千種高等学校 サッカー部

修了式のアンケートより
千種高等学校 サッカー部
< 威 風 堂 堂 >
  1. 一、貪欲に勝利にこだわる。
  2. 一、常に楽しむ歓びを知り、苦しいときも笑顔で乗り越える。
  3. 一、周囲に気を配り、率先して行動する。
  4. 一、学生としての自覚を持ち、積極的に勉学に努める。
  5. 一、家族、先生、友人、環境に感謝、尊敬の念を持つ。
  6. 一、感動を与え、共有する。

60日間メンタルトレーニングを受講された生徒の声

後藤一樹

  1. ・サッカーに対するモティベーションが上がった。選手権での悔しさが練習への意気込みになった。「うまくなりたい」という思いが自主練習への取り組みを変えた。ドリブルが上手くなり、10?20kgのベンチプレス2000回できるようになった。生活面では、大量の洗濯物をたたむことで親のすごさを実感した。自分の良い所、悪い所に気付く事ができ、それを心に留めて行動している。またチームの雰囲気も良くなった。アファーメーションを始めてから練習の質が上がり、楽しくなってきた。声も良く出るようになって、互いに刺激しあっている。

小澤弥聖

  1. ・勉強面、サッカー面、生活面などのあらゆる面で、物事を前向きに捉え、どんな事にも積極的に取り組めるようになった。何かやりたいと思った時、以前は「可能か、不可能か」とまず考えていたが、今では「どうすれば可能になるか」と常に考える。考え方が変わったことで、やりたい事がいっぱいできて、生きる事が楽しい。そして、それを継続する事で向上心も身についた。特に自分の成長がわかりやすいのは、筋肉トレーニングだ。現実と理想の違いを感じる時は、努力が足りなかった自分に怒り、克服するための課題に取り組む。サッカー面では腹筋がつき、コントロールが上手くなった。生活面は皿洗いや洗濯を喜んでできるようになった。

関戸啓文

  1. ・“自分を裏切ることがとてつもなく多く、それによって自信をなくして周囲から「精神的に弱い」と言われている”という事に気付いた。メントレを通して「精神的に強くなり、本番では緊張せず自信家になり、いちいち萎えないようになりたい」と思った。「夢・目標ノート」を書くようになって、モティベーションが続くようになり、長期目標でも達成できるようになった。そして、目標達成のために自分で決めた事を必ずやるようになり、自信を手に入れることができた。また以前はプレーのイメージが全くできていなかったが、「アファーメーション」「イメージトレーニング」を通してイメージした通りのプレーができ、大舞台でも緊張をあまりしなくなった。前向きに捉える事ができるようになり心配することが少なくなった。「ヤバイ」という回数が減り、「ありがとう」という回数が増えて、自信をもって行動できるようになった。試合が楽しくなり、笑顔でプレーすることが増えた。

藤田奨己

  1. ・一番成長したと思うのは継続力だ。受講前は家で勉強する習慣がなかったが、今では毎日30分は勉強し、電車内やちょっとした時間にも単語など、無理のない範囲で続けている。トレーニング面では(他の人に負けない質、量を)と考えながらやって、パスの成功率が上がった。続けてトレーニングできたのはチームメイトがいたからだ。これからももっといいチームになるために、みんなで成長していく。生活面は洗濯や自炊をするようになった。深川さんの話は初めて聞くものばかりで、いつも刺激を与えられたし、引き込まれた。その中でも特に大切にしたいのは「右手のすることを左手に知らせてはならない」という言葉で、“見返りを期待しない事が本物の徳”に気付かせてくれた。もっと心の広い人間になりたいと思った。

古田翼

  1. ・受講前はネガティブな言葉を口にすることが多かったり、試合中も自分のプレーに自信がなかったり、ミスした時もなかなか切り替えができなかったりした。しかし、メントレを受講して、自分の心の成長を実感し、自分の決めた事を継続する「力」を得る事ができた。目標達成するたびに、達成する事の楽しさと達成感を味わうことができるようになった。自分の苦手なことから目を背けて逃げていた僕にとって、変わる事のできるいい機会となった。自分が今やらなければならないことを明確にして自発的に取り組めるようになった。さらにプラスに考える事が多くなった。「心が変われば全てが変わる」と自信をもって言う事ができる。試合直前、落ち着く事ができるようになった。そして、周りを見て良い判断ができるようになった。生活面では毎日皿洗いをした。気付いたら行動するようになった。

家城敏明

  1. ・大きな変化が自分の中にあった。サッカー面では「勝負強さ」「向上心」がついた。リーグ戦、3?0のビハインドから残り15分で3点取り返し、結果、新チームは無敗だった。選手権、県大会で決勝点をあげた。チームとしても個人としても勝負強さがでてきた。サッカー面だけでなく勉強面でも潜在能力に気付く事ができた。計画的に勉強して、習慣化し、順位が上がった。これから、自分の志望校合格に向けてプロセスを、メントレで教わったことを参考に考えていく。自分で物事を考えて行動すること、空き時間を上手く使うこと、他人への思いやりの心をもって接する事ができるようになった。テキストの中にあった「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という言葉を忘れず、これからも、大切な自分との約束を守っていく。

伊藤亮介

  1. ・心の持ちようがだいぶ変化した。受講前は自分に不都合なことが起こるとマイナス方向に捉えがちだったが、今ではプラスに捉えられるようになった。以前は三日坊主なることがよくあったが、やると決めた事をやり続ける習慣が身についた。物事にコツコツ取り組み、継続的に積み上げていく大切さを感じた。一番印象に残っているのは、両足を戦争で無くしたけれど、両手でマラソンを完走したランナーの話だ。彼は誰もチャレンジしないことに敢えてチャレンジして、人々に感動を与えた。僕も人々に大きな感動を与えられる人間になり、そんな人生を送りたいと思った。

上田直輝

  1. ・自分の良さを残しつつ、自分の弱点を克服したいと思い、メントレを受けてきた。受講して視点が270°変わった。まず一番には、小さい時から不安をよく抱いたせいで「勇気、自信」を失い、何をやるにもびびっていた自分だったが、受講して笑顔が増え、何をするにも楽しくなってきて、いつの間にかなくした「勇気と自信」を手に入れ始めることができた。次には目標をきちんと立てて行動に移すということだ。目標達成時の嬉しさは本当に大きなものだった。この嬉しさをいい意味で中毒にしていきたい。ポジティブになり、トレーニング面では腕全体の力が増し、生活面では自分のことは自分でやるという習慣がついた。深川さんや江崎先生、家族に感謝し、これからも継続していき、恩返しをする。

落合克成

  1. ・変わったことの1つ目は「自分との約束を守れるようになったこと」、2つ目は「勝負にこだわるようになったこと」だ。自分に勝つ歓びを改めて実感したことにより、どんなことでも「より一層勝ちたい」という気持を持てるようになった。そして、だんだんと自分に自信がもてるようになっていった。トレーニング面ではボディコンタクトで負けなくなった。授業練習、自主練習の習慣がついた。勉強のサイクルができた。生活面は朝食の準備を手伝うようになった。テキストの中の「わたしの目にはあなたは高価で尊い」という言葉で、悲観ばかりしていた自分を改めることができた。

鬼頭史也

  1. ・(たった60日で精神的に成長できるのか)と心配していたが、講義を受けていてみると楽しかったので、深川さん、チーム、そして自分を信じて。一生懸命に取り組んだ。特に印象に残っているのは潜在能力の話だ。「自分にはまだたくさんの潜在能力がある」とわかったことによって、なかなか物事が円滑に進まない時に「まだまだできる!」と自分を信じられるようになった。またテキストに登場した成功者たちに共通していたことは、強烈な夢への「熱望」を持ち、どんな逆境にも負けず、事を成し遂げていったことだった。もう一つ気付いた事は、目標達成のためにやるべき事を決めて、7日間継続して行うのと、量は同じでも継続せずにするのとでは、得られる効果が全く違うという事だ。自分自身、すると決めたことを7日間継続していき、自分に勝ち続けたことによって自信もついた。トレーニング面は腹筋連続100回ができるようになった。勉強の習慣がつき、家事も少しできるようになった。これから先も潜在能力を開拓できるように自分を磨いていく。

小池拓実

  1. ・明確で具体的な目標を持つようになった。それは「スタメンを奪う」ということだ。(この目標を達成させるために自分に足りないものは何だろう?)などと考えて日々を送るようになった。ところが、この大事な時期に怪我をしてしまった。サッカーもできず、とても悔しい思いもあったが、この現実をマイナスに捉えるのではなく「この怪我を通して成長してやる」と思っている。自分で決めたことも徐々に達成できるようになり、自分に勝つ事が増えた。トレーニング面では、雨が降っても、その天候を言い訳にせずに走れたことがとても印象に残っている。毎日走ることで体力がつき、苦手なことを克服できるようになった。ミスした後の切り替えが早くなった。勉強の習慣がつき、クラス順位が20位上がった。理系教科の順位は、全部一桁になった。生活面の目標でやってきたことは大して家庭に貢献することではなかったのに、家族は怪我をした僕を送り迎えしてくれた。本当に感謝している。これからも目標達成に向けて努力し続け、家族に恩返しをして、さらに成長していく。

小坂哲平

  1. ・身に付けたかったことは「コツコツ続けること」と、「走れるようになること」だった。メントレで夢への強い熱望や目標など、多くを学んだ。アファーメーション、イメージトレーニングなど、大事な場面でとても役立つことも習得できた。一番良かった事は、目標達成して、成功体験をし、それを習慣づけるということだ。続けることの大切さを学び、‘習慣づけ’ができるようになった。夏前は体重がなかなか落ちなくて走りについていけなかった。(自分は、本当に体重を落として思うようなプレーがしたいのか?)と考えさせられた。(一度、本気になろう!)と思い、ランニングを始めた。最初は3kmから始めて、少しずつ増やしていき、今では6kmを軽々と走りきれるようになった。今までの‘チームの最後尾’から抜け出す事ができた。走って人に勝つ喜びを体感し、もっと走り続けて順位を上げたいと思えるようになった。

杉浦友弥

  1. ・変わったことが三つある。一つ目は、あらゆるものに対しての考え方だ。小さな事にも感謝できるようになった。してもらって当たり前だと思っていた事に対しても「ありがとう」と一声かけることの大切さに気付いた。否定的な事に対してどう対処するか、どうプラスに転換していくかを学び、実践する事ができた。二つめは表情だ。笑顔の良さを教わり、日常生活でも笑顔でいることを意識した。最初はなかなか慣れなかったが、徐々に笑顔のすごさに気付いていった。毎日が楽しくなり、友人との会話も増え、βエンドロフィンも出る。良い事づくしだ。三つ目はチームの雰囲気だ。チーム内での会話がプラスになり、仲もより深まった。特に印象深かったのは市内県立。アファーメーションで一体感も強まり、プラスの言葉が飛び交い、今までで一番楽しい試合だった。目標達成に向けた取り組みで、トレーニング面では足元の技術が上がり、勉強面は英単語ができるようになった。生活面は自分で料理ができるようになって、靴を揃える事が習慣になった。

高堀峻登

  1. ・物事を前向きに捉えられることが多くなった。受講前の自分は悪いイメージをしていることが多かった。また目標設定をして、自分に勝つ習慣も身についてきた。チームとしても、お互いに声をかけ合って、最後には全員がパーフェクト達成できた。この取り組みを通して、自分の弱さなども感じたが、‘自分次第で変えていける’ということもわかった。トレーニング面ではボールタッチが良くなった。勉強の習慣がついて化学でクラス1番がとれた!生活面は自分から進んで家のいろんな場所の掃除ができるようになった。

武井風太

  1. ・入学前、初めてサッカー部に参加させてもらった時に(ここのレベルについていけるかな)と不安ばかりが頭を過り、諦めようとしていた弱い自分が、このメントレを通して、‘難しい状況を敢えて望み、挑戦しようとする自分’に変わった。目標達成に向けた取り組みで、初めてサッカー面、勉強面、生活面全て達成できたときの達成感、それと同時に、今まで感じたことのなかった内面から自然と涌き出る自信のようなものを感じた。今まで他人から「自信をもて」と言われてもどこからもってくるのかわからなかった。その疑問が一発で解決した。‘日々の成功体験によって自信をつけていく’という方法は、メントレを受講していなかったら知ることもできなかっただろうし、一生この疑問を持ち続けていたと思うと、本当に良い経験をしたと思う。チーム内では「ありがとう」という言葉が増えた。みんなが‘チームメイトのために与えるようになり、それに対して礼を言い、それが嬉しくて、また与える’そんな良い連鎖が広がっている。

早川茉里

  1. ・メントレを受講して、自分の甘さに改めて気付いた。一番印象に残っているのはアファーメーションだ。思いっきり叫んですっきりした。普段大きな声を出さない人も頑張っていて楽しかった。成長した事は、考え方や気持の持ちかたを変えることができるようになった事、自分のことは自分でできるようになった事、洗い物を手伝うようになった事などだ。

船橋汰樹

  1. ・(誰よりも成長してやる)そういう思いでメントレに臨んだ。受講前の自分は、練習試合で思うようにプレーできないと一人で反省会をして「何がだめだったのか」を考えていた。すると悪いイメージが次々に出てきて不調に陥り、なかなか抜け出せないでいた。しかしメントレで成功者、勝利者の様々な考え方などを理解すると、徐々に悲観的に考えることが少なくなり、反省会でも「どうすれば良くなるのか」と考えるように変わった。目標設定と達成のための取り組みも効果的だった。自主練習を密度の高いものにできた。達成の難易度が高いメニューを1週間続けることができた時は、本当に気持が良く、さらに練習を楽しめるようになった。成長した事は、ボールを収められるようになった事、勉強が習慣になってきてクラス順位が6位上がった事、自信がついたこと、苦しい状況下でも楽観的な考え方でいることができるようになった事だ。

柵木理沙

  1. ・‘心や言葉がもたらす力の大きさ’に驚いた。受講前は、‘自分がどんな人で、どんな考え方をして、どこが問題なのか’などとあまり考えたことがなかった。メントレを始めて「自分に自信がない」ということに気付き、向き合うようになった。メントレを通して、たくさんの言葉や考え方に出会った。その中で「あなたの隣人をあなたのように愛しなさい」という言葉に強く目がとまった。「周りの人を大切にすればいいんだ」とまず思ったが、それだけではなく‘自分との約束をまず大切にして守る事’、そして‘自分を高めていくことで周りへの良い影響をもたらすことができる’と学んだ。言葉のレッスンにもとても興味をもった。自分が今まで否定的な言葉を使っていた事に気付かされ、それからは、前向き肯定的な言葉を発しようと心がけた。すると、自然といつも良いイメージをするようになり、物事を良く考えるこができるようになった。日記や目標を書く事が習慣になり、家事を手伝うようになった。勉強面では少し順位が上がった。自分だけでなく‘相手のために何ができるのか’を考えるようになった。

室雄太

  1. ・今まで気付かなかった事に気付く事ができた。生活面ではほとんどやったことのなかった家事(洗濯や弁当箱洗い)をやったが、想像以上に大変だった。少しは母の気持がわかった気がして、感謝の思いでいっぱいになった。考え方でも間違っている点が多いことに気付いた。メントレを通して、人生を楽しむ考え方を学ぶことができた。それは、サッカーや学校生活だけでなく、自分の将来にも生かせる。今までは、嫌いなことや気に入らないことがあると、愚痴を言ったり自分勝手な行動をとったりすることも多く、思い通りに物事が進まないと「自分はダメだ」とマイナス思考になって他人と比較していた。しかし、今は‘必ず乗り越えられる’と信じて前向きに取り組めるようになった。サッカー面は左足の精度が上がり、試合中、雰囲気が悪いときも盛り上げる声を積極的に出せるようになった。勉強の習慣がつき、数学、物理では上位を維持している。これからも学んだ事を最大限に活用して、見返りを求めずに進んで他人のために行動できる器の大きい人間になる。

山田武明

  1. ・心の持ち方によって、いろんな事が良い方向に変化していくことを知ったし、実感した。物事に対する考え方が変化し、人の発言に、より耳を傾けるようになった。マイナスなイメージには特に敏感になって(自分ならプラスのイメージを与えるのに…)と思えるようになった自分の変化にも喜びを感じる。と同時に、自分自身が発する言葉の重要性も感じた。また目標達成してきた事で、自分に自信をつけることができた。ベンチプレスが20kgアップした。またサッカーだけではなく、日頃の生活にも目を向けるようになり、洗濯や弁当箱洗いも自分でするようになった。これからも教わったことを生かし、目標に向かって努力し続け、夢を叶える。

和田健吾

  1. ・受講させてくれた親に感謝したい。メントレを通して大きく変わることができた。一番変わったことは習慣の徹底だ。これまでは自分の都合のいいように言い訳をして、弱い自分に負けていたが、目標達成に向けて毎週取り組んでいくうちに、徐々に改善されていった。「最も親しい友は自分自身であり、自分との約束を破る事は親友との約束を破る事と同じだ。」という衝撃的な言葉に出会った。自分の行いを顧みると数えきれないほど自分を裏切ってきたことに気付き、そして自分を恥じた。それ以降、自分の中で何かが変わった。メントレが終わった今も、計画を立てて実行している。また自分にとってマイナスな事が起こっても「自分が成長するためには必要なことだ」とか、ミスをしたときも「こういうミスをしたからこそ、また違った発見ができた」などとプラスに捉えられるようになった。自分の周りにいるとてもストイックで何ごとにも全力で取り組んでいる尊敬すべきサッカー部の仲間たちと生活できるのも、あと僅か。全員で高みを目指す。

伊藤涼介

  1. ・このメントレは、かなりの面倒くさがりだった自分の心、考え方を根本から大きく変えてくれた。受講前までは三日坊主ですぐに諦めてしまうことが多かった自分だったが、自分を裏切ってしまい目標達成できないと、そんな自分が嫌になり「もっとできるはずだ」「絶対やりきるぞ」と思えるようになった。そして自分との約束が守れるようになり、自分のことも好きになれた。そして「自分はまだやれるんだ」ということも気付かせてくれた。継続する力や集中力がついた。生活面では家事全般を手伝うようになった。ポジティブの大切さを学び、感謝することの大切さを実感した。感謝を伝えると、自分も相手も幸せになれる。メントレで学んだ事は、これからの自分の財産となった。

大谷祥多

  1. ・自分の目標を正確に紙に書き、それを達成する味を覚え、習慣化したことにより、継続する力が身についた。生活面の目標は「自分の皿を洗う」「自分の靴を揃える」と自分のことしかやれていなかったが、最後に弟の弁当箱も洗うことなど、初めて周りに影響を与えることをし始めた。勉強面は、学力が向上した友だちや伸びているクラスメイトを見て刺激を受け、自主的に取り組む事が増えた。古典と数学のクラス順位がかなり上がった。サッカー面では気持の切り替えが早くなり、キャッチの技術が向上した。

大塚一輝

  1. ・受講前は、勉強もトレーニングもその日の疲れ具合に応じた量を、やりたい時にやっていた。しかし、メントレを通して自分の生活が変わった。特に勉強面の成果はすぐに表れた。とても嬉しく、もう一度成功したいという気持になり、何時間勉強しても苦にならなくなった。クラス順位が一桁になった。サッカー面でも、今週はパス、今週はキックなどと目標を明確に、継続してやり続けることがきで、少しずつ進歩を感じている。ベンチプレスのMaxも20kg以上上がった。全ては目標である「全国」のために頑張った。そのことを考えると胸がいっぱいになり、どんなことも楽しくできた。深川さんの話はどれも興味がわいた。その中でも「言葉は人生、運命を変える」という言葉が印象に残っている。

大西慶汰

  1. ・心も体も一回り大きくなった。サッカー、勉強、生活の全ての面において成長できた。強いシュートが打てるようになり、筋力がつき、腹筋も割れた。勉強面は苦手な数学でクラス5位になった。生活面は、率先して家事を手伝うようになり、洗濯など自分でできることが増えた。また風邪の予防で手洗いやうがいなどをして、気持よく生活することができた。自分に勝つ習慣が少しずつついてきて、消極的な考えをしなくなった。

加藤資康

  1. ・最初はなかなか目標達成できずに悩んでいたが、内容を少し簡単なものにして毎日続けることから始めていくようにしてみた。徐々に難しい内容に変えていくうちに、自分に少し自信が持てるようになった。生活面の目標で玄関にある靴を並べだしたら、親がすぐ気付いてくれた。家族みんなできれいにしていくように頑張ってくれて、家族の優しさ、大切さを改めて感じた。挨拶する事が習慣になり、身の回りの整理ができるようになった。毎日少しでも勉強するという習慣がついて、今まで全く変化しなかったクラス順位が10位上がった。毎日筋トレすることによってベンチプレスも45kg上げられるようになった。

河路瑞生

  1. ・決めた事に対してやり遂げる事の大切さや、言葉の大切さなど、いろいろな事を学んだ。最初は目標があまり明確ではなく、達成率も低かったが、目標をはっきりさせ、達成した姿を想像して「自分はこうなりたい」と強く熱望する事によって、目標達成できるようになった。サッカー面では毎日ストレッチするようになった。また上半身の筋肉がつき、試合中、周りが見えるようになった。ミスしたときの切り替えも早くなった。毎日一時間勉強することが習慣になった。生活面は靴をそろえるようになり、練習着を毎日洗っている。

北村健

  1. ・生まれて初めて、一週間決めた事をやり通すということができた。目標達成に向けての取り組みは、自分に勝つ習慣を身につけると同時に、一日の過ごし方を見直すこともでき、通学の電車での時間の使い方を考えるようになった。今までは人と比べて一喜一憂する毎日を過ごし、自分に自信がなくなり、サッカーのプレーにも影響してしまい、どんどん退化するような感じだった。しかし、テキストの中で「あなたはあなたです。それでいいのです。受け入れてください。」という言葉に出会ってからは、人と比べる事をやめる努力をした。すると人の長所だけでなく、自分の長所も見つけることができるようになった。自分を信じてプレーできるようになり、止まっていた成長が再び動き出したように感じた。自信をなくして、毎日人に冷たく当たっていたが、今では後悔するようになった。言葉一つでこんなに変わるのかと驚いている。勉強面でも英語と古典の点数がかなり上がり、トレーニング面ではベンチプレス65kg上がるようになった。

小林隼大

  1. ・以前は宿題しかしていなかったが、毎日1時間勉強するようになった。しかし成績はあまり変わっていない。今までの僕ならそこでやる気をなくしてやめていたが、メントレを受講してからは、かえって前向きに捉えることができ、今では毎日2時間勉強するようになった。筋トレも継続できるようになってきて、スタミナがついた。生活面ではお風呂洗いなどを自らするようになり、弁当箱も洗うようになってきた。

清水智陽

  1. ・自分で決めた事をやり続けられるようになった。目標を立てて紙に書き、達成を目指すということの習慣化に成功できた。自主レッスンの中で‘他人から見た自分の性格を知って見直すこと’や、‘互いに良いところを話し合う’など、とても有意義なトレーニングができた。講義で印象に残っているのは、‘夢や目標を考える時には必ず、自分の現在位置を知る’というところから入っていったことだ。また前向きに物事を捉えることの重要性を本当に感じた。生活面では自分のことは自分でやるようになって、言われなくても手伝うようになった。

川口泰樹

  1. ・プラス思考になり、精神的に強くなった。夢や目標がはっきりして、継続の力がついた。トレーニング面は筋トレが習慣になり、ベンチプレス55kg上げられるようになった。勉強の習慣がついてクラス順位が一桁になった。生活面は家事をいくつかやるようになった。

神馬菜那

  1. ・3分間スピーチでは初めてサッカー部全員の前で話をして、とても緊張したけれど、少し楽しかった。目標達成に向けた取り組みでは2週間パーフェクト達成できた。初めのころは具体的な目標を立てられなくてなかなか達成できなかったが、段々慣れてくるうちに目標をしっかり立てられるようになり、達成率が上がっていった。一番印象的だったのはアファーメーションだ。受講前は何かあるとすぐネガティブな方向に考えて一人で落ち込んでいた。周りからも「ネガティブすぎる」と怒られることもあったが、最近は周りからも「めっちゃポジティブだね」と言われるくらいに変わることができた。最近は物事がうまく進むことが多くなった。またしっかりと考えて決断できるようになった。勉強の習慣がついて順位が11位上がった。生活面は笑顔で挨拶することが習慣になり、朝、一人で起きるようになった。皿洗いなども手伝うようになった。

須賀航平

  1. ・最初は意味があるのかと疑っていたが、意志の弱い自分を変えようと、受講することを決めた。なかなか目標達成できなかったが、回を重ねるうちにパーフェクト達成するチームメイトの数が増えてきたことに危機感を感じて、難易度を下げて取り組み、初めてパーフェクト達成できた。その時の嬉しさは過去に感じた事のないもので(これが達成感なんだなぁ)と思った。勉強面は英語の偏差値が上がった。生活面は‘部屋をきれいに保つこと’や‘ストレッチ’など自分の為のものだったが、友だちや先輩は人の為になることをしていたので、自分も靴を揃えることから始めた。すると親が気付いてくれて「ありがとう」と言ってくれた。すごく気持よかった。テキストの中に、戦争で両足をなくすという不幸な状況にあるにもかかわらず、他人のために両手で走ったというランナーの話があった。そんな人がいるということを心に留めて、他人に与えることを意識して日々を送っていきたいと思う。

瀬木智道

  1. ・物事の見方や考え方が変わってきた。自分や他人をすぐに悪いと思うことがなくなり、いろんなことに感謝できるようになった。それによって「お願いします」や「ありがとう」といった言葉が自然に増えた。逆に人から感謝されるような事も積極的にできるようになった。また時間を有効に使うために、あらかじめ計画を立てるようになった。‘目標を達成するためにはどうすればよいのか’を考える時間ができ、常に目標を頭に描きながら計画をこなすようになった。(どうしても目標を達成しい)という思いが、やる気になった。サッカー面ではボールのコントロールが良くなり、勉強が習慣となって英語の成績が上がり、地理が8位になった。生活面は洗濯前に汚れを手洗いした。‘自分はこの世にただ一人のかけがえのない存在だ’とわかり、他人と比べなくなった。他人と比べてうかれたり、諦めたりすることがなくなり、常に前向きに努力するようになった。今、自分がやれる全てのことをやり、自分を磨いていく。

高橋健人

  1. ・一番良かったのは「セルフ・イメージ」のレッスンだ。高校に入って、僕には足元の技術がないということに気付かされて、「自分には足元がない」という悪いセルフ・イメージが出来上がっていた。ボールを止めるのが精一杯で、何も見えなかった。トラップ練習をしても肝心な所でミスしてしまう。その原因がセルフ・イメージにあったことに気付かされた。うまくボールをあつかっているアファームをするようになった。その姿をイメージすることは難しかったが、少しずつできるようになってきている。徐々にトラップ、足元の技術が向上してきている。勉強の習慣がつき、クラス順位が20位上がった。生活面は弁当箱洗い、洗濯、ゴミ捨てなど、ちょっとした気づかいができるようになった。また物事をできるだけプラスに考えるようにしたら、いろいろな事が上手くいく気がして日々が楽しかった。ポジティブシンキングの良さを、身をもって体験することができた。

田中大樹

  1. ・継続する力がついた。テストの時でも3週間前からコツコツやる癖がついた。サッカー面も、メントレが終わった今でも目標に向かってコツコツ努力している。生活面ではできる家事が増えた。また、メントレを受けて夢ができた。これまではそういう事を考えることもなかったし、考えようとも思わなかったが、その心も変わり、その夢を果たすために、これからもやるべきことをやっていく。

恒川陸

  1. ・継続する事の大切さ、何ごともあきらめない心持ちが大きく変わった。受講前はほとんど途中でやめてしまっていたが、勉強、運動、生活面での自分の目標を継続することができるようになった。ストレッチや勉強が習慣になり、ベンチプレスのMaxが上がり、両足のキックが上達した。物を大切に扱えるようにもなった。自信に自信がもてるようになった。「心から願ってチャレンジしたら、夢は実現できる」という深川さんの言葉がとても印象に残っている。また、深川さんはサッカー以外にも、生活面の事や、社会に出た時のことについても話をしてくれ、為になることばかりだった。

永山虎之介

  1. ・取り組みの中では、泥がついた練習着を洗ったことが一番きつかったが、今まで母親がやってくれていたことにありがたみを感じ、同時に自分の甘さを感じた。メントレも終盤にさしかかった時、「与える事を忘れるな」と深川さんが言った。この言葉が僕の心に響いた。最初の頃はなかなか続かなかった自分の目標も、この頃になるとなんなくこなせるようになっていた。勉強面では国語が3位になり、生活面は、食器洗いや玄関掃除などが習慣になった。

成川皓泰

  1. ・変わった事は2つある。一つ目はいろいろ前向きに考えられるようになったことだ。受講前は練習や試合で上手くいかなかったときに「もうダメだ」「なんで俺があのポジションに選ばれたんだ」などと後ろ向きなことしか考えることができなかった。受講してからは「今日はこれが上手くできたな」「次の試合では今日できなかったことを意識してやっていこう」という前向きな考えが持てるようになった。この前向きな考えと目標達成のための取り組みのお陰で、最後の練習試合に今までにやったことのないフェイントやボールタッチができるようになって、試合が面白くなった。またドリブルやパスの精度も上がった。走りのトレーニングの時メントレ前は「いやだなぁ」とネガティブな気持のまま走っていたが、受講後は「絶対にトップになる」などと強い気持をもってトレーニングできるようになった。生活面では言われた事を素直にするようになった。ゴミを拾うなど、人のために行動する事も増えた。

野島実紗

  1. ・受講前は、決めた事でも(まぁいいや)と思って先延ばしにする習慣があった。なかなかその習慣が抜けきれずに目標達成できなかったが、みんなの頑張る姿を見て、「自分も頑張ろう」と思えるようになった。9週目、10週目はパーフェクト達成できて、すごく気持が良かった。(次ももっとできる!)と思えて、良いことばかりだった。(成功体験って、麻薬みたいだな)と思う。そして、いつもイメージしていた夢が叶った。来年の学際の15役という役職になることだ。考え方がすごく前向きになり、テストでできなかった教科を(できなかった)と落ち込んで終わるのではなく、「次はもっと勉強するといいよって教えてくれたんだ」と感謝して前よりも勉強した。かなり点が上がり、クラス順位も上がった。

野田琢磨

  1. ・受講前は面倒なことには目をつぶって、楽しいことだけをしてきた。しかし、メントレで「成功者は苦しく逆境に立たされたときに、前向きに考え、ゴールから目をそらさず、ひたむきな努力を続ける」と学び、(果たして自分はそうできるか?)と思い、(自分を変えたい)と思うようになった。それからは好きではなかった筋トレや自主練に積極的に取り組むようになった。ベンチプレスの重さが25kg以上上がった。結果が自信やモティベーションにつながり、今では筋トレも好きになった。感謝の気持が持てるようになった。朝早く起きてお弁当を作ってくれる母や、家族のために毎日一生懸命働いてくれる父、そしてプレーヤーのために精一杯力を尽くしてくれるマネージャーさんにも改めて「ありがとう」と言いたい。

長谷川諒

  1. ・一番効果がでたのは勉強面だ。受講前の勉強時間はほぼゼロだったが、少しずつ勉強し始めて、今では毎日しっかり勉強できるようになって、順位も上がった。勉強しないと一日が終わらない感じにまでなった。すごく勉強が楽しい。今までのサッカーの自主練は、適当に漠然とボールを蹴っていた。受講してからは、自分の問題点、改善点を探して、それを克服するための練習を心がけている。左足の技術が格段に上がった。また怪我をして一ヶ月ほどサッカーができなかった時も、自分でできることを探して筋トレをずっと続けることができた。自分だけでなく、チーム全体としても意識が高まってきて、雰囲気も良くなった。(メントレってすごいな)と思った。

日野雄仁

  1. ・熱心に努力できるようになった。自主練はいつも最後のまで残って練習できるようになり、勉強も毎日続けられるようになった。体重が増えてAに上がった。生活面は親に頼らなくなってきた。自分のことは熱心にやれているが、あまり人のためになることができなかったり、人の気持を考えられなかったりするので、今後はそれを改善していきたい。受講前は試練にぶつかるとすぐに諦めたり考えたりする性格だったが、アファーメーションやイメージトレーニングの成果が現れてきて、だんだんプラス思考に捉えることができるようになった。切り替えが早くなった。

藤本拓哉

  1. ・一番身についたことは、何かを決めて、それを達成するまで努力するということだ。自分の決めたトレーニングや生活習慣を一週間毎日続け、良い習慣を作る事ができた。また意識的に前向き肯定的に考えるようにしたら、「自分にはできる」と思えるようになった。自主的にやろうと思う事や、楽しいと思える事が増えた。自分の良い所や改善点も知ることができた。サッカー面では左足が上手くなり、筋トレ、ストレッチが習慣になった。生活面は自分の部屋を片付けるようになり、食器洗いを手伝うようになった。

真栄田舜

  1. ・部活が終わってから、毎日左足のシュート100本すると決めて、3週間続けた。左足のキックの精度と威力が上がった。勉強の習慣がつき、順位が9つ上がった。続けるためには習慣にする必要があるのだと実感した。

松浦圭吾

  1. ・60日間メンタルトレーニングは本当に自分にとって大きな財産になった。受講前の自分なら絶対にネガティブになるような苦しい状況でも、決して苦にせずポジティブに考える事ができるようになった。‘自分のためだけでなく、自分を支えてくれている周りの人たちのために何か物事を成し遂げようとする勝利者たちの考え方’を尊敬し、見習っていきたいと思った。あらゆることに感謝の気持を持つようになった。今まで自分に負けることがほとんどだった僕にとっては、目標達成のための取り組みは自分に自信を与えてくれるきっかけにもなったし、支えにもなった。目標や計画を紙に書くようになった。その効果は絶大でサッカー面では体幹がかなりついた。勉強面はクラス順位が12位上がった。自分もやればできるという自信と、もっと順位を上げたいという意欲になった。常に理性的に行動できるようになった。今回の経験は必ず自分の将来の多くの事に役立つと思う。

森匠

  1. ・‘自分の決めた事を毎日続ける’などとは今まで考えられなかったことだ。いつも自分に負け、自信を失っていたが、メントレを通じて、競い合ったり、達成率を報告し合ったりすることで、自然と目標達成に向けて努力する事が習慣になっていき、生活が充実してきた。達成する喜びを知ることができた。終盤になるにつれて効果もあらわれてきた。体重が5kg増えた。腕立ても楽にできるようになった。生活の中でポジティブな言葉が増えた。

山田智貴

  1. ・今まで上手くなるにはサッカーの上達だけでよいものと考えていたが、メントレのおかげで精神の成長が必要不可欠だと知った。10のレッスン全てが自分に足りない物だと感じた。特に三日坊主の自分に最も足りなかったものは継続の力だが、メントレを通して、継続することの達成感を知れるほどに成長した。トレーニング面の目標だけでなく、勉強面、生活面もあったので、生活全体にリズムができた。生活面では家事を手伝った。祖母から感謝された時はとても嬉しかった。朝の挨拶が習慣になった。勉強面は復習することで内容が分かるようになった。生物でクラス3位になった。サッカー面では胸筋がついてきた。アファーメーションでネガティブな自分が少しポジティブになれた。イメージトレーニングも楽しくできた。自制心がついた。「なぜ?したいのか」ということまで考えられるようになった。自分自身を少し認められるようになった。

宮地萠佳

  1. ・大きく変わったことは、自分の目標、そして目標から夢へつなげるためのステップを考え始めたことだ。今、何のためにこれをしているのかなどと深く考え、見直すことができた。人は夢や目標に対して頑張っている時が一番輝いていると感じた。パーフェクト達成できた時の達成感はとても大きかった。自分には夢がある。それは日本人として世界で活躍してる人のために働くことだ。そのためにこの高校の国際教養科に入学した。自分の周りには帰国子女も多く、いろんな人から、いろんな話を聞ける環境にいるので、これをチャンスだと思い、これからも頑張る。

▲ページの先頭にジャンプします

メンタルトレーニング修了式に参加された保護者の声

【 変化・成長した所 】

■ 精神面

  • 自分に自信をもてるようになった。
  • ポジティブになった。
  • 今まで失敗をしたり悪い事が起こったりすると、いつまでも引きずって落ち込む事が多かったが、最近では、失敗などもふまえて、いろいろと考えて行動して、前向きに捉えることができるようになった。
  • 心が安定した。
  • 落ち着いた態度を取ることができるようになった。
  • マイナス思考がなくなった。
  • やろうとする気持が前より見られる。
  • 心が穏やかになった。

■ 対人関係

  • 感情的に怒りをぶつけられても冷静に受け止められるようになり、大人になった。
  • 自分のことだけでなく、家族の事も考えるようになった。
  • 自分に置き換えて人を思いやる気持が増した。
  • メンタルトレーニングの様子を話してくれた。

■ 目標設定

  • 目標実現のために、自分で具体的な計画を作成し、実行し始めた。計画、実行、反省の繰り返しの中で手応えを感じ始めているようだ。その一方で課題も明確になってきているのか、自分の考え(対応方法や希望)を、聞く人にとって理解しやすいように話せるようになった。
  • 何らかの意志を持って行動していた。
  • 自分自身で目標を立て実行し継続する事が身についてきた。
  • 自分で決めた事は継続して努力していた。

■ 言葉

  • ポジティブなことを言うようになった。
  • 今までは反抗ばかりしていたが、優しい言葉をかけるようになった。
  • 挨拶できるようになった。
  • 「ありがとう」と言えるようになった。
  • 何をしても必ず感謝の言葉を口にするようになった。
  • 心のこもった言葉に変わった。
  • 迷いや辛いことがあったときに「最悪」「うざい」など口に出すことがなくなってきた。
  • 朝、挨拶して登校するようになった。
  • 少しポジティブな言葉が出るようになった。
  • ポジティブな考えを口にするようになった。「来年は決勝戦に出ている!!」と言ったときにはビックリしすぎて「そうだね!」と相づちを打ったが、お互い笑顔すぎて、また笑えた。

■ サッカー

  • サッカーへの意欲が上がり、楽しいようだ。
  • 体力トレーニングを毎日やるようになった。
  • 自分の目標を達成して、周りに感謝の気持もあるようで、嬉しく思う。
  • 自分の欠点(柔軟性)に目を向けて、それを克服しようとストレッチを毎晩続け、だいぶ柔らかくなった。
  • 体幹トレーニングなどきついとは思うが、トレーニングに向かう姿勢が感じられた。
  • 試合を見ていて、すごく変化があったと思う。メンタルの強さを感じるようになった。

■ 勉強

  • 限られた時間の中でテスト勉強をあきらめずにやって少し順位が上がった。
  • 学習時間が増えた。
  • 毎日机に向かうようになった。
  • 目標を持って取り組めているので成績が上がった。
  • 集中力が増した。
  • 受講前は全く勉強していなかったが、受講してから夜中に勉強するようになった。
  • 時間がない中でも通学の電車の中で単語帳を読んだりするなど頑張っていた。
  • 疲れていても、必ず勉強している。(学校の問題集が終わった後、自分で次にやる問題集や単語帳を購入してやっている。)
  • 決めた時間、勉強していた。
  • 目標を達成しようとしている姿が見られるようになった。

■ 生活

  • 整理ができるようになってきた。
  • 自分の立場が少しわかるようになった。
  • 玄関の履物を揃えるようになった。
  • 全員分の靴を揃えるようになった。
  • 泥まみれのユニフォームや靴下を自分で洗うようになった。
  • お弁当箱を洗ってくれるようになった。
  • 毎朝、自分で起きるようになった。
  • 自分で気付いて行動できるようになってきた。
  • 家事の手伝いをよくするようになった。
  • サッカーソックスを洗うようになった。
  • 自分が食べた食器を洗うようになった。
  • 言われなくても家事をやってくれたことがあった。

■ その他

  • サッカー、勉強、家庭でのバランスが良くなってきた。
  • 本人も今後活用すると話しており、今後の成長に期待したい。
  • 修了式の前日、本人より「これからが始まりだと思っている。より目標に向けて頑張りたい。」という言葉を聞いた。少しずつ成長していると感じた。
  • マインドコントロールされているのかと思うぐらいに始めの頃は必死に決めた事をやっていたが、途中から普通にいろいろやれるようになり、本当にびっくりしている。精神的に強くなったことが一番の印象だ。
  • 長い人生でこの時期にこのメンタルトレーニングを受けられたことは素晴らしいと思う。
【 修了式に参加して 】
  • 今後の人生においてとても重要な時期である高校時代にメンタルトレーニングを受講できたことは、本人にとって良い経験となると思う。メントレで学んだことにより、勉強、仲間、家族についてよりよい選択ができると思う。息子の力強い発表を聞いて頼もしく思った。

■ 雰囲気

  • 笑いが多かった。
  • 良い雰囲気だった。
  • マネージャーの進行が良かった。
  • 子どもたちの聞く姿勢がいいなと思った。

■ スピーチ

  • すごく前向きで素直な言葉に感動した。
  • あんなに自分の事を話せるなんてびっくりした。
  • 素直な意見が聞けて成長を感じた。
  • 一人一人が人前で堂々とスピーチする姿に感心した。
  • 他のお子さんたちのスピーチを聞く事ができたのも良かった。
  • たくましくなったなと感じた。
  • 勉強面における成長を発表する生徒が多く、驚かされた。
  • 皆の大きな成長を目の当たりにすることができて、非常に嬉しかった。
  • 感動した。
  • 微笑ましく聞かせてもらった。他の子のスピーチを聞いて、我が子の変化に気付かされた。
  • 堂々と話す姿を見ていろんな面で自信がついた気がする。
  • 青年の主張、心の声はとても素晴らしく、感動した。

■ チーム

  • チーム全体の意識が向上して良かった。
  • 良いチームメイトに恵まれた。
  • マネージャーも含めサッカー部みんなが同じ方向に向かって努力していると感じた。

■ 感 想

  • みんな素直で前向きですばらしいと思った。
  • メンタルトレーニングを受けて良かった。
  • 心構え、考え方はしっかり身についていると感じた。
  • 皆が純粋に一生懸命取り組んでいる姿に感動した。
  • 具体的なトレーニングの内容を聞く事ができて良かった。
  • 各自、目標設定をして努力していたのだとわかった。
  • 私(親)のためにもサッカーで活躍したいという気持が本当に嬉しかった。
  • 成長の幅はそれぞれだが、成果があり、みんな自己肯定感を高めているように思われた。
  • 夢はあきらめなければ必ず叶うと思った。
  • 向上心や、高い意識、継続していこうとする姿が見られた。

■ その他

  • 親のメンタルトレーニングも必要だと感じた。
  • (2年の保護者だが)1年生の時に受講する方がより効果的ではないかと思った。
  • 前向きに取り組む大切さは親が何を言ってもなかなか受け入れないので、このような機会を与えてもらい感謝している。
  • 部員全体で始めたことを最後まで続け、この日を参観できたことに感動した。
  • メントレを通して知らなかったことを知れたと思う。受講したことは確実にプラスになっていると思うので、どこまで諦めずにやりきるか、本人を信じて見守っていこうと思う。親として、子どもの可能性を信じると言うことを教えてもらい感謝している。
  • 自分なりにアレンジしてノートを作っている方もおり、すごいと思った。
  • 「親が大変そうなので気付いたことがあればやっていきたい」という子どもがスピーチを聞いて嬉しかった。自分の事だけでなく、周囲のことにも目を向けられるようになったことに成長を感じた。
  • 習慣を変えるということが根付いていると思った。今後のクラブ活動、学校生活、将来に大いに役立つ機会であったと思う。
  • 今の志望大学は無理だと思っていたが、しっかりとしたスピーチを聞いて、最後までやらせてみようと思った。挑戦して失敗するならまだしも、挑戦させずに後悔させることだけはしたくないと思った。私自身がメンタルトレーニングを受けたいくらいだ。
  • まずは自分(母親)が変わらなければと思う。

メンタルトレーニング受講者のアンケート

Q1:このトレーニングはあなたにとってどうでしたか?

A.大変良かった(35人) B.良かった(13人) C.普通(0人) D.あまり良くなかった(0人) E.良くなかった(0人)

Q2:トレーニングを通して、変化がありましたか?

A.はい(49人)  B.いいえ(0人)

Q3:変化したことがありましたか?
1:精神面・考え方
  1. a.プラス思考、前向き肯定的になった(46人)
  2. b.セルフ・イメージが良くなった (38人)
  3. c.継続の力がついた(44人)
  4. d.努力できるようになった(41人)
  5. e.目標設定できるようになった(43人)
  6. f.夢や目標がはっきりした (31人)
  7. g.感情をコントロールできるようになった(30人)
  8. h.前向きな言葉をつかうようになった(43人)
  9. i.良いイメージを描けるようになった(41人)
  10. j.自信がついた(35人)
  11. k.積極的になった(40人)
  12. l.感謝するようになった(42人)
  13. m.明るくなった(35人)
  14. n.笑顔が増えた(35人)
  15. o.向上心が増えた(41人)
  16. p.精神的に強くなった(38人)
  17. q.あきらめなくなった(40人)
  18. r.気持ちの切り替えが早くなった(38人)
  19. s.視野が広がった(31人)
  20. t.優しくなった(26人)
  21. u.集中力が増した(21人)
  22. v.自分が好きになった(20人)
  23. w.その他(常に理性的に行動できるようになった・夢や目標を紙に書くようになった・「勝ちたい!上手くなりたい!」という気持が強くなった・自分の良さ改善点を知れた・心配性がなくなってきた・忍耐強くなった・勇気が持てるようになった・何か良いことがあるたびに「オレ運いいわ」と言うようになった・物事をしっかりと考えて決断できるようになった・いろんなことを楽しめるようになった・何故そのことがしたいのかを考えられるようになった・自制心がついた)
2:トレーニング面
  1. a.継続して自主トレするようになった(42人)
  2. b.筋力、体力、技術力のアップ(41人)(ドリブル・20?10kgのベンチプレス2000回・ベンチプレス20kgUP・ベンチプレス(45kg,55kg,65kg)・腹筋・ボールのコントロール・体重5kgUP・パス成功率up・左足の扱い方・腕全体の力・ボディコンタクトで負けなくなった・腹筋連続100回・毎日走り体力up・足元の技術up・ボールタッチが良くなった・腹筋背筋をしたおかげで怪我と上手く付き合えている・ボールが収められるようになった・左足の精度up・キャッチの技術向上・体が大きくなった・上半身の筋力up・スタミナがついた・トラップ・胸筋がついてきた・両足のキック・体重が増えてAに上がった・体幹がかなりついた・腕立てが楽にできるようになった)
  3. c.競技や練習が好きになった(43人)
  4. d.練習時間が増えた(38人)
  5. e.練習内容が充実した(36人)
  6. f.チームの雰囲気が良くなった(43人)
  7. g.一体感がでてきた(39人)
  8. h.声が出るようになった(42人)
  9. i.イメージトレーニングができるようになった(37人)
  10. j.その他(笑顔でプレーすることが増えた・落ち着いて周りを見る事ができ良い判断ができるようになった・試合直前落ち着く事ができるようになった・苦手なことを克服できるようになった・試合中のミスの切り替えが早くなった・試合中周りが見えるようになった・試合で上手くいかなくても、次どうすれば上手くいくかを感じられるようになった・自主的に苦しいことにも挑戦できた)
3:勉強面
  1. a.勉強の習慣がついた(33人)
  2. b.勉強時間が増えた(38人)
  3. c.成績、順位が上がった(24人)(理系教科の順位全て一桁・クラス順位(20位, 12位,11位,10位,9位,8位,6位,5位)up・英単語・化学クラス1位・数学物理上位維持・古典数学クラス順位30位up・クラス順位一桁・数学クラス順位5位・テストの点が2倍になった・英語18点up・古典25点up・英語の偏差値73にup・地理8位・生物クラス順位3位・国語3位・数学30点以上up)
  4. d.授業態度が変わった(27人)
  5. e.スピーチできるようになった(36人)
  6. f.勉強がわかるようになった(28人)
  7. g.将来の目標が決まった(22人)
  8. h.本や新聞を読むようになった(17人)
  9. i.その他(小さなことからコツコツできるようになった
4:人間関系・親子関係
  1. a.人間関係が良くなった(34人)
  2. b.コミュニケーションがとれるようになった(37人) 
  3. c.親のありがたみや大変さがわかった(47人)
  4. d.感謝するようになった(47人)
  5. e.感謝されるようになった(20人)
  6. f.相手の気持ちを考えるようになった(39人)
  7. g.人の話をきちんと聞けるようになった(36人)
  8. h.接し方が変わった(26人)
  9. i.家庭での会話が増えた(29人)
  10. j.その他(思いやりの心・自分だけでなく相手の為に何ができるのかを考えるようになった・自分自身や周りの人を大切にするようになった)
5:生活面・習慣
  1. a.自立してきた(31人)(皿洗い・洗濯・自炊・弁当箱洗い・手伝いをたくさんするようになった・自分で考え行動できるようになった・気付いたことを積極的に行う・少し家事ができるようになった・親に頼らずに生活するようになった・料理・自分のことがよくわかるようになった・できることが増えた・身の回りの整理・靴を揃える事・言われなくても手伝うようになった・自分のことを自分でやるようになってきた・朝起き・洗濯前の汚れの手洗い・ゴミ捨て・冬休みの計画をたてた)
  2. b. 良い習慣がついてきた(27人)(勉強・目標達成のためにすること・勉強時間と寝る時間・自分でやれる事を自分でやるということ・授業練習・自主練習・勉強のサイクル・自分に勝つ習慣・早起き・靴を揃える事・弁当箱洗い・日記や目標を書く事・目標設定・(笑顔で)挨拶・ストレッチ・筋トレ・玄関掃除・ゴミ拾い・ユニフォーム洗い)
  3. c.手伝うようになった(28人)(皿洗い・洗濯・頼まれたこと・大量の洗濯物たたみ・風呂掃除・自炊・気付いたら行動できるようになった・家事全般・朝食の準備・弁当箱洗い・水筒のお茶入れ・おにぎり作り・一日一家事・家のいろんな場所の掃除・率先してやるようになった・玄関掃除・いやいやではなく使命感をもって手伝えるようになった)
  4. d. 生活リズムがよくなり充実してきた(29人)
  5. e.時間管理ができるようになった(34人)
  6. f.金銭管理ができるようになった(26人)
  7. g.健康管理できるようになった(33人)
  8. h.生活が楽しくなった(38人)
  9. i.その他(明確な目標設定をして達成のために毎日生活するようになった・やるべきことを優先できるようになった・物を大切に扱うようになった・テレビを見る時間が減った
Q4:このトレーニングシステムは今の日本の教育界に必要だと思いますか?

A.はい(43人) B.いいえ(3人)

▲ページの先頭にジャンプします

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket