山陽学園 山陽女子中学校高等学校 

修了式のアンケートより
山陽学園山陽女子中学校高等学校バドミントン部
『 部 訓 』
  1. 私たち山陽女子バドミントン部は、
  2.  ・苦しい時ほど声をかけ合える明るいチームだ。
  3.  ・ONとOFFのきりかえができるチームだ。
  4.  ・何ごとも諦めず全力で頑張るチームだ。

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

柴田沙也果

  1. ・前向き肯定的に考えられる事が多くなった。例えば以前は「こんな練習をして本当に上手くなるのか」と疑問に思いながら練習していたが、今では「この練習をするからこそ上手くなれる。もう少し1つ1つの練習に目標をたててみよう」と思えるようになった。それは、テキストの中にでてきたボクサー、ジョージ・フォアマンが強い意志に動かされて45歳でチャンピオンベルトを奪還したという話がとても印象深かったからだ。私にもバドミントンを続けることには強い意志があり、その意志を貫くためにきつい練習にも耐えてきた。この想いを忘れずに残り一年をきった部活を頑張る。メントレを通して自分が成長、自立するための習慣がついた。勉強面では英語の点が上がった。また私にはキャプテンとしての立場もある。「やってみせ、言って聞かせてさせてみせ、ほめてやらねば人は動かず。」という新しいモットーのように、自分が率先して動いて、周りをひっぱっていけるようにしたい。恵まれた環境で練習さえてもらえることに感謝して、私の周りの大切な人のモティベーターになれるように周りに気を配り、愛を注いでいく。

若林真名

  1. ・受講前は前向き肯定的な考え方はできず、後ろ向き否定的な考え方をしていたが、少しずつ自分の気持の持ち方が変わっていった。可能性を信じて夢を追い続ける事、できないと思うのではなくてできると思っていろいろな事に取り組むこと、自分の短所を知ること、強くなるためには我慢をたくさんしなくてはいけないけれど、それが自分にとっての使命だということ、良い習慣を身につけないと勝利への道にはたどり着けないこと、やらされている練習では全く意味がないことなどなどたくさんのことを教わった。前向きに考えることができるようになり、感謝の気持がもてるようになった。希望に焦点を合わせるように心がけるようになった。靴をそろえることや勉強などいい習慣がついた。部の雰囲気が良くなった。生活面ではお風呂洗いや洗濯物を取り入れること、母とご飯を作ることなどの手伝いをするようになった。

貝原杏奈

  1. ・あっという間の60日間だった。最初は変わる訳がないと決めつけて疑いながら臨んだメントレだったが、とても魅力的なものへとどんどん変わっていった。目標達成に向けた取り組みも最初はできない日が多かったが、どんどんできる日が増えていくことが嬉しくて、自分自身、変わり始めた。しかし一日さぼってしまったらどんどんできない日が増えていった。グループミーティングでみんなが変わっているのを自分の目で見て感じ(本当に今まで何をしていたんだろう)と思った。夢のためにしっかりとした目標をもち、忠実に継続しているチームメイトの姿を見て(自分が変わらなくてはいけない)と思い、ランニング、コラム書きなど、みんなに追いつけるように頑張った。それからはほぼパーフェクト達成できて、自分でも信じられないくらいびっくりしたけれど、嬉しかった。腹がたった時も我慢できるようになった。いろいろと気付く事ができて良かった。

池田楓

  1. ・受講して変わったことは、前より自分に負けなくなったことと、プラスに考えることが多くなったことだ。前はコーチや監督に言われたメニューを、目標をもたずにトレーニング、練習していた。メントレを始めて、練習でもトレーニングでも目標をもってやることで前向き肯定的にできるようになった。目標達成向けたチャレンジでは、特にトレーニング面を毎日休まずにした。諦めないで、自分の夢を叶えたいという強い意志をもつことで夢に近づくことができる。目標達成のためには今、自分が何をすべきかを考えて、自分に必要なことを精一杯するということ、また自分に制限をかけてしまうと何もできないということを学んだ。ねばり強くなり、バドミントンのプレーが変わった。また人に言われた時の受け取り方が変わった。

市本結衣

  1. ・自分の目標をもち、それに向かって努力ができるようになった。受講前の私は、自分の目標をもっても、楽をして達成しようとしていた。「あなたも必ず変わる事ができます」というテキストの言葉が心に残った。自分の気持をポジティブにすることで目標への取り組み方が変わり、目標達成することができ、自信に変わっていき、前向きに諦めずに達成する事ができた。

脇本凛香

  1. ・一番変わったと思う事は「やると決められたことをきちんとできるようになった」ことだ。目標設定をして、その達成のために毎日一週間チャレンジしたが、最初は決めたことが全然できなかった。しかしLesson7からは達成できた日が多くなり、Lesson10ではほぼパーフェクト達成できて、とても嬉しかった。自分に自信がついてきた。生活面では進んで皿洗いなどの手伝いをするようになり、親のありがたみや大変さがわかった。テキストからは「何ごとにも諦めないことが大切だ」ということを特に学んだ。メンタルチェックリストでは受講前よりも受講後の点が良くなっていた。

森川紗彩華

  1. ・最初はメンタルトレーニングをしても変わらないと思っていた。しかしトレーニングを通して高い目標をもち、そしてさらにそれを本当に願うことが大切だと学んだ。言葉の大切さ、自分を愛する事、一人一人は世界でたった1つの大切な作品であり、自分の短所を受け止めてまた磨きあげることでダイヤモンドのような素晴らしい光り輝いたものが得られるということなど、いろいろなことを学び、私の心は大きく動かされた。練習に集中できるようになった。先生に褒められることが増えた。疑っていたころの私とは変わり、今では受講して良かったと思っている。深川さんに出会えて本当に良かった。この経験を社会人になっても活かしていく。

鎌田彩羽

  1. ・メントレを受講して変われたと実感できる事が度々あった。柳井中には全中4に入った選手がいるが、その練習試合に、今までよりとても強い気持でいく事ができた。全中4は私がずっと目標にかかげてきたランクなので勝ってやろう!と強い気持で臨んだ。シングルスでは勝つ事ができなかったけれど、自分でもびっくりするくらい安定していて、コーチにも褒められた。ダブルスにも全中4に入ったペアがいたが、勝つ事ができて、自分達のパワーが上がっていることに驚いた。とても自信がつき、成果が実感できた。ここまで成長できた要因の1つに、先輩とペアを組んで、目標達成に向けて努力し続けてきたことが大きいと思った。10時過ぎに帰宅し、眠気におそわれて寝そうになった瞬間に携帯が鳴り、先輩から励ましのメッセージがきた。それからは毎日メールを送り合った。いつしか達成のために努力する事が習慣になり、少し自信が持てるようになった。しかし怪我のせいでシングルは一ヶ月しかできず、自信も失われていった。でも今まで継続してきたことや、応援してくれている家族のことを思うと「このままではいけない」と思い、目標達成のために毎日するメニューの量を少し増やし、イメージトレーニングも加えて本番にのぞんだ。情けない試合をしながらも最後はメントレでつけた自信で最後までやり遂げ、三冠を勝ち取れた。更なる自信へと発展できた。

山部日菜子

  1. ・受講前はマイナスのイメージばかりしていたり、練習でも全て全力で一生懸命取り組んでいなかったり、そんなことが時々あった。受講して一番成長したところは、セルフ・イメージが良くなったことだ。レッスンの中にでてきた「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という言葉を聞く前まで、自分に自信がなく、自分があまり好きではなかったけれど、今では自信ももてるようになってきて、自分のことも大好きになった。また言葉の威力のレッスンも私にすごく影響を与えてくれた。今までは試合や練習で「打てるかな、勝てるかな、できるかな…」と思ってきたが、今は「打てる!勝てる!できる!」と思うようにしている。イメージすることが楽しくなった。練習前に声を出すことによってやる気が出て、前向きに練習できるようになった。

仁後江里子

  1. ・受講して、今までと全然違う自分がでてきて「メンタルトレーニングってこんなに意味があるんだな。」って思った。最近も先生やお母さん、お父さんにも「なんか変わってきたな」って言われて、すごく嬉しかった。バドミントンだけではなく、勉強も努力できるようになった。もしメントレを受講していなかったら今の自分はどうなっていたんだろうと思う。私は、今60日間メンタルトレーニングにとても感謝している。目標達成に向けたチャレンジは始めのころと比べると最後のほうが達成できていた。潜在能力のレッスンもとても勉強になった。

内藤舞

  1. ・メンタルトレーニングを通して、苦手なことを変えることができた。人前でしゃべるのが苦手で、3分間スピーチではとまどってばかりだったが、回数を重ねるうちに話せるようになった。目標を決めて毎日実行することも苦手で、なかなか達成できなかったが、最後にはパーフェクトで達成できてすごく気持がいい。テキストの中で一番心に残ったのはボブ・ウィーンランドの話だ。私は勉強で「もう無理だ」と思うことが多く、なかなか努力しようと思うことができないが、絶対に無理だと思うようなことを成し遂げ、努力は身になるというボブ・ウィーンランドを見習って、目標設定して達成できるように頑張っていきたい。

坪井夕華

  1. ・メントレをやり始めたころは3分間スピーチでいつも緊張していた。ガチガチで何を3分間話せばいいのかと思っていたが、ずっとやっていくうちに何故か緊張しなくなって、あわてずに考えて言うことができるようになった。一人ずつ大きい声でアファーメーションする時も緊張しすぎて「もういいや」と思い大きい声で言ったら、すごくすっきりして楽しかった。ずっとやっていくうちに恥ずかしがらずに大きい声でアファーメーションすることもできるようになった。生活面で靴を揃えるという目標を立てたら、毎日できるようになった。前より少し自信がついてきた。
▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 取り組み方が変わり、表情が明るくなった。声が出るようになった。個人差はあるが、学習、部活、学校生活など何ごとにも前向きに頑張っている。
  • 話を聞くようになった。前向きな考えになりつつあるのだと思う。練習前にアファーメーションをすると雰囲気が明るくなって、その後の部活も勢いがついた。部訓を作ったことでチームの軸ができた。
【 修了式に参加して 】
  • 以前は3分間スピーチのときに時間があまってしまう生徒が多くいたが、今ではしっかり話ができるようになっていてビックリした。
  • 3分間スピーチが上手くなった。本人たちが変わったと言っていたので良かった。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 継続して玄関の靴を揃えてくれるようになった。
  • 試合前の発言が前向きになった。
  • 夜、学校から帰ってランニングをすると決めていた。「今日は遅いからやめよう」と言っても「走りに行く」と頑張ろうとしていた。公園を走るが、「後2周」と言った後、さらに3周、4周と頑張ろうとする姿があった。メントレを始めたころから否定的なことはほとんど言わなくなっている。
【 修了式に参加して 】
  • メントレが終わった“これから”が大切だと思う。トレーニングで得た気づきをフレッシュな状態で思い続け、生活やプレーの中に活かしていけるよう頑張ってほしい。
  • 子どもたちが自分自身の言葉で3分間スピーチしている姿は大変良かった。チームワークが深まった結果を見ることができた。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?
A.大変良かった(10人) B.良かった(1人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)
Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?
A.はい(12人) B.いいえ(0人)
Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(12人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(7人)
  3. c.継続の力がついた(8人)
  4. d.努力できるようになった(12人)
  5. e.目標設定できるようになった(11人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(7人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(6人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(9人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(8人)
  10. j.自信がついた(10人)
  11. k.積極的になった(9人)
  12. l.感謝するようになった(11人)
  13. m.明るくなった(12人)
  14. n.笑顔が増えた(12人)
  15. o.向上心が増えた(8人)
  16. p.精神的に強くなった(6人)
  17. q.あきらめなくなった(9人)
  18. r.気持ちの切り替えが早くなった(6人)
  19. s.視野が広がった(6人)
  20. t.優しくなった(6人)
  21. u.集中力が増した(8人)
  22. v.自分が好きになった(6人)
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(9人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(7人)[体力がついた]
  3. c.競技や練習が好きになった(5人)
  4. d.練習時間が増えた(2人)
  5. e.練習内容が充実した(9人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(10人)
  7. g.一体感がでてきた(7人)
  8. h.声が出るようになった(12人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(6人)
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(5人)
  2. b.勉強時間が増えた(7人)
  3. c.成績、順位が上がった(2人)[英語Up・小テスト合格]
  4. d.授業態度が変わった(5人)
  5. e.スピーチできるようになった(11人)
  6. f.勉強がわかるようになった(6人)
  7. g.将来の目標が決まった(4人)
  8. h.本や新聞を読むようになった(5人)
  9. i.検定試験に合格した(1人)
4:人間関系・親子関係
  1. a.人間関係が良くなった(9人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(8人) 
  3. c.親のありがたみや大変さがわかった(10人)
  4. d.感謝するようになった(11人)
  5. e.感謝されるようになった(4人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(9人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(人)
  8. h.接し方が変わった(6人)
  9. i.家庭での会話が増えた(5人)
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(6人)[お風呂洗い・洗濯物入れ・食事作り]
  2. b.良い習慣がついてきた(9人)[整理整頓・靴を揃える]
  3. c.手伝うようになった(8人)[皿洗いなど・お風呂洗い・洗濯物入れ・食事作り]
  4. d.生活リズムがよくなり充実してきた(4人)
  5. e.時間管理ができるようになった(6人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(9人)
  7. g.健康管理できるようになった(10人)
  8. h.生活が楽しくなった(10人)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?
A.はい(11人)B.いいえ(0人)
▲ページの先頭にジャンプします
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket