの持ち方だ。苦しく厳しい状態にあったとしても、気持ちの持ち方を変えればチャンスに変わるということを知れた。このことは野球にはもちろんだが、今後の人生においても大事なことになると思う。またメントレで継続する力がついた。受講前は努力をしてもなかなか続かなかったが、大きな目標とその中間目標を定めることで努力し続ける力がついた。

O

  1. ・1回目の時には感じなかったものが感じられたり、違う見方ができて良かった。とても印象的だったのは「言葉の威力」のレッスンだ。日頃何気なく発する言葉には気持ちや思いが込められていて、誰かに影響を与えるものだと改めて知ることができた。せっかくなら周りの人たちに前向きな影響を与えたいと思っていたが、その頃の私はマイナスな言葉ばかりで周りも暗くなってしまっていた。言葉は受け取る相手が必ずいる。私もお母さんと喧嘩をすると反抗的になってしまうけれど、言葉は受け取る人次第で変わることを知って、今は素直な気持ちで聞けていると思う。また自分自身の事についても知ることができた。自分自身を見つめなおすことができたし、周りの人のことを考えられる程、心に余裕を持てるようになった。また部活だけではなく、普段の生活でもしっかりするようになった。

K

  1. ・昨年は深川さんの話しを聞いていただけだったが、今回はそれを自分なりに解釈することができ、そのことでより深く自分の中に取り入れることができた。目標達成に向けたチャレンジも決めたことをただこなすだけの作業になることが少なくなった。継続するには、まず初めの取り掛かりが大事だと分かった。取り掛かりは続けるのがすごく大変だけれど、慣れてくると苦ではなくなる。そして達成した時の喜びを紙に書くことも大きな役割をしているんだと改めて気づいた。特に成長したと感じたのはスピーチと会話だ。昨年はスピーチする前にすごく緊張してしまい、前に立つと頭が真っ白になっていたが、今では落ち着いて喋れる。噛む回数もかなり減り、喋りながらでも話の大体の構想を考えながら喋れるようになった。これは会話でも役に立った。自分から積極的に話すことが苦手だったのが、今では自分から会話や挨拶をするようになった。また明るくよくしゃべる2人のマネージャーをお手本に「あたかも実現したかのように振る舞って」過ごしたのが成功したと思う。これにさらにプラスして、プラス思考の発信源になりたい。

K

  1. ・成長したと思うことは守備に対しての気持ちが変わったことだ。去年の夏からサードを守っている。その前はセカンドで、サードや外野手は守ったことがなく、心の中で(サードなんてできるわけがない。というかファーストまで遠すぎだろう。まあ、できなかったらまたセカンドや外野手にコンバートされるだろう。)と思っていた。だから自信が持てず、大事な所になると送球ミスばかりしていた。そんな時、深川さんに「自分はサードを守っています。」と言ったら「いいなぁ!華のポジションやないか。」とか長島さんの話しを聞いて、嫌だと思っていた自分がばかだなと感じた。それから「サードを一番上手くなってやる。サードは誰にも譲らない。」と思えてきて、その気持ちの変化や神崎先生の練習の終わりのノックの成果がでてきて、練習試合の最後の方は大事な所でのミスをしなかった。これからはチームを救えるサードになる。

K

  1. ・「ボールが来たらありがとう」という言葉がとても強く印象に残っている。自分は試合中の守備で「自分の所にボール来るな」と思ってしまうので、ノックでは「ボールが来たらありがとう」という言葉を自分に言い聞かせている。受講前は毎日これをしようと決めたことも、2、3日でやめてしまっていたが、メントレを通して継続力がついた。最近は風呂上がりに股関節のストレッチ、寝る前に素振りやシャドーピッチングに取り組んでいる。

S

  1. ・2年間メントレを受講していろいろなことを学んだ。印象に残っているのは成功曲線の話しだ。受講前は本当に継続する力がなかったが、この話を聞いてから、最後の最後が大事なんだなと思い、目標達成に向けて頑張った。序盤は7日間パーフェクト達成が続いたが、中盤に気のゆるみが出て、6日間パーフェクトだったのに最後の1日できなくて、それを3分間スピーチで話した。すると深川さんが「君はお宝半分しかもらえないよ。」と言われ、その言葉がすごく心に残っていて、そこからまた1週間パーフェクト達成することが増えた。継続してトレーニングや勉強をするようになり、時間を管理する習慣がついてきた。ベンチプレスで重いのを上げられるようになった。自信を持てるものを見つけることができ、人前で話すことが前よりできるようになった。

S

  1. ・自分の気持ちの持ち方を変えることができた。前まではマイナス思考だったが、だんだんとプラス思考になってきた。そのことを実感したのはノックをしていたときだ。前までエラーしてしまうと落ち込んでしまい、気持ちが前にいかず、声も小さくなっていたが、今では「次こそ取ってやる」と思えるようになり、元気が出るようになった。またボールがくると少しビビッていたが、「ボールがきたらありがとう」という言葉を常に心においてやったら少しボールの反応が早くなった。アファーメーションもとても楽しかったので、教わってからは登下校中に心の中で言っている。また勉強の習慣もついて順位が30位上がった。

T

  1. ・昨年に引き続きトレーニングを受けたが、昨年よりも確実に吸収する量が増えた。1年目よりも余裕があり、さらに興味をもって話を聞くことができた。目標は様々な面で挑戦し、成長できた。前よりももっと高く、もっと質のよいものを!という気持ちで目標を設定した。「実現した時の喜び」を鮮明に想像するようになってから、その目標を実現させたい!という気持ちが強くなった。上級コースの中で聞いた「actasif」や「信じる」の話が好きだ。深川さんに教えていただいたことはこの先の高田北城高校野球部のみんなにとって、成長する大きな糧になった。また日々の些細なことに気づき、感謝できるようになった。

N

  1. ・さまざまな面で成長することができた。レッスンのたびに深川さんの話しが楽しみでワクワクしていた。受講前の自分は弱気でいつもマイナスなことばかり考えていた。そんな自分に大きな印象を与えたのが上級コースの「言葉を食べる」ということだった。自分が弱気なのはいつも悪い言葉ばかり食べていたからだと知った。それからは前向きな言葉を言うように意識した。またイメージトレーニングもするようになった。勝つことを鮮明にイメージできるようになった。自分が決めた目標や今日することを紙に書くようになった。受講後のメンタルチェックリストではほとんどの項目でポイントが上がっていたが、中でも「目標設定」の項目が2倍近くも上がっていた。紙に書くことによって、自分がどう考えているのか、何をすべきなのかを再確認できるし、しっかり取り組もうという気持ちになった。そうすることで継続させることにもつながり、少し時間がかかっても必ず結果がついてくることを実感した。また人前で話すことが平気になり、進んで周りの人とコミュニケーションをとることができるようになった。勉強面では平均点が20点近く上がった。生活面は親に頼りっぱなしではなくなり、自立してきた。毎日継続すること、靴を揃えることが習慣になった。

H

  1. ・受講前は自分のことしか考えていなくて、周りが見えていなかったけれど、受講して自分を客観的に見れるようになったら、自分の間違っている所がわかって、自分がいかに子供かがわかった。そのおかげで、自分は変わらなければいけない事に気付けた。素振りや勉強も毎日続けられた。スイングスピードが速くなり、打球が飛ぶようになった。学年順位も上がった。自主練というのは、毎日たくさんしなければいけないと思っていたが、毎日素振り100本でも十分に上達することに気づき、継続することの楽しさに気付けた。60日間メンタルトレーニングに出会えて、とても良かった。これからも変わり続けていきたい。

H

  1. ・継続する力がついた。今までは継続することが苦手で途中で投げ出してしまうことが多かったが、メントレを通して、最後まで継続できるようになった。また目標を紙に書くようになり、一日の予定、やることを書くようにした。そうする事で一日の無駄な時間を見つけ、その時間をトレーニングや勉強に使い、充実した毎日を送ることができている。苦手だった英語の点も上がった。メンタルトレーニングはすごく貴重な経験になった。

H

  1. ・特に身に付いたと思うことは「イメージトレーニングの大切さ」と「計画を立てる事」だ。空いた時間があるときにはイメージトレーニングをするようにしている。計画を立てるとき、することを時間で区切ることでそのときにすることが明確になり、無駄な時間をなくすことができている。受講前と受講後にしたメンタルチェックリストを比較して思ったことは、こんなにも変わっているのか、ということだ。全体的に変わっていたので嬉しかった。

M

  1. ・去年は不安と緊張のある中でメンタルトレーニングをやっていた。3分間スピーチも苦手だったので、上手くできずによくつかえていた。しかし、2年間メントレを受講して、今では3分間話すのも短く感じられるようになり、苦手ではなくなった。継続する力もしっかりついた。物事を前向き肯定的に捉えることもできるようになった。

M

  1. ・受講する前はすごく堅苦しいものかと思っていたが、深川さんと出会い、深川さんの話しを聞いていくと、最初のイメージとは全然違い、すごくやりやすいものだった。アファーメーションやイメージトレーニングなどいろいろなことをしたが、その中でも自分がやって良かったと思ったのは目標設定と達成のためのチャレンジと習慣作りだ。継続することが苦手だったが、目標を立てることや継続することの大切さがわかるようになり、目標に向かって努力し、継続することができた。早寝早起きの習慣がつき、トレーニング面ではスイングスピードが速くなった。学習面でも目標を立てて実行することができるようになった。生活面は洗濯物たたみを手伝うようになった。

M

  1. ・一番心に残っているのはエジソンの話しだ。自分は今までの人生で、失敗しそうなことにはチャレンジしてこなかったけれど、自分も失敗を恐れずに成功のために素振りや筋トレなど、ひたむきに努力しようと思った。3分間スピーチでは人前で自分が伝えたいことを言葉で表現する難しさや大切さを知ることができたし、他の人のスピーチを聞いてその人の考え方や思いを発見できた。メントレを通して自分の悪い所に気付けたので、これから直していこうと思う。

Y

  1. ・メントレを通して、気持ちの持ち方を学んだ。中でも「言葉の威力」のレッスンが心に残っている。その理由の1つ目は、秋の大会のチャンスで打順が回ってきたときに凡退してしまった時のことを振り返って、「言葉は食べ物」ということに少し共感したからだ。2つ目は「言葉の習慣」についてだ。このことを学んでから学校で「眠い」」「疲れた」なとの言葉を言わないように気をつけている。自分が何気なく口にする言葉は自分の心に大きな影響を与え、良い方向へも悪い方向へも転がる。また想いが言葉となり、言葉はまた想いを広げていくので、悪い言葉の習慣をなくし、良い言葉の習慣をつけていく。プラスに考えることが習慣になり、積極的に挨拶ができるようになった。トレーニング面ではスイングスピードが上がった。
▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 部員全員の心が前向きになった。
  • 学習面においても変化がある部員がいる。
  • 1年生部員は、先生の話しの聞き方(眼差し)が1回目のトレーニングと修了式では雲泥の差がある。
  • 人前で堂々と話ができる生徒が増えた。
  • 学習面では日々の課題の提出状況が良くなり、考査の点も上がっている。
  • 人前で話すこと、自分の考えを表現すること、継続すること、人の話をよく聞くこと等々、きりがないくらい“人として大切なこと”を身に付けてきた。
【 修了式に参加して 】
  • 自分の言葉で話していく姿に感動した。内面の変化が言葉になり、見えない部分の進化を感じることができた。
  • メントレで学んだことを生徒は実践し、生徒なりに理解して頑張っていると感じた。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 具体的な目標をメモに書き、部屋の目につく所に貼り、日々過ごすようになった。
  • 自分の取り組みを言葉で発するようになり、その成果が見えた。野球のプレーをする姿勢が前向きで自信をもってやっている。
  • 今までは帰宅してからテレビを見たりゲームをしたりとだらだらと時間を無駄にしていたが、メントレをしてから自分の机に向かうことが多くなった。
  • 継続すること、プラス思考の2点(人生の中でも大事な事)が変化した。
  • トレーニングについてよく話をしていた。
  • 前向きに考えることの大切さを感じ取ったようだ。以前は投げやりになることも多かったが、メントレを受講してからはそのような場面が少なくなり、あったとしても、また前向きになっていけている。
  • 中学の部活での消化不良を消化しつつあるようなスピーチだった。
【 修了式に参加して 】
  • 高校1,2年でメンタル面の成長があることは素晴らしいと思う。
  • 3分間で自分の思っていることが他人に伝わるように話せていた。
  • 考え方をトレーニングするのは、肉体的なトレーニング同様、必要だと思う。
  • このような機会が与えられ、考え、気づけたことがあり、よい経験ができた。成長が感じられた。
  • 子供たちがどのような話を聞いてきたのか理解できた。これからの人生に活かしていってほしい。
  • 皆が自分の考えをしっかり持ち、大勢の前で堂々と発表する姿が素晴らしいと思った。1年生と2年生のスピーチの差を感じた。我が子も来年になるとどんなことをさらに考えるのだろうと思った。野球だけでなく、考え方、行動の仕方について教えてもらい、とても良かった。また、素晴らしい仲間と共に成長できることが嬉しい。
  • 単語だけしか話さない、話せない、返事ができない子が多いのに、子供たちのスピーチは多くの人の前で自分の気持ちが伝わる良いスピーチだった。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?
A.大変良かった(10人) B.良かった(9人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)
Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?
A.はい(19人) B.いいえ(0人)
Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(18人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(7人)
  3. c.継続の力がついた(16人)
  4. d.努力できるようになった(13人)
  5. e.目標設定できるようになった(14人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(11人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(6人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(15人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(14人)
  10. j.自信がついた(12人)
  11. k.積極的になった(9人)
  12. l.感謝するようになった(12人)
  13. m.明るくなった(9人)
  14. n.笑顔が増えた(11人)
  15. o.向上心が増えた(17人)
  16. p.精神的に強くなった(14人)
  17. q.あきらめなくなった(11人)
  18. r.気持ちの切り替えが早くなった(9人)
  19. s.視野が広がった(7人)
  20. t.優しくなった(4人)
  21. u.集中力が増した(10人)
  22. v.自分が好きになった(3人)
  23. w.その他[余裕がもてるようになった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(13人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(7人)[スイングスピードup・ベンチプレスMaxup・スイングの形が良くなった・打球が飛ぶようになった]
  3. c.競技や練習が好きになった(9人)
  4. d.練習時間が増えた(7人)
  5. e.練習内容が充実した(9人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(10人)
  7. g.一体感がでてきた(5人)
  8. h.声が出るようになった(8人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(9人)
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(13人)
  2. b.勉強時間が増えた(10人)
  3. c.成績、順位が上がった(7人)[95点・順位30番up・平均点20点up・英語の点up・小テスト合格]
  4. d.授業態度が変わった(9人)
  5. e.スピーチできるようになった(12人)
  6. f.勉強がわかるようになった(8人)
  7. g.将来の目標が決まった(7人)
  8. h.本や新聞を読むようになった(4人)
  9. i.その他[課題提出]
4:人間関系・親子関係
  1. a.人間関係が良くなった(10人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(15人) 
  3. c.親のありがたみや大変さがわかった(16人)
  4. d.感謝するようになった(14人)
  5. e.感謝されるようになった(5人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(11人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(9人)
  8. h.接し方が変わった(5人)
  9. i.家庭での会話が増えた(8人)
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(7人)[生活習慣のリズムが明確に作れた・親に頼りっぱなしじゃなくなった・金銭や時間管理ができるようになった・自分の意見が言えるようになった・積極的に挨拶できるようになった]
  2. b.良い習慣がついてきた(8人)[勉強とトレーニング・時間の管理・靴を揃えること・毎日継続すること・朝の素振りと勉強・一日の予定を紙に書く・早寝早起き・プラスに考えること]
  3. c.手伝うようになった(3人)[親の仕事・洗濯ものたたみ]
  4. d.生活リズムがよくなり充実してきた(11人)
  5. e.時間管理ができるようになった(13人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(11人)
  7. g.健康管理できるようになった(10人)
  8. h.生活が楽しくなった(15人)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?
A.はい(18人)B.いいえ(1人)
▲ページの先頭にジャンプします
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket