熱田高等学校 バスケットボール部

修了式のアンケートより
熱田高等学校 バスケットボール部
『 勝利への四則 』
  1. 1.私たちは厚い信頼と固い絆で結ばれている。
  2. 2.私たちはバスケットができる喜びを感じ、すべての人と物に感謝する。
  3. 3.私たちは輝く笑顔と明るい声で勝利をつかみとる。
  4. 4.私たちは常に挑戦し、最後まであきらめない。

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

石川明日菜

  1. ・1回目のメントレよりも内容もレベルアップしていて、本質を捉えることができた。一番変わったのは目標達成のための取り組みだ。日々することの量が増え、質も高いものに変わった。取り組む内容もメントレを通して自分に合ったものに変わった。その成果が練習中にでることも多くなって、その度に嬉しくなり、向上心をもって取り組むことができた。押し負けしない体幹が身につき、飛べるようになった。勉強面では進路について自分から学校に行って質問したり、体験に行ったりと、自分のことを自分でしっかりと考えることができるようになった。テストの順位もクラス2位になった。生活面では家族との会話が増え、以前よりも少しずつ仲良くなってきた。今バスケに打ち込めるのも先生がた、家族、関わっている全ての人々に支えられているからだと本当に感謝している。メントレを受けられて本当に良かった。

平野栞

  1. ・2年目のメントレでは改めて継続することの大切さを知り、積極的に目標達成に向けて取り組み、充実したものになった。応用コースでメンタルの世界のもっと深いことを学んだり、去年は気づかなかったことに気付かされたりした。総体の2週間前の大事な時期に怪我をしてしまった。キャプテンとして出る最後の大会でプレーヤーとしてコートに立っていたいという気持ちと、チームに申し訳ないという気持ちでいっぱいになった。そんな時、メントレで学んだ「逆境は祝福への入り口だ」という言葉を思い出した。「今バスケができない悔しさを、復帰したときにぶつけたい。そして今私ができることを全力でやる。コートの中でプレーすることは今はできないけれど、キャプテンとしてチームを支える人でありたい。だからチームの勝ちに全力を注ごう。」と思うようになった。突然起こった「逆境」を「祝福」に変える術をこのメントレで身につけることができたのかもしれない。60日間メンタルトレーニングを受けることができたことにとても感謝している。

大角紗也

  1. ・応用コースでは深い所までやったので、とても面白いレッスンが多かった。特に印象に残っているのはLessonCだ。「過去は変えられないが、過去の意味は変えられる」という言葉が印象に残っている。ベスト4の時の試合のことを思い出した。初めての舞台で緊張して自分の最高のプレーができなくて、とても苦い思いをした。でもその後で自分のプレースタイルについて考えることができた。毎日目標達成に向けて継続していく中で、プレーに自信がついた。勉強面でも模試で結果が出た。何より物事は全て考え方次第だと気づいた。

勝山望

  1. ・さらにプラス思考になった。本当に辛い時、今までの自分は感情的になって泣いてしまうことがよくあったが、メントレを受講して、辛い時も「今、自分にできるのは泣くことじゃない。自分にできることをやろう。」と考えられるようになった。全てがうまくいかない時には、また原点に戻って自分の現在位置を知ることが大切だと思った。メントレを通して、自分が得意な事、苦手なことを知ることができた。目標に向かってチャレンジしていく中で、勉強と靴を揃える事、茶碗洗いが習慣になった。勉強面では順位がかなり上がった。生活面では自分のことはほとんど自分でやるようになり、それ以外の事も手伝うようになった。受講して何より一番大切だと思ったのは「感謝の気持ち」だ。支えてくれているたくさんの人々、応援してくれている先生方、親、友達に「ありがとう」を伝えていきたい。自分のためだけではなく、周りの人のためにどんな試合でも戦う!これから3年生になって、部活、勉強、生活、今まで以上に大変になってくると思うが、不安よりも期待の方が大きい。深川さんに教わったことを存分に活用して、なりたい自分に近づいていく。

田中彩花

  1. ・2回目は新しいレッスンもあってすごくノリ気だった。2回目だと内容も深く分かって、トレーニングが楽しく、スピーチも去年と違う目線で話す事ができた。いろいろな視点で物事を考えられるようになった。そして毎日自分の夢や目標を叶えるためにチャレンジしていくことで、トレーニング面では体幹が強くなり、たくましくなった。勉強面では順位がかなり上がった。生活面ではいろいろ自分のことができるようになってきた。また知らない人に話しかけて席を譲ったり、荷物を持ったりして親切にできた。

佐藤円

  1. ・2回目のメントレは思う事や感じる事が違うように聞こえてきて、レッスンを重ねていくたびにワクワクしていた。昔の自分はマイナス思考で自信なさげなことしかできず、自分で自分の成長を止めてしまっていた。いつも他人と比較してしまい(自分なんかどうせ…)って思うこともあった。でもセルフ・イメージのレッスンを受けて(自分にしかできないことだってあるし、自分の代わりなんていない。自分なんか…って思わずに、自分自身のことをもっと愛そう。)と思った。また自分自身のことをもっと信じて、自分のやってきたことに自信をもってやっていこうと強く思った。生活面では風呂掃除や弁当箱を洗ったりした。「えらいねー」とか「さすがじゃん、ありがとね」って言ってもらえるのが嬉しくて、また頑張ろうと思えた。周りをもっと大切にしようと思えるようになった。このメントレを受けることがなかったら、今の自分を作り出すことはできなかったし、知ることもできなかったと思う。メントレに出会えて本当に良かった。

横井日向子

  1. ・昨年の反省を生かして、もっと自分を良い方に変えようと2度目のメントレに臨んだ。主にバスケットボールの活動の中で(変われた)と思う瞬間が増えた。私は自分を強く持ちすぎていて、頑固で周りの意見を素直に受け入れられない性格なので、他人を尊重し、自分を客観的に見るように努めた。チームメイト、先生がた、家族の暖かさを何倍も感じることができるようになった。次にコートに立つ時には、みんなの思いを背負っていけるほどに強い自分でいるためにも、毎日、努力し続けていく。最後の『リラクゼーション』は忘れられないレッスンの一つになった。自分の汚さを感じ、あらゆる場面で赦し、赦される自分でありたいと心から思った。時が経つにつれ、大学受験への意識も高まった。大好きな英語学、英文学が学べる学校を探し、資料を取り寄せた。それを眺めながら将来の自分をイメージするとき、その未来像を熱心に追い求めたいという熱望が生れ、勉強する意味を思い出させてくれた。夢を持つことの大切さを身に染みて感じることができた。 I have a goal.  It is difficult to achieve my goal. But,  I can do. Continuation makes me strong.  I appreciate all.

梅田詩穂

  1. ・1回目のメントレの時にはわからなかったことも2回目に理解できた。以前は人前に立つことが苦手で、上がり症だった自分が、学年全体のメンタルトレーニング講習の時には、みんなの前で緊張せずに笑顔で冷静に3分間スピーチすることができた。これは将来、夢を叶えるための就職活動のときに必要となってくると思うので、もっともっと積極的に人の前に立って、そのことを楽しみたいし、バスケの試合の時にも必要なことだと思う。バスケの試合の時は緊張していつも通りプレーすることができずに、焦ってミスが多いので、ずっと考えていた。バスケを楽しむ事ができたら、緊張せずに笑顔でできると思う。今はバスケを楽しむことができているので、次の試合が楽しみだ。勉強の習慣がつき順位がかなり上がった。家族のことが大好きになった。ノートを書くことや挨拶が習慣になった。自分に自信がつき、また自分のことが好きになった。自分のいい所、元気と笑顔を生かして将来の夢につなげていきたい。

森有希子

  1. ・目標のために努力することが楽しくなった。努力してすぐに結果がでるわけではないが、その分、結果を出せた時の喜びは大きかった。プレーできない状態でのメントレ参加だったので、走れるようになる、ジャンプができるようになるという目標を立てて、日々取り組み、達成することができた。腕立て伏せや腹筋しかできない日々が長かったが、少しずつプレーができるようになってきた今、やってきて良かったなと思う。復帰するまでにたくさんの人に迷惑をかけたし、支えてもらったと、メントレをして改めてそのことを感じた。恩返しはコートでプレーして勝利に貢献することだ。そして、自分自身も上手くなってバスケを楽しみたい。そのためには今まで以上のものをこれからも積み上げていかなければならないが、そんな毎日が私は楽しみだ。勉強面では苦手な英語を毎日することで少しずつわかりだし、好きになった。

杉木香穂

  1. ・一番心に残っているのは「勝とうと思うな、勝てると知れ」という言葉だ。この言葉を聞いてから自分の中で「勝てる、勝てる」と思ったら自然と自信がついたのを覚えている。名女大戦では自分だけでなく、チーム全員が勝てると信じていたので、自信をもって試合に臨めた。メントレのおかげで自信がついたから、この試合は力だけでなく気持ちでも勝てたなと思った。日々自主トレするようになり、腕、腹、背の筋力が上がった。勉強面では勉強時間が増えた。寝てたり携帯をさわったりしていた電車の中で、単語帳を見るようになった。学年順位がものすごく上がった。メントレを始めて嬉しかったことは2年生の中で「ありがとう」という言葉が増えたことで、「ありがとう」と言い合うことで、より関係が良くなった。生活面では靴を揃える事や弁当箱を洗うことが当たり前になり、夜ご飯の手伝いをするようになった。

黒田広美

  1. ・先輩がたから「メントレをやってすごく変わったよ」という話を聞いてメントレが始まることが楽しみだった。毎回の話しはとても楽しくて感心したり、納得したり、新しい知識も身につけたりすることができた。でも自分自身の目標達成への日々の取り組みは、なかなか継続して達成させることができなかった。継続させることができない自分を認め、このままではダメだと強く思い直してチャレンジしたら1週間続けて達成することができるようになった。またプラスの考え方が自然とできるようになった。良いプレーのイメージすることや、仲間からの「絶対できるよ」などのエールを自分の中にしっかり吸収して自分の力にするという術を学び、緊張もあまりせず試合に臨むことができた。勉強時間が増えて、順位がかなり上がった。生活面は自分から進んで手伝えるようになった。

小川実穂

  1. ・自分について考えることができるようになった。これまでの自分は特に何も考えずになんとなくバスケをやっていたが、レッスンを受ける毎に勝利者、成功者になるには、まず自分を知ることが大切だということがわかり、自分の短所と向き合うことができた。受講前は将来について全く考えたことがなかったが、今では少しずつ夢も持てるようになってきた。また、何事もプラスに捉えることができるようになった。私は背が低いことや運動神経が悪いことを言い訳にして、いつもできない自分から目を背けていたが、『障害』のレッスンを受けて、これらは自分をとめる障害ではなく、自分を飛躍的に成長させる種ともなるということを知り、逆に小さいからこそできることがあるのではないかと前向きに考えて行動することができた。最初は自分の甘えた気持ちに負けて達成できなかったことも、だんだんと継続する力がついて、トレーニングをすることが楽しめるようになり、1週間全戦全勝することによって自信がもてるようになった。シュートの確立が上がった。またチームメイトに相談できるようになった。学年順位7位になれた。生活面でも洗濯や皿洗いを手伝うようになった。笑顔が増えた。

松内景音

  1. ・初めて自分という存在と向き合うことができた。メントレをやっていなければ、自分の性格の悪さに気付くことなく時間だけが流れてしまうと思うとゾッとする。私は常に自信がなく、マイナス思考で、素直さ謙虚さがない。中学の時から怪我が多くてチームにたくさん迷惑をかけている。素直に「すみません」という言葉が出てこなくて、自分のことで精一杯になっていた。親に対しても心の中では「毎日、お弁当ありがとう。病院に連れていってくれてありがとう。私に時間をつかってくれてありがとう。」とは思っていても、面と向かっていう事ができない。今までの自分だったら、それで当たり前と思い、感謝の気持ちを考えることも、言葉に出して言うこともなかったけれど、メントレを通して、それを口に出して言おう、と思うことができた。今度は実際に口に出すという所にもっていきたい。将来の夢に対して、調べることがなかったが、メントレの中で「求めなさい、そうすれば与えられます…」という言葉から多くのものを得られた。自分の夢について調べてみて、今の学力ではまだまだ志望校に届かないと知ることができた。夢を叶えるために何をするのか、目標を明確にすることができた。怪我とも向き合うことができていなかったから、次々と怪我を生んでしまったのだと思う。治療についても具体的に調べられるようになった。

吉田友紀

  1. ・最初の頃は決めたことをやり通せずに、自分への甘さを感じた。でも1週間全勝すると、今までにはなかった達成感や、別の楽しさが出てきた。自分で立てた計画や目標を達成することが、こんなに自分を変えてくれるものだと思わなかった。周りのたくさんの人たちからも「変わった」と言ってもらって、とても嬉しくなり、今まで以上にやる気が出た。勉強面はものすごく順位が上がった。生活面では洗い物や洗濯、掃除など手伝えるようになった。精神面はプラス思考になり、感謝の気持ちを常にもてるようになった。自己管理がちゃんとできるようになった。

新蔵真夕

  1. ・毎日継続して努力することは良い結果をもたらし、人生の中でもとても大切なことだと感じた。また自分に甘いということもわかった。今、自分がバスケに熱中できる恵まれた環境にあるということ、支えてくれている家族、先生がたに対する感謝を忘れずプレーしていく。
▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • 自分だけでなく周囲との関わりを考えられるようになった。
  • チームが団結した。
  • 結果がでた。
【 修了式に参加して 】
  • 胸いっぱいの修了式だった。
  • スピーチを聞いて、自分の気持を人の前で素直に話す姿に感動した。改めて日々継続することが結果につながるということの大切さを感じた。
  • 女子特有の感情に流される面も見られたが、それぞれがメントレの成果を冷静に振り返ることができていて良かった。

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • 継続することの大切さに気づいたようだ。
  • 勉強に対する考えが変わってきた。弁当箱を毎日洗えるようになった。
  • 新人戦で名女に勝ち、県大会でベスト4に入ったという結果を出すことができ、大変大きな変化だったと思う。日常生活の些細な心掛けの積み重ねがこの結果につながったと思う。
  • 自分で決めたことを進んでやっている。必要のあることは自分で決めることができるようになった。
  • 家事をしている姿を見るようになった。効率よく時間を使うようになった。
  • 生活面では自分で決めたことを継続できるようになった。勉強面では目標を設定して努力できるようになった。怪我をした時も、想像していたより本人は受け止めていた様子で、メントレのお蔭だったと思う。
  • 眠たくなっても5分寝ると決めて、その後に勉強するようになった。毎日欠かさずお弁当のおにぎりを作り、弁当箱を洗っている。自分で決めたことは実行できるようになってきている。
  • 2度目のメントレを受けているうちに、自分でやれる範囲が広がってきた。生活面、勉強面では時間を決めて、今日はここまでやるという感じで前進していることが目に見えて良かった。
  • 持続力がついたようで、疲れている時でも、洗濯は自分の仕事だと頑張っていた。人として成長したせいか、姉とも仲良くなった。
  • 勉強と部活の両立が大変だと思っていたが、自分自身で切り替えが上手くできるようになった。
  • 愚痴を言わなくなり、「楽しかった!」と言うことが多くなった。
【 修了式に参加して 】
  • 今の10代の子供たちには無気力な子が多くみられる中、熱田バスケの子たちは、熱く自分の思いを口に出して語ってくれるのがすごいことだと思う。自分を見つめる事、他人を思いやる事、現代に大切ではあるけれど、そうできる人は少ない気がする。高3になり、次の目標へ向けて動いていくことを期待している。大事な時期のメンタルトレーニング、ありがとうございました。スポーツをしている姉にも、受けさせたいと思った。
  • 人のスピーチを聞いている姿にとても感動した。団結していると思った。
  • 良い影響を与え合える仲間に恵まれて充実した生活を送っていることが確認できて嬉しい。
  • 子どもたちのスピーチが去年と違ってレベルアップしていた。
  • どん底の経験から這い上がり、力強さと若さを感じた。
  • 自分の気持ちを素直に表現できない年頃の子供たちが一生懸命伝えようとする姿に感動した。いい事だけではなく、自分の弱さをもさらけ出してチームメイトや父兄の前で発表するのは本当に勇気のいることだと思う。この半年間のメントレで多くの弱さを克服しながら頑張ってきたんだなと思った。
  • 良いチームになったし、これからも上を目指す強いチームになっていくのだなと思った。一人一人が自分と向き合って成長している姿が素敵だった。
  • コミュニケーションの大切さと難しさを感じた。来年の修了式にも参加したい。
  • 部員全員が成長していると思った。これからの人生にきっと役立つと信じている。子も親も勉強になった。
  • 皆、バスケが好きなんだと実感した。
  • 笑いあり、涙あり、楽しい式で良かった。いろいろな感謝の気持ちが聞けてうれしかった。

メンタルトレーニング修了式に参加された新1年生の保護者の声

【 修了式に参加して 】
  • 先輩方のスピーチのすごさに感動した。
  • 自分の目標に向かってしっかりと達成している姿、また努力しているということに感動した。
  • 一人一人が目標をはっきりさせ、努力して達成している。チームの団結力を強く感じた。
  • 我が子(1年生)の成長を期待している。
  • 子どもの成長と共に、親子で過ごす時間も少なくなり、親としてもサポートできることに限りが出来て、子育ての難しさや苦しさを感じる事が多くなってきた。そんな中で、娘と同じ年頃の子どもたちの本音を生で聞く事ができ、本当に考えさせられたり、嬉しい気持になったりした。これからも全力で頑張っている我が子を精一杯応援し続けたい。

メンタルトレーニング修了式に参加された新1年生の声

【 修了式に参加して 】
  • 先輩方のスピーチを聞いて自然と涙が出てきた。1年後の自分がこんなすばらしい3分間スピーチができるか、とても不安でいっぱいだけれど、メントレをすることで変わっていければいいなと思う。
  • 自分にはまだ継続する力や自立する力は全然ない。自分も先輩のように成長したいと思った。メントレに興味がわいてきた。話を聞きたいと思った。先輩の話だけでも、このメントレのすごさがわかったし、自分もこれだけ成長できるとなると楽しみだ。
  • スピーチの中ででてきた言葉一つ一つに意味があることを知り、その言葉に感動した。高校生活を送っていくうえで、私もメントレを通していろいろ感じる事ができたらいいなと思った。
  • 3分という時間で、自分の成長した姿を人に見せているところがすごいと思った。私も早くメントレをやってみたいと思った。ただ、元々が強いのではなく、メントレなどをして、自分としっかり見つめ合っているということがよく分かった。とにかく、すごかった。
  • このメントレは自分も周りも変える事ができるものだと、すごく実感した。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?
A.大変良かった(13人) B.良かった(1人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)
Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?
A.はい(15人) B.いいえ(0人)
Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(13人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(10人)
  3. c.継続の力がついた(14人)
  4. d.努力できるようになった(11人)
  5. e.目標設定できるようになった(15人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(13人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(9人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(11人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(12人)
  10. j.自信がついた(12人)
  11. k.積極的になった(8人)
  12. l.感謝するようになった(15人)
  13. m.明るくなった(10人)
  14. n.笑顔が増えた(13人)
  15. o.向上心が増えた(12人)
  16. p.精神的に強くなった(11人)
  17. q.あきらめなくなった(13人)
  18. r.気持ちの切り替えが早くなった(8人)
  19. s.視野が広がった(9人)
  20. t.優しくなった(12人)
  21. u.集中力が増した(11人)
  22. v.自分が好きになった(6人)
  23. w.その他[親切になった]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(15人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(8人)[シュートがよく入るようになった・体幹が強くなった・押し負けしなくなった・飛べるようになった・たくましくなった・足の筋肉がついた・腕筋,背筋,腹筋がついた・トレーニングを楽しめるようになった]
  3. c.バスケットボールや練習が好きになった(15人)
  4. d.練習時間が増えた(12人)
  5. e.練習内容が充実した(12人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(15人)
  7. g.一体感がでてきた(14人)
  8. h.声が出るようになった(9人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(9人)
  10. j.その他[チームメイトと声を掛け合えるようになった]
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(13人)
  2. b.勉強時間が増えた(13人)
  3. c.成績、順位が上がった(11人)[理系3位・クラス2位・学年7位・学年順位(150位,110位,70位,65位,40位,30~50位)up]
  4. d.授業態度が変わった(13人)
  5. e.スピーチできるようになった(9人)
  6. f.勉強がわかるようになった(9人)
  7. g.将来の目標が決まった(10人)
  8. h.本や新聞を読むようになった(7人)
  9. iその他[勉強が楽しくなった・知りたいことを調べられるようになった]
4:人間関系・親子関係
  1. a.人間関係が良くなった(13人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(12人) 
  3. c.親のありがたみや大変さがわかった(15人)
  4. d.感謝するようになった(14人)
  5. e.感謝されるようになった(8人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(12人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(10人)
  8. h.接し方が変わった(4人)
  9. i.家庭での会話が増えた(8人)
  10. j.その他[チームメイトに相談できるようになった・家族が大好きになった]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(5人)[積極的に手伝うようになった・将来について積極的に調べるようになった・自分のことはほとんど自分でやれるようになった・家族に心配をかけなくなった]
  2. b.良い習慣がついてきた(7人)[靴並べ・弁当箱洗い・勉強・洗濯ものを干すこと・挨拶・気づいたことの手伝い・茶碗洗い・ノートを書くこと・苦手な英語の勉強]
  3. c.手伝うようになった(9人)[洗濯・掃除・洗い物・夜ご飯の手伝い・夕食の片づけ・風呂掃除・洗濯もの干し・弁当箱洗い]
  4. d.生活リズムがよくなり充実してきた(11人)
  5. e.時間管理ができるようになった(11人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(12人)
  7. g.健康管理できるようになった(11人)
  8. h.生活が楽しくなった(12人)
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?
A.はい(12人)B.いいえ(0人)
▲ページの先頭にジャンプします
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket