名古屋商業高等学校 バレーボール部

修了式のアンケートより
名古屋商業高等学校 バレーボール部
『 勝利への挑戦 』
  1. 私たちは勝利への強い意志、仲間との厚い信頼で結ばれている。
  2.   
  3.  【 団 結 】…声と笑顔で支え合い、いつも励まし合う仲間。
  4.  【 自 覚 】…チームの為に自分でやり、チームの為に自分がやる。
  5.  【 全 力 】…粘って粘って、繋いで繋いで、攻めて攻めて攻めまくる。
  6.  【  夢  】…絶対に絶対に絶対に絶対に、絶対に諦めない。
  7.   
  8. 私たちは最強の挑戦者(チャレンジャー)だ。

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

小島吏香子

  1. ・「絶対に変わる!」と思って臨んだ2回目のメントレは、バレー面での成長が一番大きかった。目標に向かって毎日レシーブとサーブに取り組んだ。以前は力が入り、固く構えて早く動いて取ることができなかったけど、今はラリー練習で早く動いて取れるようになってきたし、ボールのコントロールもできるようになってきて、自分の取れる範囲が広がってきた。サーブは緊張してミスする事が多かったけど、最近では練習試合でのミスも少なくなり、良いサーブが入るようになった。また自分の性格は自己中で、雑で、先生にも「性格がプレーに出ている」と言われていたので“人の話しを最後まで聞く”という事から意識的に変えていった。最近では自分勝手に話す事がなくなったし、喧嘩も少なくなってきた。自分からコミュニケーションをとるようになり、いろんな人と話すのが楽しくなってきた。勉強面はプログラミング2級に合格し、授業も楽しく受けられるようになった。生活面は自分の身の回りを奇麗にしたり、後片付けの手伝いをしたり、自分ができることは自分でやるようになった。

武井結香

  1. ・自分自身と向き合えるようになった。以前は人前に出てしゃべることが苦手で、嫌な事からすぐ逃げて、向き合おうとすることができていなかった。自分の中で何がいけないのかがわかっていても、行動にすぐ移すとなると、どうしたらいいのかわからなかった。向き合ってよく考えたら、“人から話しかけられたら反応しているのに、自分から話しかけることができない”ということに気づいた。それからは人前で自分のことを話せるようになり、人から話しかけてもらうのを待つのではなくて、自分から話しかけることができるようになった。逃げ出さずに自分の嫌なところを変えることはとても勇気がいるけれど、変わった自分を想像するとわくわくしてきた。メントレを受ける事ができるのも先生や家族のお陰で、今の生活ができているのは周り人の支えがあるからなので、全てのことに感謝の心を忘れずに必ず、全国大会に行く。

一柳なつみ

  1. ・プラスに考えられるようになり、良いイメージをすることが増えた。そのきっかけになったのは、イメージトレーニングだ。イメージ通りのことが練習試合で実際に起こった。成功した自分のプレーに対する周りの反応までイメージした通りだったので、とても驚いたし、嬉しかった。その日から頭の中で自分のプレーが成功しているイメージをすることが増えた。最後に受講した「リラクゼーション」では本当のリラックスを知ることができた。教わったように、自分の中にある“目を向けたくないもの”を赦していこうと思った。今は自分を客観的に見るためにノートを作っている。また生活面では皿洗いや洗濯物を干すことなど手伝うようになった。挨拶することやお礼を言うことが習慣になった。

小島愛

  1. ・2回目のメントレを受けて去年よりももっと成長することができた。人前で話すことが苦手だったが、緊張せずに3分間スピーチできるようになった。深川さんからも「表情が良くなった」と言われて嬉しかったし、自信がついた。笑顔で人と接することができるようになり、会話も増えた。また人に感謝することが増えた。中でもお母さんには、一番感謝している。夜遅くまで帰りを待っていてくれたり、私のためにいろんな事をしてくれているんだと、改めて思った。今まではやってくれることが当たり前だと思っていたけど、そうではない事に気づき、今ではやれることは自分でやっている。勉強の習慣がついてきて、去年よりクラス順位と評定が上がった。全商簿記2級の検定試験に合格した。生活面はご飯作りが習慣になってきた。

清水美奈

  1. ・疲れている時や悩んでいる時でも前向きな言葉を言えるようになり、周りの人にも前向きな言葉をかけられるようになった。私はやらないといけない事を後回しにして、後になって急いでやるということがよくあった。深川さんに教わったように「やることを5つ書き出す」ということをやってみると、紙に書き出すことによって、優先順位をつけてその通りに行動する事ができるようになった。今では余った時間を使って試合のDVDを見たり、頭の中を整理することができるようになった。トスが思うように上がらなくなった時も自分がうまく上がっている時の映像を見ることで改善することがわかり、いいイメージで練習できるようになった。勉強の習慣もついてきて、1年生の頃より順位が上がった。生活面では弁当箱洗いや洗濯など、自分のことができるようになった。

高木美希

  1. ・1回目はレッスンの内容を理解するのに必死だったが、2回目はその内容を自分に置き換えることができた。その日やることを紙に書き出して、時間を有効活用するという良い習慣を身につける事ができた。何よりも一番嬉しいのは、笑顔が増え、自分に自信が持てるようになったことだ。今までは自信がなく自分の意見もあまり言えず、人前で話すのが本当に苦手だった。けれど今ではスピーチの時に堂々と自分の思っていることを喋れるようになった。バレー面では常に全力で練習に取り組めるようになり、ジャンプ力が2cm上がった。勉強面は評定が上がった。一番心に残っているのは最後のレッスン「リラクゼーション」だ。17年間生きてきて、たくさん後悔した事や、やり直したいことがある。そんな過去を無きものにすることはできないけれど、“それらがあったからこそ今の自分になれているんだ。今までストレスに感じていた事が自分を成長させてきたんだ”と知ってすごく楽になれた。

野田遥

  1. ・一回目の受講は「良い話を聞けて良かった」で終わっていたが、二回目はより真剣に意味を理解し、自分の生活やバレーの中に学んだことを取り入れるようになった。バレー面では自分が目標に対して何をすべきかを紙に書き出した。それらを継続していくうちに、苦手だったプレーに対して苦手意識を持たなくなった。一番変わったと思う事は、以前はオフェンスで全く期待されるプレーヤーではなかったが、今では大事な場面でトスを持ってきてもらえる選手になったことだ。印象に残ったレッスンは「リラクゼーション」だ。“過去の自分の嫌なところ、嫌な出来事を赦す”ことを知った。そんな自分の嫌なところを書き出し、しっかりと受け入れたことで、自分がどうあるべきかを考えることができた。そして向き合ったことで、そんな自分を変えるための努力をするようになった。キャプテンという立場になり、怪我でチームを離れて戻ってきた時にチームと気持がかみ合わず、プレーも上手くいかないことが続き、本当に自分がキャプテンでいいのか悩んでいた。しかしメントレや深川さん、先生、チームメイトの話を聞き、自分の改善すべきところが分かり、少しずつチームメイトの目を見るようになり、プレーも良くなってきた。深川さんからもらった言葉も大事にしている。また自分に良い影響を与える本をたくさん読むようになった。

林美妃

  1. ・日頃から試合で打っている自分をイメージして練習することで、大会などで緊張せずに試合を楽しめるようになった。サーブの時も勝負にいくことができるようになった。またプラス思考になり、ミスした時の切り替えも早くなった。レッスンを重ねていくうちに「できない」と思うのではなく「できる!!」と思うようになり、ミスが怖くなくなった。ゲーム中でも「自分にスパイクを打ってこい!」と思いながらプレーしている。そうすることでレシーブがとても楽しくなった。生活面ではゴミをきちんと分別するようになり、洗い物も丁寧に速くやれるようになった。ちょっとした事でお母さんは「ありがとう」と言ってくれてとても嬉しかったので、私もお母さんに「ありがとう」と言っている。「ありがとう」は魔法の言葉だと思う。勉強面では順位も評定も上がり、全商会計2級、原計1級の検定試験に合格した。

堀倫瑠

  1. ・2回目のメントレは、1回目と捉え方が違って新しい発見が多かった。最初のころはチームの中で自分の意見を言う事ができなかったが、メントレを通して、少しずつ自分に自信が持てて、みんなの前で意見が言えるようになった。もう一つ大きく変わったのは感情のコントロールができるようになってきたことだ。今までは嫌なことがあるとすぐに黙ってしまい、顔に出してしまって、態度も悪くなっていた。プレー中にも私がミスした後に話しかけてくれた人に対して冷たくあたってしまうことが続いていた。どうすれば変われるのかすごく悩んでいたけれど、自分を客観的に見ることができるようになって、“プラス思考で物事を考えて、相手の立場にたって発言すればいい”ということがわかった。それから少しずつ自分が変わっていくと、自然と周りから話しかけてくれるようになって、自分が少しの努力をして積み重ねることができれば、すごく大きな変化が自然に返ってくるのだと思った。バレー面ではパス系統のボールを入れられるようになり、勉強面は評定が上がって、全商二級の検定に合格した。字もきれいになった。生活面は洗濯するようになり、靴を揃えるようになった。また他の人に注意ができるようになった。]

清水茜里

  1. ・「あなたの目標は心の中に鮮やかに描かれていますか?」この言葉を聞いて、夢や目標に対しての気持が変わった。以前は(叶うといいな、達成されるといいな)と思っていただけだったが、この言葉を聞いてから、具体的に目標達成のことについて考えることが増えた。そして、そのためにやるべきことを書き出し、実行することができた。スパイクのボールのスピードが上がり、ボールも重くなった。練習を楽しめるようになった。もう一つ大きく変わったことは、試合前の緊張を楽しめるようになったことだ。人間関係では親や妹に「ありがとう」ということが増えた。家庭での会話が増え、人と話す事が得意になった。勉強面は電車の通学時間を使うようになり、順位が1桁になったことがあった。生活面は家の中の片付けや整理、皿洗いなどをするようになった。またいいイメージができるようになった。

松森晴香

  1. ・物事を前向きに考えられるようになった。今までは何に対しても(どうせ自分には無理だ)とか(きっとできないだろう)とやる前から諦めて、挑戦もしていなかった。メントレをやっていくうちに、(自分もできるんじゃないか)と思うようになり、できないことを(できるようにしよう)と考えるようになった。少し前までサーブレシーブが苦手で、全く上げられずに弾いてばかりだった。毎日考えながら練習していくうちに、上がる時とミスする時などがわかるようになり、少しずつ上達していった。今では自信が持てるようにもなり、自分の上げたレシーブから攻撃が決まるとものすごく嬉しい。一番心に残っている言葉は「あなたは、あなたです。それでいいのです。受け入れてください。」という言葉だ。人と比べることが多かったけれど、それは無意味だという事に気づいた。勉強面は自分に合った勉強のやり方を見つけることができた。クラス順位も10位上がった。コミュニケーションがとれるようになって、家族との関係も良くなった。生活面は料理や片付け、洗濯などできることが増えた。その日にやることを5つ書き出して実行に移し、時間をうまく使えるようになって、自分の時間が増えた。頼まれていないことも自分から手伝えるようになった。

宮平唯衣

  1. ・目標設定と達成のためのチャレンジは、私にとって大きな影響を与えてくれた。始めたばかりの頃は1週間決めた事を継続することができなかったが、深川さんの「最後の一踏ん張りには巨大なボーナスがあるんだよ」という話を聞いて、甘えることなく、1週間パーフェクト達成できるようになった。生活面では家事の大変さを知り、親に感謝するようになった。勉強面では毎日コツコツやるようになり、数学の点数がかなり上がった。トレーニング面は自ら練習する事で上達する喜びを知った。好きになった言葉は「わたしの目にはあなたは高価で尊い」という言葉だ。その頃の自分は仲間と比べてしまい、(自分だけ成長していないな…)という焦りをずっと感じていた。しかし他と比較しても何も生まれないということに気づき「自分のやれる精一杯を続けることで成長するんだ。」と思えるようになった。それからは自信をもって毎日を過ごす事ができるようになり、毎日を精一杯の力で生きている自分に自信がもてるようになった。笑顔が増え、感謝することが増えた、

山口真有美

  1. ・受講前は目標を立てても三日坊主でやめてしまうことがほとんどで、目標達成のために頑張る事を諦めていた。メントレを通して三日坊主の癖が少しずつ良くなっていった。今日やる事を5つ紙に書いて実行することを毎日やってみて、前よりも自由な時間が増えて、家族と過ごす時間や、映像で自分の良いプレーを見て研究する時間が増えた。一時期サーブミスが多くて、自分のサーブの番が回ってくるのがすごく怖くなった時があった。でもテキストの中に「できない理由ではなく、どうすればできるか」という話があり、(ミスしたらどうしよう)という思いから解放された。前向きな言葉に変えられるようになり、自信がもてるようになった。今ではコースを狙って打てるようにまでなった。またよく跳ぶようになってから筋肉がすごくついた。全く出せなかった声も出せるようになってきた。勉強面は数学でクラス順位3位になった。生活面はできることは自分でやる習慣がついた。「ありがとう」という言葉が増えた。
▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された指導者の声

【 変化・成長した所 】
  • チームワーク向上
  • 前向きになった。
  • おこられた後の切り替えが早くなった。
  • 誰もが勝利を信じるようになった。
  • 一人一人が自ら役割を見つけ、行動するようになった。
【 修了式に参加して 】
  • スピーチが上達した。
  • 心の成長を感じ取れた。
  • 本当に勝てると思えた。
  • バレーボールへの真剣さが伝わってきた。

メンタルトレーニング修了式に参加されたメントレ受講OGの声

【 変化・成長した所 】
  • 久々に後輩を見て大人になったと感じた。新チームになった最初はまとまっていなかったし、それぞれが違う方向を向いているような気がしていたが、今日は団結していたし、輝いて見えた。
  • 自分もこのメントレを受けて変化した部分が多かったし、継続すれば変われるということを学んだので、社会に出ても目標をもって取り組んでいる。
  • 変わることは大変なことだが、その先にどんな喜びが待っているのか、先のことを考えながら少しずつ成長していけるようにしたい。[藤森真緒]

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】
  • たまにクヨクヨ悩む時もあるが、以前と比べると切り替えが早くなった。強い気持をもって取り組んでいると思う。
  • なんとかしたいともがいている状態のようだ。自分自身と向き合っていると思い、見守っている。思い通りの自分に出会えるように応援している。
  • 自立できたように思う。人の顔色を伺ったり、何事も気にする一面があったが、自分は自分、人は人、自分が納得できるまで頑張ろうという考えになったようだ。「人に望む前に自分自身がしっかりすれば可能になり、それに対して相手が気づき動いてくれる。そんな時に嬉しさを実感できる。」そんな感じの言葉が会話の中に見えてきた。
  • 生活面で今まではやってもらって当たり前に思っていたことに対して、感謝の気持がでてきた。
【 修了式に参加して 】
  • 子どもたちの顔が生き生きしている。自分自身を一歩離れて観察し、具体的な目標を立てて努力する「習慣付け」の良い機会を作ってもらった。
  • 部訓は気合いが入っている。チームが一つになろうとしていると力強さを感じた。
  • 自分を信じ、仲間を信じ、必ず夢は叶うと思う。立たされている立場は皆同じ。考え方次第で物事は全て変わってしまう。これからの人生、辛い時もあると思うが、メントレで学んだことを生かして進んでほしい。
  • 子どもたちなりに自立した考えを持っていると感じた。夢に向かって現実になることを願い、毎日頑張っていることがわかった。
  • チームワークが良いと感じた。
  • 毎年、毎年少しずつ成果が表れていると思う。

メンタルトレーニング修了式に参加された新1年生の声の保護者の声

【 修了式に参加して 】
  • 厳しい指導に耐えられるのかすごく心配だったが、今日の先生の話や先輩たちのスピーチを聞いているうちに、ひょっとしたら気持の持ち方、捉え方で乗り越えられるのではないかと思えた。
  • たった一回の体験に訪れただけで「絶対ここでバレーをやりたい」と言った娘の気持が、先輩方のスピーチを聞いて理解できた。自分もマイナスな考えをしがちなので、娘を通して前向きになれそうな気がした。
  • スピーチを聞いて、私自身反省しなければならない点、考えさせられる言葉がたくさんあった。「できない理由ではなく、どうすればできるか」いつも娘に「何でできないの?」と言っていた。これからはどうすればできるかを一緒に考え、前向きにいきたい。
  • 2,3年生のスピーチ誰もが前向きな姿勢で、素直に自分の気持を話していて感動した。このメンタルトレーニングを活用して取り組んでいることがよくわかった。深川先生の言葉も心に響いた。

メンタルトレーニング修了式に参加された新1年生の声の保護者の声

【 修了式に参加して 】
  • 一人一人の先輩方のスピーチに感動して涙が出そうになった。涙を流している先輩がたが半分くらいいて、今まで頑張ってきたことがとてもよくわかった。
  • 自分自身、物事をネガティブに捉えてしまったり、人の目を気にして言いたいことが言えなかったりする時があるので、それを改善できるようにしたい。
  • メントレを通して、本当にそんなに変わることができるんだと思い、少し驚いた。
  • 深川先生のお話で続けるためには始めに「絶対にやる」と決めることが大切だと言っていたので、何かを始める時には「絶対にやり遂げる」と決意をもって取り組もうと思った。
  • (できるのか)じゃなくて「できる!」、(どうしよう)じゃなくて(どうすればいいのか)を考えることが大事だと思った。
  • ネガティブで、マイナス思考で、人見知りが激しく、無意識のうちに人との間に壁を作ってしまう自分を変えたいと思った。先輩たちのようになれるのかと思うとすごく楽しみだ。全国大会にかける先輩たちについていき、今、自分ができることを精一杯やって、少しでもチームに貢献したい。
  • 先輩たちの心の強さはここからきているんだと思った。
  • 深川先生の話しは1つの例をあげて話してくれるので本当にできる、本当に自分次第なんだと思うところが多くあった。
  • メントレを通して自分自身を変えることができるとわかった。部活だけではなく、生活面でも家族や友達との接し方など大きく成長できることがよくわかった。
  • 心が変わるだけで表情や行動、雰囲気まで変わることができると思い、びっくりしたし、自分も変えられるかもしれないと少し勇気が出た。
  • 高いレベルを目指している分、練習はとても厳しいし、試合で苦しい場面もあるが、でもこのメントレを受けて、どんなことにも乗り越えられたんだなと思った。このメントレは、部活以外でも、これから社会でも絶対に役立っていくし、心が広く強い人間になれると思う。自分も受講して先輩たちみたいになりたい。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?
A.大変良かった(12人) B.良かった(1人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)
Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?
A.はい(13人) B.いいえ(0人)
Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(13人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった(11人)
  3. c.継続の力がついた(11人)
  4. d.努力できるようになった(12人)
  5. e.目標設定できるようになった(12人)
  6. f.夢や目標がはっきりした(12人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(7人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(12人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(13人)
  10. j.自信がついた(11人)
  11. k.積極的になった(9人)
  12. l.感謝するようになった(13人)
  13. m.明るくなった(12人)
  14. n.笑顔が増えた(13人)
  15. o.向上心が増えた(12人)
  16. p.精神的に強くなった(9人)
  17. q.あきらめなくなった(12人)
  18. r.気持ちの切り替えが早くなった(8人)
  19. s.視野が広がった(5人)
  20. t.優しくなった(10人)
  21. u.集中力が増した(5人)
  22. v.自分が好きになった(11人)
  23. w.その他[今までは目を背けてきた自分の短所に向き合って改善するようになった・緊張しなくなった・試合を楽しめるようになった・自分を客観的に見れるようになった・涙を流す事が減った]
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(13人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(9人)[ディフェンスのとる範囲が広がった・レフトのトスが上がるようになった・ジャンプ力2cmUP・苦手だったプレーを1つずつ克服できた・パス系統のボールを入れれるようになった・スパイクのボールのスピードup・スパイクのボールが重くなった・クロスレシーブが狙えるようになった・サーブレシーブが上がるようになった・パスを高い確率で入れれるようになった・筋力up]
  3. c.バレーボールや練習が好きになった(11人)
  4. d.練習時間が増えた(11人)
  5. e.練習内容が充実した(9人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(9人)
  7. g.一体感がでてきた(10人)
  8. h.声が出るようになった(12人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(13人)
  10. j.その他[ミスが少なくなった・常に全力で取り組めるようになった・試合に出れるようになった]
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(13人)
  2. b.勉強時間が増えた(11人)
  3. c.成績、順位が上がった(10人)[クラス順位10位up・評定up・数学(20点,30点)up・10位以内に入った・数学クラス3位]
  4. d.授業態度が変わった(7人)
  5. e.スピーチできるようになった(10人)
  6. f.勉強がわかるようになった(10人)
  7. g.将来の目標が決まった(9人)
  8. h.本や新聞を読むようになった(8人)
  9. i.検定試験に合格した(5人)[全商簿記(2級,3級)・プログラミング2級・全商会計2級・原計1級]
  10. j.その他[授業が楽しくなった・わからない問題、苦手な問題を知ることができた・字が奇麗になった・電車での通学時間で勉強するようになった・自分に合った勉強のやり方を見つけられた]
4:人間関系・親子関係
  1. a.人間関係が良くなった(13人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(11人) 
  3. c.親のありがたみや大変さがわかった(13人)
  4. d.感謝するようになった(13人)
  5. e.感謝されるようになった(9人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(13人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(13人)
  8. h.接し方が変わった(11人)
  9. i.家庭での会話が増えた(12人)
  10. j.その他[父との喧嘩が少なくなった・妹にもありがとうと言えた・他の人に注意ができるようになった・ありがとうと言う事が増えた・母との言い争いや妹との喧嘩がなくなった・友達やチームメイトの良い所が見えるようになってきた]
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(11人)[皿洗い・自分でやれることはやるようになった・弁当箱洗い・洗濯・弁当作り・自分から話しかけられるようになった・自分の部屋の掃除・朝起き・整理・料理・できることが増えた]
  2. b.良い習慣がついてきた(10人)[挨拶・ご飯作り・行動がスムーズになった・やることを5つ書き出したら余った時間でバレーのことを考えられるようになった・時間の有効活用・身のまわりをきれいに保つ・ゴミの分別・サーブの時のルーティン・いいイメージができるようになった]
  3. c.手伝うようになった(9人)[洗濯物干し・後片付け・風呂の排気口など普段気づいていない場所の掃除ができるようになった・皿洗い・洗濯・頼まれなくても自分からできるようになった]
  4. d.生活リズムがよくなり充実してきた(10人)
  5. e.時間管理ができるようになった(12人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(8人)
  7. g.健康管理できるようになった(11人)
  8. h.生活が楽しくなった(13人)
  9. i.その他[自分の身の回りをきれいにするようになった・靴を揃えるようになった・自分の時間が増えた]
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?
A.はい(13人)B.いいえ(0人)
▲ページの先頭にジャンプします
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket